「医療事務」から「一般事務」に転職を成功させる秘訣とは?

「出産後も働きたい」を叶えてくれる職場の特徴とは?

こんにちは!ユウです。大手上場企業で中途採用担当をしています。

突然ですがあなたは今、「病院で医療事務員として働いているけれど、仕事や人間関係に疲れて一般事務へ転職したい」と悩んでいませんか?

  • レセプト残業がつらい
  • 上司や同僚に恵まれず、女の職場特有のトラブルが絶えない
  • 先生や看護師からパワハラを受けている
  • 想像していたよりも給料が安い
  • 安定して働けると思ったが育児休暇がとりづらい

「医療事務」は病院で一番下の立場で、女の職場でもあるので、不満もたまりやすくトラブルが起きるのも珍しくありません。

医療事務の仕事も、一般事務の仕事も、それぞれ一長一短ありますが、「医療事務から転職したい」と悩んでいるのなら思い切って早めに転職活動する事をおすすめします。

そこで、この記事では「医療事務」から「一般事務」へ転職したいというあなたの為に、「今すぐに動くべき理由」と「就職を成功させる秘訣」をご紹介します。それではどうぞ!

異業種(一般事務)への転職は早いうちに

異業種(一般事務)への転職は早いうちに

なるべく早い段階で転職をすすめる理由は「年齢と採用率は比例するから」です。年齢を重ねてからの転職は採用率が低くなります。

長く働くと医療事務の知識やスキルは身につくが…

医療事務の場合、保険制度や点数計算の知識が必要不可欠なため「経験やスキル」が重要視されます。

そのため、医療事務のスキルが高いほど給料も高くなり、他の病院へ転職する際にも優遇されます。

もしあなたが、「このまま一生、医療事務員でいたい」「医療事務を学び続けたい」と思うなら、それも1つの選択肢です。

一般事務への転職のハードルが高くなる

一般事務への転職のハードルが高くなる

しかし、そのまま医療事務の仕事を続けていると、異業種への転職へのハードルが高くなります。

「医療事務」と「一般事務」は同じ「事務職」です。

なので、一般事務への転職を考えたときに「事務の経験があるから、一般事務への転職は優遇されるんじゃないの?」と思われるかもしれません。

しかし、医療事務の「点数計算」や「レセプトチェック」と、一般事務の「事務作業」は異なります。

一般事務には「エクセル」、「ワード」、「パワーポイント」などの事務スキルが求められるため、医療事務のスキルしかない人は「未経験の分野へ転職する」のと同じように扱われます。

未経験の仕事への転職は、若ければ若いほど転職しやすくなります。

20代・30代であれば、転職できる可能性大なのでぜひ挑戦してみてくださいね!

医療事務のスキルがあれば復職は容易

一般事務への転職はメリットがたくさん

「医療事務から一般事務へ転職してみたけれど、やっぱり医療事務に戻りたい…」と思ったら復職することは簡単です。

先ほども述べたとおり、医療事務は「経験」が重要視されます。

「レセプトチェック」や「点数計算」など病院で働いた経験があれば、採用が優遇されて復職できる可能性大です。

2年に1度「点数改正」がありますが、基礎知識があればすんなりと頭に入りますよ。

一般事務への転職はメリットがたくさん

一般事務への転職はメリットがたくさん

医療事務から一般事務へ転職すると、医療事務では得られなかったメリットを受けることができます。

仕事とプライベートを両立しやすい

仕事とプライベートを両立しやすい

病院にもよりますが、医療事務員は忙しい時期もあり、休めなかったり残業が続くことも珍しくありません。

例えば…

  • レセプト期間である月初めは休みがとれない
  • レセプトが終わるまで帰れない
  • 診察が終わるまで帰れない
  • シフト制のため他の人と休みをズラさなければならない
  • 土曜日も出勤しなければならない(時には日曜日や祝日も…)

など

病院という性質上、プライベートを我慢する場面も出てきますよね。

しかし、一般事務であればほとんどの企業が土日祝がお休みで、「年末年始・夏季休暇・GW」などはまとめて休みをとることができます。

「女の職場」から解放される

「女の職場」から解放される

最近では男性の医療事務員も増えていますが、まだまだ医療事務は「女だけの職場」であるところが多いです。

そのため、「人間関係が悪い職場」や、「嫌な女上司がいる職場」も多く存在しています。

しかし、一般企業は男性も多く在籍しているため、ネチネチした「女の職場」から解放される可能性が非常に高いです。

また、一般企業は男性の比率も高いので、病院に比べて「社内結婚」も多いです。

一般企業への転職で思わぬ出会いがあるかもしれないですよ!

若いうちの転職活動をすることがおすすめ

転職を決めたら「医療事務から一般事務に転職すること」を目標にしてはいけません。
「職場環境に恵まれて長く勤められる会社」を目標にしましょう。
そして長く勤められる優良企業は「29才以下」「35才以下」などの年齢制限を設けている場合が多いです。
できるだけ早いうちに転職活動を始めることをおすすめします!

一般事務への転職を成功させるには、転職エージェントを利用しよう

では最後に、医療事務から一般事務に転職を成功させるためのアドバイスを紹介します。

未経験の分野への転職は、転職エージェントを利用して活動していくことをおすすめします。

転職エージェントとは、担当アドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれるサービスの事です。おすすめはDODAです。

おすすめ転職エージェント DODA

DODA(デューダ)

現役面接官として最もおすすめできるのは「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみのDODAです。

このDODA、かなり魅力的なエージェントなんです。

DODAは無料で「あなたの希望に合った求人紹介」や、企業ごとの「応募書類対策」「面接対策」をしてくれます。DODAを利用すると採用率や転職成功率が上がりますよ。

このように、転職エージェントを利用することによって、転職活動のコストを削減でき、書類対策のアドバイスによって、内定率を向上できます。20代でスキルが無く経歴的にそこまで積んでいなくても、最短で成功を掴むことができるので、相談してみることをおすすめします。

採用サイドなので分かるのですがDODA経由の採用率は他エージェントと比べて高く、業界最大級の求人数で、担当アドバイザーが丁寧といった三拍子そろった転職エージェントになります。

DODAは豊富な求人数と、担当アドバイザーが企業に足繁く通ったリアルな情報をもとに、あなたにマッチした職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良企業ばかりですし、残業時間などの目安なども教えてくれるので、あなたにピッタリの職場を選ぶことができます。

転職を考えている方はぜひ登録してみて下さい。転職活動は孤独な戦いと思われがちですが、DODAはあなたの心強い味方になってくれます。「転職成功した!」と思える職場が見つかりますよ。

DODA公式サイト:https://doda.jp