意外!GitHubがエンジニア転職で書類選考不通過の原因になる3大理由

Github履歴書載せない方が良い

こんにちは!東証一部のIT企業で面接官をしているユウです。

突然ですがあなたは今、

こんな悩みがありませんか?
  • 企業から指定はないけど、応募書類にGitHub載せておいた方が通過しやすいかな?
  • GitHub記載がマストな会社での注意点は何?

と悩んでいませんか?

この記事では、5,000件超の書類選考をして分かった、GitHub掲載での書類選考通過率・面接官がチェックしている意外なポイントをご紹介。

そのためこの記事を最後まで読めば、これらの疑問がハッキリ解決。

ハッキリ解決
  • 2018年度上場企業で応募書類にGitHubが記載してある割合・通過率
  • GitHubで面接官が見ている意外なポイント
  • GitHub記載がマストな企業を受ける場合のソースコードの注意点

一通り読んで頂ければ「あなたがGitHubを掲載すべきか」「掲載する場合のソースコードの注意点」等を理解でき、転職成功に一歩近づきます。

現役面接官ならではの転職テクニックも踏まえて、わかりやすくお伝えしていきます。それではどうぞ!

応募書類にGitHubが記載してあるリアルな割合

応募書類にGitHubが記載してあるリアルな割合

私の勤めている会社は東証一部のIT企業ですが、GitHubの記載はマストにはしていません。

ですがここ数年、GitHubリポジトリを履歴書・職務経歴書に記載してくれる熱心な転職希望者をポツポツ見かけるようになりました。

「エンジニア転職ならGit書いてあれば意識高い系って事でもちろんプラス評価は当然でしょ?」と思われるかもしれません。

実は「プラス評価される事が少ないんです。」その理由と対策をこれから説明していきます。

面接官ユウ

ちなみに、エンジニア転職ではどのくらいの方がGitHubリポジトリを応募書類に記載していると思いますか?

テン子

う~ん・・2人に1人くらいですか?

面接官ユウ

意外かもしれないのですが、ソースコード記載がマストでない企業では7、8人に1人くらいの割合で非常に少ないです。

GitHubリポジトリの記載率

2018年の東証一部人気IT企業においては、12%程度の方が記載しているだけで、ほとんどの方が記載していません。現状記載がマストではない企業において、GitHubリポジトリが書いてなくてもデメリットにはなりません。

ベンチャー企業などGitHubの応募書類記載をマストにしている会社以外では、スキルに自信がある場合を除いて載せない方が無難です。

GITリポジトリ記載済み応募書類の通過割合

私が書類選考した、直近20件のGITリポジトリ記載済み応募書類の通過割合は以下です。

合否 人数 備考
◎:通過 2 GIT(ソースコード)内容が素晴らしく合格
○:通過 4 GIT及第点で加減無し。他職務経歴で合格
✖:NG 14 GIT(ソースコード)の内容が酷く、不合格

GITにあげたソースコードが理由で、不合格になる方が多い現状です

プラス評価になったケースは20件中2件のみ。

これからなぜ不採用になったのか「GitHub記載時の面接官の意外な3大チェックポイント」と、「GitHub記載がマストな場合の注意点」を採用担当目線からわかりやすく紹介していきます。

GitHubが書類選考不通過の原因になる3大理由

まず結論からお伝えしますが、GIT記載は記載必須になっている企業以外には載せないほうが書類選考の通過率上がります。

GIT記載マストな方は、以下の「書類選考不通過の原因になる3大理由」を読んで面接官が確認しているポイントをおさえて対策をしましょう。

GitHubが書類選考不通過の原因になる3大理由
  1. 書類選考内容が増える&厳しくなる
  2. 最近開発してないように誤解される
  3. コーディング力が低いと誤解される

書類選考内容が増える&厳しくなる

書類選考内容が増える&厳しくなる

IT系中途採用は現場の管理職が行っているので、書いてあるソースコードは読めます。

GitHubリポジトリが書いてあれば、採用担当はもちろんコードを確認。

ここであなたに気づいてもらいたい重要な点があります。

「ソースコードを採用担当に読まれる」ということは、「コードレビューの審査」が1つ増えてしまっています・・・これによって審査が一つ増え不採用になり易くなります。

面接官ユウ

職務経歴書には色々とよい感じの事書いてあったけど、あのコードじゃなぁ・・外注に指示していただけなのかな?」なんて会話が日常的に採用担当の間でされているので注意が必要です。

最近開発してないように誤解される

最近開発してないように誤解される

これが一番意外かもしれません・・ソースコードをGITにのせて見せてるのになぜ?と思われるかもしれません。

実は面接官が確認しているのは、「最終コミットの古さ」です。

最終コミット2,3年前のものが多く見られます。

もちろん直近のコミットで、洗練されているソースコードならプラス評価。

しかし履歴書に載せてきたのが古いコードだと「やる気ないのかな?最近は管理系ばかりで、コーディングしてなくて開発熱を失っているんじゃないかな」と勘ぐられて、マイナス評価に繋がりやすいです。

コーディング力が低いと誤解される

コーディング力が低いと誤解される

これは先述の古いコミット云々にも関連するのですが、古いコミットで新人の頃に作ったような「Hello World」のようなサンプルを上げている方が非常に多いです。

簡単なコードはマイナス評価

Javascript・PHPの簡単なソースコードを見て、プラス評価をすることは出来ません。

マイナス評価になることが多いので、それなりに書けているコード以外は履歴書に載せるとリスクが上がります。

GitHub記載がマストな場合の注意点

せると有利になる場合

これまでGitHubが書類選考の不通過になる3つの理由をお伝えしてきました。

しかしエンジニア転職では、「企業からの指定でGitHub記載がマストな方」や「書類通過率を上げるためにソースコードを公開したい方」もいると思います。

そこでGitHubを載せる場合の注意点をお伝えしていきます。

GitHubを載せる場合の注意点

GitHubを載せる場合の注意点
  • コミット歴は最近3か月
  • 1人月以上工数をかけて開発したソース

「載せないほうがよい理由」の反対ですね。

コミット履歴は新しく、簡単なコードでなくそれなりに工数をかけて開発した物であれば、マイナス評価にはなりません。

面接官ユウ

面接官は「コミット履歴」「コード量」「一部のソースコード」を確認します。

直近である程度の量があるコードで書き方がおかしくなければマイナス評価はされません。

書類通過率を上げるためにソースコードを公開したい方

書類通過率を上げるためにソースコードを公開したい方

上述の2点を守ればマイナス評価はされなくなります。しかしプラス評価をしてもらう場合はどうすればよいでしょうか?

スター数によって、大幅にプラス評価されています。ある程度スターがある、他の人に使われているライブラリであれば高評価しているので安心ください。

「いやいや、スターなんて全然つかないよ・・・」と思った方も大丈夫です。

スターは無くても、デザインパターンなど使用していて経験あるエンジニアが見ればわかるコードであれば評価されます。

ソースコード提出マスト企業でなくても、これらのポイントをクリアしている場合は記載すると良いアピールになりますよ。

GitHubが書類選考不通過の原因になる3大理由まとめ

いかがでしたか?「ヤバイ!!新人の時に作った簡単なコードをGitHubリポジトリを載せていたよ・・」と冷汗が流れたあなたは、GitHubリポジトリの記載を削除しておいたほうがベター。採用率が格段に上がります。

「直近でコミットしているし、スターも結構付いているよ」という方はプラス評価なので積極的に載せていきましょう。

有名なライブラリなどをGitHubで公開している方ですと、転職回数が多すぎる等のマイナス印象があったとしても「まず書類を通して面接で会ってみよう」と思われるほどプラス評価されます。

「GitHubが書類選考不通過の原因になる3大理由まとめ」として、「とりあえず載せておこう」くらいのソースコードは、載せない方が転職成功に近づけるので試してみてください。