サービス残業が多いブラック企業から転職したい!退職する前にできる事は?

サービス残業が多いブラック企業から転職したい!退職する前にできる事は?
面接官ユウ

こんにちは!東証一部上場企業で面接官&エンジニアをしているユウです。
(証明として、上記に一部の取引企業・エージェント画像をあげています。)

こんな悩みがありませんか?

  • サービス残業が多く無償で長時間拘束されている
  • 残業が多いため転職を検討している
ぶっちゃけ面接官

サービス残業は「違法」とされていますが、残業代の支払いをしないブラック企業がいまだに存在しています。

会社に残るのも、会社を辞めるのも、それぞれ一長一短ありますが、できることなら思い切って辞める事をオススメ。

この記事では、サービス残業が問題で会社を辞めようと考えている方へ、会社に残った場合と辞めた場合のアドバイスを紹介していきます。それではどうぞ!

まずは年の近い先輩・同期など話が通じる人に相談

まずは年の近い先輩や同期など話が通じる人に相談

年の近い先輩や同僚であれば、あなたと同じく不満感はもっている場合が多いので、相談をしてみるのは現状できる手段の1つです。

仕事の割り振りを考えてくれたり、残業代を支給するなどの対策もしてくれるかもしれません。

逆に直属の上司に「サービス残業をやめたい」と直談判したところでムダでしょう。

ぶっちゃけ面接官

なぜなら、上司は長年その会社で「サービス残業に慣れ長年働いてきた側」だからです。そんな彼らからすると考えが麻痺しているので、

上司の言い分

  • 「俺が長年サービス残業してきたのに、残業を拒否するのか」
  • 「働く気がない人は出世コースから外す」

と不合理な逆ギレや説教されるリスクがあります。

まずは信頼できる人に相談することをオススメします。

サービス残業での長時間拘束が自分の部署だけなのか確認

サービス残業での長時間拘束が自分の部署だけなのか確認

サービス残業は自分の部署だけなのか、他の部署も同じであるかを確認しましょう。

ただ、残念ながらサービス残業はトップの判断により、会社ぐるみでやっていることがほとんど。

つまり、「会社として腐っている組織的なブラック」である事が多いです。

下記の図を見てください。

サービス残業

引用:日本労働組合総連合会「サービス残業に関する調査」

日本では、平均で「16時間程度」従業員にサービス残業をさせているといった調査結果が出ています。そしてサービスさせている企業は、「さまざまな部署において慢性的に例外なくサービス残業」というデータも。

テン子

人の時間を何時間も無償で拘束するのって許せないですよね。

もし自分の部署だけなら異動願を出す

もし自分の部署だけなら異動願を出す

可能性は少ないですが、もし自分の部署だけの問題だったら、「異動届」を出すのも一つの手段です。

ぶっちゃけ面接官

ただ、異動願いが出せるのは基本的に1年に1回ですし、異動願いを出したからと言っても必ず異動できるとは限りません。異動理由も見透かされ易いので、目をつけられる可能性は高まります。

会社に居づらくなって、辞めてからの転職活動などは高リスクのため、注意が必要です。

現状の職場を改善する

タイムカードを用意してもらう

タイムカードを用意してもらう

現状タイムカードのない会社で、会社に要求して用意してもらったとします。ただ、元々サービス残業を従業員にさせていた会社であれば、タイムカードを押した後で、戻って仕事しろと言われる可能性の方が高いです。

実際に私が20代の頃勤めていた会社もそうでした…。今思うと何故ずっと頑張ってしまったのだろうと後悔することがあります。

労働組合を作る、労働基準監督署に通報する

労働組合を作る、労働基準監督署に通報する

組合を作って残業代を要求したり、労働基準監督署に通報することも出来ます。これが一番まっとうな方法ですね。

ただ、組合を作ったり、労働基準監督署に通報したりするのはとても労力を使います。もし成功しても後から呼び出しなどを食らって、結局社内に居づらくなるケースもあるようです。

ブラック企業を改善する労力があるなら、転職の方が簡単

「残業代の支払いの有無」をまとめた下記の図をご覧ください。

残業代でない会社の割合

引用:弁護士法人アディーレ法律事務所

残業代は支払われていますか?割合(%)
まったく支払われない23.3
固定残業代で一部しか払われない19.0
すべて支払われている45.1

アンケート結果によると、「45%」の会社で残業代が支払われています。

ぶっちゃけ面接官

日本には従業員を大切にしている会社多いので、今のブラック企業にこだわる必要なんてまったくありませんよ。

サービス残業のない会社に転職しよう

日本には十分ちゃんとした企業があると分かって頂けたと思います。

あなたの大切な時間を使って、現状のブラック企業を改善していくのはもったいないですね。その時間を次の会社選びにあてるのが、一番意味のある時間の使い方ではないのでしょうか。

転職活動は転職エージェントの利用がオススメ

転職活動は転職エージェントの利用がオススメ

では最後に、転職活動を成功させるためのアドバイスを紹介します。

あなたは「転職活動ができるか不安」「仕事が決まるか心配」と悩んでいるので、そこをうまく解決させなければなりません。

それをうまくサポートしてくれるのが「転職エージェント」です。

転職エージェントを利用するメリット

  • 求人紹介
  • 書類対策・面接対策
  • 残業時間・労働条件の確認
  • 面接日の調整・年収交渉など

転職エージェントは、定期的に企業を訪問しているため、職場環境も仕事内容も把握しています。

自分で調べてもわからないリアルな情報をたくさん握っているので、「転職成功率」や「採用率」が非常に高いのが、転職エージェントの特徴です。

業界NO.1!リクルートエージェント

業界NO.1!リクルートエージェント

転職エージェントは、日本トップクラスの求人数を誇るリクルートエージェントの利用がオススメです。地方の求人も多数保有しており、全国各地に拠点があるため幅広い地域の転職支援に強いのが魅力。

幅広い業種の求人を取り扱っているため、あなたの希望に合う求人が見つかること間違いなしです。

「リクルートエージェント」公式URL
https://www.r-agent.com/

首都圏トップクラス!Type転職エージェント

首都圏トップクラス!Type転職エージェント

首都圏限定のType転職エージェントは、完全無料で転職のサポートをしてくれます。企業ごとの「書類対策」「面接対策」をしてくれるだけではなく、「面接日や入社日」の調整をしてくれるので、忙しいあなたにピッタリ。

また転職をした人の「71%」が年収が上がったという実績があり、女性向けの求人も多いので、男女問わずオススメできる転職エージェントです。

「Type転職エージェント」公式URL
https://type.career-agent.jp

既卒・フリーター専門エージェント「就職shop」

オススメ転職エージェント 就職shop

社会人歴がない方や、スキルに自信がないという方は、リクルートが運営する就職Shopの利用がオススメ。

就職Shopは、20代限定の「フリーター」や「ブランクがある人」専門のエージェントなので、スキルに自信がない人でも安心して利用することができます。

「企業選び」や「企業との連絡」など、手間のかかる面倒な部分に関してすべて代行してくれるので、効率的に就職活動をすることが可能。

スキルや学歴に自信がなくても、最短で成功を掴むことができるので、相談してみることをオススメします。

「就職Shop」公式URL
https://www.ss-shop.jp