こんにちは!ユウです。大手上場企業で中途採用を担当しています。

ここ10年近くで、5,000件程の応募書類の審査、1,500人程の面接、60社程の転職エージェントとのやり取り等の採用活動をしています。

このサイト「転職成功バイブル」では、転職成功に役立つ、採用サイドからのリアルな情報をお伝えしていきます!

あなたは今、

  • 「IT系転職に興味があるけど、どの転職エージェントを選べばよいのかな?」
  • 「他業種からIT業界へ行きたいのだけど、IT分野未経験でもIT専門のエージェント使えるのかな?」
  • 「レバテックキャリアって本当にIT企業に転職しやすいのかな。大手エージェントの方が良いんじゃない?」

と悩んでいませんか?

この記事では、私が採用担当として「レバテックキャリア」と接する中で、メリット・デメリット・使用すべき方・採用率など分かってきたのでご紹介していきます。

一通り読んで頂ければ、あなたが「レバテックキャリア」を使って転職活動すべきか判断でき、転職成功に一歩近づきます。公式ページよりも分かりやすくお伝えしていきます。それでは、どうぞ!

「レバテックキャリア」公式サイト:https://career.levtech.jp

IT転職について

まず、IT転職に興味があるあなたに朗報です。実はIT業界は人手不足が深刻で採用を積極的に行っている業界でもあります。下記の経済産業省のIT人材予測の図を見て下さい。

IT人材不足予測:経済産業省

引用:経済産業省 IT人材予測

ご覧のように現状でも人手不足で、こらからもIT業界は年々伸び続ける予測が出ています。そして、それに伴い求人も増えています。私の会社もここ数年、今まで以上に積極的に採用活動をしています。

しかし、IT転職は他業種と比べて履歴書・面接において多少のテクニックが必要です。履歴書にスキルセットなどを記入しておくと採用率が上がったり、面接で聞かれやすいポイントも決まっています。それらの対策をしっかりして、IT転職への成功率を格段にあげてくれるのが、IT専門の転職エージェント「レバテックキャリア」です。

ここだけの話、人事から送られてくる履歴書には、どの転職エージェント経由の転職希望者か記入されており、採用官も専門エージェントが推薦してくれた場合は安心感を持って確認しています。

大手エージェントですと、転職者の希望とマッチしていなくてもとりあえず応募させる傾向があるので、採用官のチェックは少し厳しくなります。

余談ではありますが、レバテックキャリアとはレバレジーズ株式会社の運営するサービスになります。

他にもレバテックフリーランス、レバテックエキスパートなどを運営しています。私達面接官はレバテックと省略して呼ぶことが多いです。

レバテックキャリアの特徴

レバテックキャリアの特徴
レバテックキャリアの特徴

  • 採用率が他エージェント経由より高い
  • エンジニア出身のキャリアアドバイザーが多くてスムーズなやりとり
  • 希望している企業とのマッチングが上手
  • IT系の非公開求人が多数
  • 年収アップの調整が得意
  • ホワイト企業を率先して紹介

レバテックキャリアは「IT・WEB・ソーシャルゲーム業界」専門の転職エージェントです。

主な特徴を挙げただけでも「おっ、なかなか良さそう」と感じたかもしれませんが、さっそくその理由を見ていきましょう。

キャリアアドバイザーが技術に明るくマッチングが上手

当たり前の話にはなりますが、エンジニア出身のキャリアアドバイザーは、企業側・転職者側双方のスキル・技術的背景を正確に理解できるのでマッチングが上手です。

意外かもしれませんが実際に大手エージェントでは、在籍しているキャリアアドバイザーのうちエンジニア出身の方は5%にも達しません。

会社名は言えないのですが、50人居て誰も技術的な話が出来ない転職エージェントもあり、こちらの要望する人材・スキルが伝わらずに困った経験もあります。こういうエージェントだと転職者も苦労するだろうと思います。

キャリアアドバイザーが技術に明るくないと、転職希望者のスキルセットを勘違いしたり、キャリアパス・やりたい事の正確な理解ができず勧めてくる企業とミスマッチを起こしてしまいます。特にIT系は他業種出身の方には分かり辛い分野なので注意が必要です。

大手総合転職エージェントの場合、経験や知識が乏しいコンサルタントが担当することもありますが、レバテックはキャリアアドバイザーがエンジニア出身の方が多いので、転職希望者のスキルセット、キャリアパス、やりたい事を正確に把握しマッチする企業をおすすめしてくれるので採用率が高いです。

職場・求められるスキルを熟知したキャリアアドバイザー

レバテックキャリアはリクルートの「GOOD AGENT AWARD 2017」を受賞しています。「どれだけ真剣に転職者や採用企業のことを考えて、転職エージェントとしての仕事をしたか」という審査基準を元にしていることから分かるように、キャリアアドバイザーの質が非常に高いです。

その一例として、レバテックキャリアのキャリアアドバイザーは、頻繁に企業訪問をしています。年間3,000回以上の訪問をして親交を深めているので面接官たちからも信頼は厚く、それにより多くの非公開の企業情報を転職希望者に伝えることが出来ています。

レバテックの社員は直接現場に赴いているので、求職者の希望に合った企業とマッチングしやすいのが特徴です。ホワイト企業・ブラック企業などの会社の実情もしっかり把握出来ています。

私もレバテックのキャリアアドバイザーとは何度もお会いしたことがあります。技術的なスキルに詳しくとても営業熱心な方が多いです。頻繁に人材を営業していますよ。

非公開求人を含む豊富な求人とホワイト企業の積極的な紹介

レバテックキャリアの非公開求人を含む豊富な求人とホワイト企業の積極的な紹介

レバテックキャリアは、「IT系の大手企業・優良企業・外資系企業」などの求人数が業界トップクラスです。もちろん今後成長が期待できるベンチャー企業の求人も多数取り揃えています。

利用者数は46,000人以上・登録求人数は4,000件以上を誇り、中でも「エンジニア」や「クリエイター」の求人が多く、業界出身者のアドバイザーが多く在籍しています。

また、定期的に企業に行って情報を収集しているため、「独占求人」や「ハイクラス求人」が多いのも特徴です。こうした求人はネットでは公開されていないため、レバテックに登録する必要があります。

また、レバテックでは積極的にホワイト企業の紹介をしています。もちろん希望する転職先候補がホワイト企業かブラック企業か確認することも可能です。そしてその精度は高いです。

「求人が多いって言っても、知らない会社ばかりじゃないの?」

「ホワイト企業って・・正しい情報を本当に教えてもらえるの?」

「私の会社は人気上場企業ですがレバテックキャリアへ求人だしています。他にも数多くの有名企業が求人をだしていますよ。」

「面接で『御社がホワイト企業と聞きまして・・』といったやりとりをしたことがあるので、正確に内情が伝わっていると思います。」

余談ですが、面接で「御社がホワイト企業と聞いたので・・」という志望理由は言わないほうが良いです。詳しくは面接対策のカテゴリを御確認下さい。

レバテックキャリア紹介企業

  • YAHOO
  • GungHo
  • BANDAI NAMUCO
  • CAPCOM
  • 楽天など

超優良大手IT企業の求人が多いです。もちろん希望があれば、ベンチャー企業など、これから成長が期待できるような会社も紹介して頂けますよ。

年収アップの調整が得意

年収アップのクチコミ多数

レバテックを使った方は、「年収が上がった」転職者が非常に多いのが特徴です。

採用側から見ても「レバテックキャリア」のキャリアアドバイザーは、丁度よい感じの年収交渉をしてくるのが上手という印象があります。

正直言って高すぎると書類で「コストと能力が合っていないのでNG」として落としていますが、ギリギリをついてくる印象です。実際に私が採用担当した方でレバテック経由の方の85%は年収アップで採用しています。

ただキャリアアドバイザーに乗せられて、年収アップさせすぎるのも注意が必要です。書類通過率に大きく影響します。ここらへんは別途、職務経歴書対策のカテゴリをお読み下さい。

レバテックキャリア特徴まとめ

ここまでレバテックキャリアの特徴をまとめますと、現役採用担当目線で一言で言うと「IT業界最強転職エージェント」です。レバテック経由で応募書類が来ると、スキルマッチした方を送ってくれることが多いので、面接官としても「おっ、良い人からの応募なんじゃないかな?」と関心を持って見ています。書類提出の段階から少し優位に働いています。

「レバテックキャリア」公式サイト:https://career.levtech.jp

レバテックキャリアの評判(By 現役面接官)

現役面接官によるレバテックのレビュー

まずレビューの説明をさせて下さい。このレビューは現役面接官である私が今まで見た5,000人以上の応募者の実績を元に記載しています。

どの項目も採用担当であるから分かる情報です。

  • 採用率:最も大事なデータですが他サイトでは出せません。エージェント同士を比較し、実際に採用に至った採用率を出せるのは企業側の人間だけです。
  • 営業力:企業へどれくらいの頻度で非公開求人を確認しに来ているか、こういう人材がいるから会ってみないかと売り込みをかけているかの営業力
  • 推薦文:応募書類の推薦文の質(酷いエージェントは推薦文に誤字・脱字があります)
  • 求人数:ネットで軽く調べて分かる通常の求人 + 非公開求人数
  • マッチング力:転職希望者の適性を捉えつつ、企業が欲しがっている人材をしっかりとマッチさせているか
  • サポート体制:一人のエージェントが多数を抱えすぎてないか、転職希望者のフォローがしっかりできているか

では、さっそく見ていきましょう。

レバテックチャート
  • 採用率:5 レバテックがここ数年では一番採用率が高いです。営業力・マッチング力が高い結果ですね。
  • 営業力:5 適した人材を紹介するのが上手です=採用されやすいです!
  • 推薦文:4 丁寧な推薦文で問題ありません。
  • 求人数:4 非常に多くのIT・システム系求人を抱えています。特に首都圏は強いです。
  • マッチング力:5 IT出身のエージェントが多いので適性を捉えつつ、企業が欲しがっている人材とマッチさせています。
  • サポート体制:5 専属でしっかりした担当が付いています。エージェント人数も多いです。

現役採用担当としてまとめると、レバテックは全てのエンジニアの方におすすめできます。IT系転職であれば、まず登録しておくべきエージェントと言えます。スキルセットが合っている会社への紹介が得意です。更に年収アップできるようにキャリアプランを転職希望者と真剣に考えています。

ここ数年で有名になってきたエージェントですが、本人の適正・希望のヒアリングも上手だと思います。エンジニア・クリエイター専門のエージェントである為、希望者に細やかなヒアリングなどが出来ている印象です。

また会社への営業がしっかりしています。「御社の希望しているスキルセットに合う人がいるので是非会ってくれないか?」「御社の次案件でこういう最適な技術を持った方がいるので是非会ってくれませんか?」などの適切な売り込みを企業にしっかりかけています。

彼らが転職希望者のキャリアプラン・スキルセットを理解してマッチした場合のみ推してくるので、採用サイドとしてもレバテックが推してくる人であればまず会ってみようと思います。

エンジニアとして開発経験が少しでもあれば、おすすめできる転職エージェントです。

「レバテックキャリア」公式サイト:https://career.levtech.jp

レバテックキャリアの評判・体験談(By 利用ユーザー)

利用者情報

【転職理由】

前職では簡単な作業の仕事しか与えられず、若いうちにもっと色々な経験を積みたいと思いました。経営も不振なようで、明らかに求人に書かれていた条件とは違ったので不信感を持っていたので転職活動をしました。

レバテックキャリアは電車の中吊り広告で見て、ネットで調べて怪しくは無さそうだったので登録しました。

前職 転職後 年収 併用エージェント
プログラマー プログラマー 330万円→420万円 DODA,ワークポート
転職歴 利用期間 紹介求人数 応募数 採用数 転職成功
1回 2ヵ月 5社 2社 1社 成功した
利用ユーザーの評判

【メリット】IT・wab業界に特化したエージェントさんなので、自分の希望する領域を理解してくれて話もスムーズでした。

【デメリット】食品系社内SEなどIT業界以外も少し興味があったのですが、IT系以外の求人はあまり多くないので他のエージェントを併用する必要がありました。

無料相談(面談)と担当者について

場所 所要時間 担当者性別 印象 サポート力 連絡の早さ 業界知識
東京都 1時間半 男性 若い男性 5/5点 4/5点 4/5点
【詳細】

何度か返答が遅いと感じることもありましたが、基本的には早かったです。専門エージェントということもあって私が希望する領域の知識はありました。

一般ユーザー評判の詳細記事は以下になります。

レバテックキャリアの評判・口コミ【転職体験談:28歳男性】

2017.11.13

レバテックキャリアの評判・口コミ【転職者体験談:23歳女性】

2017.11.02

レバテックキャリアのクチコミ

レバテックキャリアのクチコミ

レバテックキャリアのクチコミ

  • 「自分のスキルセット・やりたい事をしっかりヒアリングしてマッチした企業を紹介してくれました。とても感謝しています。」(29歳:男性:SE)
  • 「ベンチャー系の役職など思ってもいなかった求人を紹介してくれました。」(36歳:男性:管理職)
  • 「年収がアップした。」(28歳:男性:PG)
  • 「求人の質が良かった。」(29歳:男性:ゲームプログラマー)
  • 「キャリアアドバイザーのスキルが高いと感じた。」(33歳:男性:SIER)
  • 「企業と労働条件の交渉をしっかりしてくれた。」(28歳:女性:SE)
  • 「IT系以外の求人の取扱が少なかった。」(37歳:男性:管理職)

転職成功バイブルで集めたクチコミでは、「キャリアアドバイザーが専門的でマッチした企業を紹介してくれる」といった意見が多いです。

レバテックキャリアがおすすめな人

レバテックキャリアおすすめな人
  • 現在IT・wab企業に勤めていて、より良い環境を目指す方
  • IT・wab業界に興味がある方
  • 20代~40代後半の方
  • 年収アップを目指す方
  • 関東近郊、関西近郊にお住まいの方

レバテックキャリアは「IT・WEB・ソーシャルゲーム業界」専門の転職エージェントなので、IT系に転職する方にはおすすめです。

東京近郊や関西近郊・愛知・福岡の求人に特化しているので、それ以外の求人を見つけたい方は注意が必要です。

利用年代

レバテックキャリア利用年代

主に20代、30代、40代までの幅広い年代の方が利用しています。応募書類では男性だけではなく女性の応募者も結構見ますよ。

意外と30代、40代のベテランエンジニア向けの求人も多いようで、レバテックキャリア経由でベテランエンジニアの応募も多いです。

レバテックキャリアと併用すべきエージェント

同じくIT系に特化したギークリー経由でも多くの採用をしております。成長著しいIT専門転職エージェントです。レバテックとギークリーでは求人が殆ど被っていますが、どちらかしか出さない求人もありますので、どちらも登録しておいて雰囲気の合ったエージェントを選ぶのもおすすめです。関東・関西以外の方はギークリーが一択になると思います。

IT業界以外へ転職するか迷っている方は、様々な業種の案件が集まる大手エージェントにも登録しておくといいでしょう。
IT業界と決まっていればIT専門エージェントが絶対おすすめですが、そうでなければ大手に登録・相談して幅広い中から選択するのもアリだと思います。
大手総合転職エージェントでは、リクルートエージェント、パソナキャリア、DODAが有名ですが、採用側からの経験からお伝えすると、リクルートエージェントは担当の当たり外れが激しすぎると感じています。大手に登録するのであれば、安定して丁寧な担当が多いDODAをおすすめします

対象 エージェント名 公式URL
IT ギークリー https://www.geekly.co.jp/
大手総合 DODA https://doda.jp

レバテックキャリアのメリット

レバテックのメリット
  • IT・Web・ゲーム業界専門の転職エージェント
  • 年収アップが期待できる
  • 求人の質が高い
  • 年間3,000社以上の企業を訪問している
  • 平日夜、土曜日でも面談可能
  • 年収700万円以上の求人が多数
  • 応募書類添削・面接対策サービスあり

定期的な企業訪問を徹底しているため、「レバテックキャリア」の社員は社内の雰囲気を理解しているのが最大のメリットです。そのため求職者と企業のマッチング率や転職成功率が高いのが特徴です。

レバテックキャリアのデメリット

レバテックのデメリット
  • IT業界以外の求人が殆ど無い
  • 首都圏(東京・大阪・名古屋・福岡)の求人のみ取り扱っている
  • エンジニア未経験の方は登録出来ない

レバテックキャリアは「IT・Web・ゲーム業界」に特化した転職エージェントのため、IT系以外の求人は殆どありません。
またレバテックキャリアの求人は「東京近郊」や「大阪・兵庫・京都周辺」や「愛知・福岡」に特化しているので、それ以外の地域を希望されている方にはおすすめできません。

それ以外の地域の方には、同じくIT専門エージェントのギークリーが良いと思います。

最後に大事なポイントですが、レバテックキャリアにはエンジニア経験がないと登録できません。食品業界で社内SEをしていたなど、別業界でも何でも大丈夫なのですが、何かしらのエンジニア経験がある方のみ登録が可能となっています。

エンジニア経験が無い方は、転職エージェント+無料プログラミングスクールが一体になったProEngineerという転職エージェントがおすすめです。未経験者優遇の求人が非常に多いです。

レバテックキャリアはエンジニア経験者対象になっていますが、その代わり求人にハイグレードな案件が多いです。

ProEngineerについての詳細記事は以下になります。登録条件としては、関東在住で20代でエンジニア未経験・経験が浅い方となっていますが、条件があえば無料で教えてもらえて、求人紹介もしてもらえる非常に親切な人気急上昇中のエージェントです。

ProEngineer(プロエンジニア)の評判は?現役面接官のリアルな情報!

2017.10.23

登録方法

レバテックキャリアは最短30秒で登録することが可能です。エージェントによっては30分以上かかる所もあるので、楽だと思います。

「履歴書・職務経歴書」無しで登録できるのが大きいですね。まずは担当エージェントと話して、自分の強みを整理した後で職務経歴書を書いていくのも良いと思います。

登録手順

「レバテックキャリア」公式サイト:https://career.levtech.jp

Step1は転職時期と勤務地希望の選択です。決まっていればチェック、検討中・決まってなければスキップで次に!

step1

Step2は個人情報(名前・メールアドレス等)入力です。ここだけが必須項目のステップとなっています。

step2

Step3は職務経歴書などのアップロードです。こちらもスキップで大丈夫です。職務経歴書を記入するのはエージェントと話して今までの経歴を整理してからでも問題ありません。

step3

Step1から3で30秒で完了出来たと思います。殆どスキップで登録できますしね。

登録後の流れ

レバテックキャリア面談連絡

登録が完了したら電話かメールで連絡が来るので、面談の日程調整をします。基本的には二週間以内に調整をして一旦軽く相談してみる方が多いです。それ以上空いてしまうと熱意が冷めて、結局行動を起こせなくなってしまいまうので注意が必要です。

面談可能時間・所要時間

レバテックキャリアの面談可能時間・所要時間

平日夜・土曜日面談可

キャリアカウンセリング面談は平日夜も土曜日も対応してくれます。

(平日:10時~20時スタート最終、土曜日:10時~16時スタート最終)

所要時間は1時間ほどで、時間がなければ早めに切り上げることもできるし、じっくりと相談に乗ってもらうことも可能です。

面談場所

面談場所は東京と大阪の2ヵ所です。「面談に行く時間がとれない」、「遠方で行くことができない」という方は電話でも対応してもらえます。

東京本社 東京都渋谷区渋谷2-21-1  渋谷ヒカリエ 17階
大阪支社 大阪府大阪市北区堂島1-5-30  堂島プラザビル8階

「レバテックキャリア」公式サイト:https://career.levtech.jp