なぜ応募書類不合格!? エージェントの書類添削はザル!?

なぜ応募書類不合格!? エージェントの書類添削はザル!?
面接官ユウ

こんにちは!東証一部上場企業で面接官をしているユウです。
(証明として、プロフィールに取引企業・エージェント画像をあげています。)

こんな悩みがありませんか?

  • 何社か応募したけど全然採用されない
  • そもそも書類審査で落ちて面接までいかない

転職では応募書類準備が一番大事な作業です。書類審査が一番合格率が低く、面接も応募書類を見ながらやるので、しっかりと準備すれば成果が出ます!

本当に大事なので繰り返しになりますが、書類作成が一番の合否を分けるキーポイントです。

「いやいや、俺エージェントに応募書類添削してもらったんだけど・・・」という方。「その添削を信じて大丈夫でしょうか!? 書類審査の通過率は高いですか?」

転職エージェントの実情がわかっているので断言できますが、彼らの添削はザルです! 書類添削は時間のかかる作業なので、ほとんどやらないか、頼まれたら軽く見る、いいかげんな添削をするエージェントが非常に多いのです。

また転職エージェントから、「どの企業にも同じ書類を送ってよい」とアドバイスをもらっていませんか? 「それは間違いです!」企業によって一部でも変えるだけで、圧倒的に採用率は変わります。

では、詳しく見ていきましょう。

応募書類の合格率はどれくらい?

応募書類の合格率はどれくらい

「はい。びっくりするぐらい低いです! 約20%です。」受かる人は複数合格して、落ちる人はほとんど落ちているのが実情です。

書類審査の合格率が低い理由は?

採用担当は「現役の部長」や「現役の課長」がやっているため、面接が多すぎると業務が回らず困ってしまいます。

なので、なるべく書類で絞り、面接回数を抑えようとしています。

ぶっちゃけ面接官

採用側からすると「なんでこんな書類を送ってくるのかな」と首をかしげたくなるような書類が送られてくることも。「転職エージェントがもう少しチェックしてあげたら、合格できたのに」と思うこともよくあります。

書類の書き方については別カテゴリ(履歴書対策、職務経歴書対策)に記事があるのでご確認ください。充実した内容になっているので、読むのが大変かもしれませんが、読んでいただくだけで採用率は大幅に上がります。

転職エージェントの応募書類添削について

転職エージェントの応募書類添削について
ぶっちゃけ面接官

正直にいうと、ほとんどのエージェントの書類添削はザルです。

書類添削は時間のかかる作業なので、「頼まれたら軽く見る」いいかげんな添削をするエージェントが意外と多いんですね。

しっかりチェックしていたら、もう少し応募書類の合格率は高いはずです。転職希望者からアピールできそうなポイントを引き出す作業からやると、数時間かかってしまうので、エージェントのチェックはザルになっているのが現状です。

私は現役の採用担当でエージェントさんと繋がりがあります。固有名称は控えますが ほとんどのエージェントは応募書類へのサポートは少ない状況です。

応募書類通過率がいい転職エージェントは?

応募書類通過率がいい転職エージェントは?

これから挙げる転職エージェントは、採用担当だからわかることですが「採用実績・書類通過率」も高くオススメできる転職エージェントです。業界特化型転職エージェントなので、大手転職エージェントと違い専門用語に詳しく応募書類のチェックはしっかりやっています。

業界(対象)公式サイト
IT・Web(経験者)レバテックキャリア
IT・Web(未経験者)ギークリー
製造業(主にエンジニア)メイテックネクスト
IT(無料スクール)プロエンジニア
ハイクラスビズリーチ
コンサルタントアクシスコンサルティング
コンサルタントJAC リクルートメント
大手総合パソナキャリア
第二新卒就職Shop
アパレル(経験者)クリーデンス

たとえばあなたがIT系転職を希望の場合は、応募書類の通過率が高いのは、転職エージェントが書類を多少チェックしているレバテックキャリアギークリーの2社。

IT転職に特化した「レバテック」か「ギークリー」であれば多少手厚いサポートを期待できます。ですが、基本的にこの書き方はNGというアドバイスしかできないので、応募書類はポイントを抑えて自身で書き上げていくのが成功への近道です。

書類審査の合格率の上げ方は?

書類審査の合格率の上げ方は?

ズバリ、以下2点です!

書類審査の合格率を上げるポイント

  1. 「転職先生」の書類対策カテゴリの記事を読んで書類作成
  2. 転職に特化したエージェントのサポートをもらう

書類対策カテゴリの記事すべて、上場企業の現役採用担当の私が直接書きあげています。裏ワザ、裏情報満載になっているので、参考にしてみてください。

どの企業にも同じ書類を送ってのよいのか?

どの企業にも同じ書類を送ってのよいのか?

職務経歴書対策」の記事からの抜粋ですが、最重要の一点だけお伝えします。

どの企業にも同じ応募書類を送るのはナンセンスです!

応募書類採用率UPの転職テクニック

応募書類は企業によって分けること!企業分析した結果から、自分が活躍できるイメージを希望動機に混ぜて書くと、熱心でやる気があると評価されて採用率は数倍に上がります!