意外!IT転職でGitHubを応募書類に載せない方が良い3つの理由

Github履歴書載せない方が良い

こんにちは!ユウです。大手上場企業でシステム部の管理職&中途採用を担当しています。

突然ですがあなたは今、

  • GitHubにソースコード載せておいた方が、採用されるんじゃないのかな?
  • GitHubで公開したほうが良いと、転職エージェントに勧められたけど本当なの?

と悩んでいませんか?

この記事では、私が採用担当として5,000件の書類審査をする中で、GitHubアカウントを記載してきた方の特徴・採用率などが分かってきたのでご紹介していきます。

一通り読んで頂ければ、あなたがGitHubを応募書類に記載すべきか判断でき、転職成功に一歩近づきます。現役面接官だから分かる裏事情も踏まえて、分かりやすくお伝えしていきます。それでは、どうぞ!

応募書類にGitHubが記載してあるリアルな割合

応募書類にGitHubが記載してある割合

私の勤めている会社は人気IT企業ですが、最近GitHubリポジトリを履歴書・職務経歴書などの応募書類に記載してくれる熱心な転職希望者をポツポツ見かけるようになりました。

「Git書いてあれば意識高い系って事でもちろんプラス評価は当然でしょ?」と思われるかもしれません。

意外かもしれないですが、「答えはNOなんです。」その理由と対策をこれから説明していきます。

ちなみに、IT転職ではどのくらいの方がGitHubリポジトリを応募書類に記載していると思いますか?

2人に1人くらいですか?

意外かもしれないのですが、7、8人に1人くらいの割合で非常に少ないです。

GitHubリポジトリの記載率

2018年の東証一部人気IT企業において12%程度の方が書いているだけで、殆どの方が記載していません。現状、GitHubリポジトリが書いてないのがデメリットになることはないと言い切れます。

ベンチャー企業などGitHubの応募書類記載をマストにしている会社以外では、相当技術がある場合を除いて載せない方が無難です。

では、これから「履歴書にGitHubリポジトリを載せない方が良い理由」と、「載せると有利になる場合とその際に気を付ける事」を採用担当目線から分かりやすくご紹介していきます。

GitHubリポジトリを載せない方が良い3つの理由

書類審査内容が増える&厳しくなる

書類審査内容が増える&厳しくなる

IT系中途採用は現場の管理職が行っているので、書いてあるソースコードは読めます。

GitHubリポジトリが書いてあれば、採用担当はもちろんコードの確認をします。

ここで気づいて頂きたい重要な点があります。「ソースコードを採用担当に読まれる」という事は、「コードレビューの審査」が1つ増えてしまっているのです。これによって審査が厳しくなります。

GitHub転職裏話

「職務経歴書には色々と良い感じの事書いてあったけど、あのコードじゃなぁ・・外注に指示していただけなのかな?」なんて会話が日常的に採用担当の間でされているので注意が必要です。

最近開発してないように誤解される

最近開発してないように誤解される

今まで多くの履歴書を見てきましたが、記載されたGitHubリポジトリを確認して、気になるのは「最終コミットの古さ」です。

最終コミット2,3年前のものが多く見られます。

直近のコミットで今どきの書き方で洗練されているソースコードなら、プラス評価になりますが、わざわざ履歴書に載せてきたのが古いコードだと「やる気ないのかな?最近は特に活動してなくて開発熱を失っているんじゃないかな」と勘ぐられて、マイナス評価に繋がりやすいです。

コーディング力が低いと誤解される

コーディング力が低いと誤解される

これは先述の古いコミット云々にも関連するのですが、古いコミットで新人の頃に作ったような「Hello World」のようなサンプルを上げている方が非常に多いです。

GitHubの評価

Javascript・PHPの簡単なページを見て、プラス評価をすることは出来ません。

逆にマイナス評価になることが多いので、それなりに書けているコード以外は履歴書に載せるとリスクが上がります。

GitHubを載せると有利になる場合とその際に気を付ける事

GitHubを載せると有利になる場合とその際に気を付ける事

これまでGitHubを載せないほうが良い3つの理由をお伝えしてきました。それでも載せたい方はそれなりに技術に自信がある方か、ベンチャー志望などでGitHub記載がマストな方だと思います。

そこで、これからGitHubを載せる場合の注意点をお伝えしていきます。

GitHubを載せる場合の注意点

GitHubを載せる場合の注意点
  • コミット歴は最近3か月
  • 1人月以上工数をかけて開発

今までの載せないほうが良い理由の反対ですね。コミット履歴は新しく、サンプルコードでなくそれなりに工数をかけてしっかり開発した物を載せるとアピールになります。

更に高評価を狙う場合

更に高評価を狙う場合

載せてプラス評価される基準としてある程度のスターは欲しい所です。30個以上あると「おっ」と思います。ある程度スターがある、それなりに使われているライブラリであれば高評価されますので安心下さい。

スターは殆ど無くても、デザインパターンなどから見る人が見れば、分かってもらえるはずと自信がある場合も記載して良いと思います。

注意してほしいのは、個人的に単なる趣味程度のコードを置いているだけであれば、採用担当はしっかりみますので、マイナス評価にしかならないので止めておいたほうが良いです。

採用率を上げるために

採用率を上げるために

ここで採用率を上げるために非常に大事な二つのことについてお伝えしていきます。

職務経歴書対策について

職務経歴書対策

5,000件以上の書類審査をしてきた経験からの意見ですが、転職エージェントの職務経歴書、履歴書チェックは当てにしないほうが良いです。

書類通過率

実は書類通過率が転職の各ステップで一番通過率が低く20%なんです。もし転職エージェントが要点をチェックしアドバイスできているのであれば、書類通過率はもっと高くてよいはずです。

転職エージェントから「GitHubリポジトリはしっかり見られているので、軽い物なら書かないほうが採用率が上がるよ」などの実践的なテクニックのアドバイスは無かったと思います。逆に「とりあえず載せておきましょう」という採用官の書類審査内容を理解していない転職エージェントが多いのが現状です。

「確かに書類通過率悪いな・・・」と不安になった方は、上場企業の現役面接官である私自身による「応募書類添削サービス」を実施しておりますのでお気軽にご利用してみて下さい。裏ワザ満載で、面接官に刺さるポイントについて的確にアドバイス・校正をしています。

転職エージェントについて

転職エージェントについて

転職エージェントは採用率に非常に関係があります。どこも書類添削では頼りにならないですが、それ以外の企業マッチングなどではエージェントによって雲泥の差がでます。

これから転職活動を初める方や、現状あまり転職活動が上手くいってない方でIT転職メインなのに、リクルートなどの総合転職エージェントを使われている方は、エージェントは要検討が必要です。

正直、IT転職では必ずIT専門転職エージェントを選んだ方が良いです!理由としては背景知識があり、各企業の好む人材など把握しており、優良企業とのマッチング率が高いからです。そしてそれが高い採用率に繋がります。

私が採用サイドとして幾つもの転職エージェントとやりとした中、以下のエージェントからの採用率は群を抜いて高かったので紹介しておきます。

業界 転職エージェント 公式サイト
IT専門 レバテックキャリア
IT専門 ギークリー
IT大手 ワークポート

マッチング力が高く、親切で採用率の高いエージェント一覧です。

リクルートエージェントなど超大手は、一人の担当に10人以上の転職希望者がつくため非常に多忙で、冷たい対応をすることが多いのでおすすめしません。

GitHubリポジトリを載せないほうが良い理由まとめ

いかがでしたか?「ヤバイ!!新人の時に作った簡単なサンプルのGitHubリポジトリを載せてしまった・・」というあなたは、書類からGitHubリポジトリを削除しておいたほうが良いですね。採用率が格段に上がりますよ。

「直近でコミットしているし、スターも結構付いているよ」という方は、プラス評価になります。有名なライブラリなどをGitHubで公開している方ですと、職務経歴上で転職回数が多すぎる等のマイナス印象があったとしても、「まず書類を通して面接で会ってみよう」と思われるほどプラス評価されます。

結論として、採用担当は意外と隅々まで書類確認している事を理解頂けたかと思います。「ないよりはマシ」くらいの物は、載せない方が転職成功・採用に一歩近づけます。参考にしてみて下さい。