DYM就職の特徴・評判・就職先は?内定直結型イベントってどうなの?

DYM就職に行ってみた体験談

こんにちは!東証一部上場企業で面接官をしているユウです。

突然ですがあなたは今、

  • 「DYM就職の評判は色々あるけどホントはどうなの?」
  • 「DYM就職に限らず、効率的に正社員転職する方法は無いかな?」

と悩んでいませんか?

この記事では、採用担当である私がDYM就職と実際にやりとりをして分かった、特徴・評判・就職先・メリット・デメリットを正直に紹介します。

そのためこの記事を最後まで読めば、これらの疑問がハッキリ解決!

ハッキリ解決
  • DYM就職は使えるか
  • DYM就職の利用に限らず、効率的に正社員転職する方法

現役面接官だからわかる転職テクニックも交えて、公式ページよりもわかりやすくお伝えしていきます。それではどうぞ!

フリーター・第二新卒向けの正社員求人について

「あなたは、最近のフリーター・第二新卒向けの正社員求人状況を知っていますか?」

実はフリーター、第二新卒向けの正社員求人は近年とても増えています。

ただしフリーターの期間が長くなるほど、正社員転職出来る割合が下がってしまいます。下の「独立行政法人労働政策研究所のグラフ」をご覧ください。

フリーターから正社員への転職状況

フリーター・ニート期間が長いほど転職率は下がっていきます。ただ安心してほしいのは、3年超えたフリーター期間があっても、50%の人は正社員へ転職が出来る点です。

そしてフリーター歴に関わらず、正社員への転職成功率を格段にあげてくれるのが、ニート・フリーター・第二新卒専用の転職エージェント「DYM就職」です。

たしかにDYM就職以外にも第二新卒に特化した転職エージェントはあります。しかし、DYM就職からの内定率は高い傾向があるのでその理由をこれから見ていきましょう。

面接官ユウ

私の会社もそうですが、大企業などはポテンシャル採用枠として毎年数名分の未経験枠が確保されているので社会人歴が浅い方にもチャンス有りです。

ただ、ここだけの話「未経験歓迎」と求人要項に記載していても、コミュニケーションスキル・ポテンシャルがある方を採用したい気持ちはあります。

フリーター歴が長い方は、直接応募しても書類選考で落ちてしまう事が多いと思います。

書類審査が通らない

解決策としては未経験の方に特化した転職エージェントを使うことです。そうすれば、書類選考スキップなどさまざまなメリットが。

書類審査をスキップできる

DYM就職経由の方は、「未経験専門の独占求人&書類選考スキップ」があり、模擬面接でコミュニケーションスキルを身につけてから応募できるため、採用率が近年急上昇しています。

「DYM就職」公式URL
https://dym.co.jp

DYM就職は内定直結型イベント定期開催

DYM就職のもう一つの大きなメリットは、内定直結型イベントに参加できる事。このイベント目的で登録している方は多いです!

内定直結型イベント
  • 大手上場企業参加の説明会
  • 説明会で人事担当者と直接話せて勤務の実態を確認できる
  • 説明会後に希望者は選考に進めて、毎回半数近くの参加者がその場で内定獲得

以下がDYM就職からの「内定直結型イベント」のお知らせメールです。

内定直結型イベント
「内定直結型イベント」メール要約

内定直結型イベントの参加企業紹介

  1. 大手ゼネコンと取引多数の東証一部企業
  2. 土日休み。ボーナス2回の医療系企業
  3. 未経験からエンジニアになれる東証一部企業

ご覧のように条件のよい上場企業が幾つもエントリーしていてます。

これらの中で気に入った企業の説明会を聞き、人事担当者に「残業はどれくらいか」等の勤務の実態を確認出来ます。

さらに希望者はそのまま選考にすすめ、半数がその場で内定をもらえます

面接官ユウ

私も色々なイベントに採用側として出てきましたが、ここまでスピーディーなイベントは見たことないです。

このイベント目的でDYM就職に登録している人も多いです

「内定直結型イベント」は月に1度は開催していて、DYM就職に登録すると定期的に知らせてくれます。

人気も高く定員になることもあるので、気になった方は公式HPで登録すると参加できるようになります。

「DYM就職」公式URL
https://dym.co.jp

上場企業の特別選考枠について

DYM就職登録すると内定直結型イベントとは別に、「上場企業の特別選考枠」についても連絡が来ます。こちらは不定期ですが月に1回程度の頻度にはなります。

以下が「上場企業の特別選考枠」お知らせメールです。

「特別選考枠イベント」メール要約

    特別選考枠3枠のお知らせ

  1. 土日休みで研修も充実した東証一部企業
  2. 未経験の採用に積極的で、定着率も85%以上

ご覧のように非常に働きやすい企業の特別選考枠の紹介をしてくれます。

面接官ユウ

定着率とは、入社後3年間でどれだけの人が辞めていないかがわかるホワイト企業をはかるのに便利な数字です。

一般企業の平均定着率が67.8%。ブラック企業だと20%程度になるので、定着率85%のこちらの求人がどれほど人が辞めておらず、働きやすい環境の求人かわかると思います。

DYM就職はこのような上場企業と昔からの太いパイプを持っていて、特別選考枠として書類選考無しで応募することができ、人気があります。

「DYM就職」公式URL
https://dym.co.jp

DYM就職の評判・口コミ

公式サイトの情報が正しいかどうかを判断するためには、体験者のリアルな口コミ・評判を見るのがおすすめです。

そこで本章では、DYM就職利用者の評判を当サイトのアンケート、Twitter、2ch等からいくつか紹介していきます。

当サイトで集めた評判・口コミ

DYM就職の評判
  • 24歳男性 満足度4★★★★☆
    熱心なアドバイザーがさまざまな求人を紹介してくれて、フリーターだったが上場企業に就職できた。
  • 23歳女性 満足度5★★★★★
    書類審査をスキップしてくれるのが最大のメリット。書類で落ちる心配なく、面接対策をメインにできたので内定を取れた。
  • 26歳男性 満足度5★★★★★
    前職を3ヶ月で退職したので厳しい転職活動になるかと思っていたが、はじめて行った内定直結型イベントで、その日に内定をもらえたのはビックリ。イベントでは書類選考もなく、雑談っぽい面接だけで採用もらえたのは嬉しかったです。今も務めてますが、残業も無く楽な会社です。
  • 31歳男性 満足度3★★★☆☆
    アドバイザーが積極的で自分の希望する求人と興味のない求人も提案してきたので、興味のない求人は断わる必要があった。無事希望の企業に内定をもらえたので問題はない。
  • 29歳男性 満足度3★★★☆☆
    面談日程調整に多少手間がかかったのがマイナス。アドバイザーからは7件の求人紹介。7件のうち2件は興味がないと伝えた営業系求人で微妙でした。面談は淡々としていて丁寧でした。むしろこちらから良い求人がないか確認しないと、連絡は全く来なかったです(内定直結型イベントなどの定期的なメールは別)。ただ他エージェントに無い独占求人があり、応募者も少なかったようで結果内定とれたのでOKです。

最後の29歳男性に関しては、実際にDYM就職に行った体験談を寄稿してくれたので、興味がある方は以下の記事をご確認ください。

【2018年】DYM就職を使ってみたリアル体験談! 登録する価値あるの?

2018.09.24

2chの評判・口コミ

2chの評判まとめ

「上場企業に就職できた・キャリアアドバイザーにしつこい人がいた」などの評判・苦情がありました。アドバイザーに熱心すぎる方がたまにいるようです。

短期集中で転職したい場合は心強いですが、のんびり転職活動したい場合もあると思います。

そういった場合は最初の連絡時に「マイペースでやりたいので、おっとりしたキャリアアドバイザーをつけてほしい。」と要求を伝えるとアドバイザーを選ぶことが出来ます。

Twitterでの評判・口コミ

良い評判

悪い評判

中立的な評判

良い評判、悪い評判、複数エージェントを併用したうちの1つといったクチコミなどがあります。

テン子

色々と見ても評判は二極化していますね・・・

面接官ユウ

そうですね。ちょっと補足説明が必要ですね。

これらの評判・口コミを見て、あなたは「DYM就職って大丈夫なの?」と思ったはずです。

そこで現役面接官である筆者がどう考えているか、これから詳しく説明します。

筆者はDYM就職をオススメできる?

筆者はDYM就職をオススメできる?

口コミを見る限り、正直にお伝えするとDYM就職の「アドバイザーの評判」ではよくない口コミもありました。

約束日時が守られなかった人などマイナスの情報も。

しかし、上場ホワイト企業の正社員に内定できた、内定直結型イベントで内定取れたと話す人など「求人・エージェント自体の評判」はよいものも多いです。求人の質に間違いは無いです。

このことから筆者が言えるのは、「DYM就職1社に絞って転職活動する必要はない」ということです。

転職エージェントは複数使う

上述のTwitterのクチコミに「私は既卒と第2新卒に強いハタラクティブ、ジェイック、DYM転職、就職shopに行きましたよ!」とありましたが、複数エージェントで求人比較し、その中から自分に合った所をメインに使う。これが一般的な正社員転職の方法です。

面接官ユウ

仮に私が現在20代フリーターで転職するなら、DYM就職第二新卒エージェントneo就職Shopの3社の専門エージェントに 登録しつつ、大手はパソナキャリアに登録。

その中で求人比較・アドバイザーの相性を見て、一番自分にあった所をメインにして、他は独占求人が無いか確認するサブ的な使い方。

DYM就職は内定直結型イベントを主に利用します。

DYM就職と併用したい専門転職エージェントは?

圧倒的な求人数を誇る「第二新卒エージェントneo」、多くの独占求人を持ち、就職後の定着率を大事に転職活動をすすめる超大手リクルートグループ傘下の「就職Shop」は内定率も高く、併用する人が多いです。

面接官ユウ

だいたい皆さん、第二新卒用の転職エージェントを2社と大手1社の合計3社程度に登録して、その中から自分に合ったアドバイザーをメインにして求人を比較しながら転職活動をされています。

第二新卒・フリーター・社会人歴のない方が登録でき、面接官がオススメできる採用率の高い転職エージェントを以下にまとめておきました。

第二新卒専門の転職エージェントなので、上限年齢は20代までが多いですが、DYM就職やハタラクティブなど30代も可能なエージェントもあります。

対象 エージェント名
公式URL
上限年齢
第二新卒 DYM就職
https://dym.co.jp
30代
第二新卒 第二新卒エージェントneo
https://www.daini-agent.jp
20代
第二新卒 就職Shop
https://www.ss-shop.jp
20代
第二新卒 ウズキャリ第二新卒
https://kisotsu.daini2.co.jp
20代
第二新卒 ジェイック
https://www.jaic-college.jp
20代
第二新卒 ハタラクティブ
https://hataractive.jp
30代
第二新卒 キャリアスタート
http://careerstart.co.jp
30代
大手総合 パソナキャリア
https://www.pasonacareer.jp
不問

併用したい大手エージェント

大手エージェントであれば、パソナキャリアは年齢・経歴不問で登録できるエージェントの中で一番親身になってくれるのでオススメできます。

テン子

「他の大手転職エージェントもちょっと興味があるのだけど・・」

面接官ユウ

「有名どころだとリクルートエージェントなどがありますが、超大手は社会人歴の少ない方に冷たいので注意が必要です。登録できないこともあります・・。大手総合エージェントではパソナキャリアが一番親身になってくれますよ。」

IT系に興味がある方にオススメのエージェント

もし、あなたが手に職のあるIT系、エンジニアに興味があれば、初心者から本格的なエンジニアになれる無料プログラミングスクールが併設されている転職エージェント、ProEngineerが最適です。

ProEngineerについて

ProEngineer(プロエンジニア)は、本格的な420時間分の講習から就職支援まですべて無料の転職エージェント兼プログラミングスクールです。

プログラミングスクールで「実践で通用するレベルまで成長してから」転職活動するので、非常に採用率が高く、IT系大手企業や優良企業に入社する方が多いのが特徴です。途中で通学をやめても料金が発生することがないので安心してください。

ただ、プロエンジニアは通学が必要なので「関東近郊の30歳未満のみ登録可能」という若干厳しい条件があります。条件に当てはまりIT系を目指す方にはオススメできます。

ProEngineerについての詳細記事は以下に書いてありますので、ご興味ある方は御確認ください。

ProEngineer(プロエンジニア)の特徴・評判・口コミは?面接官のホンネ

2017.10.23

では、続いてDYM就職の特徴についてご紹介します。

DYM就職の特徴

DYM就職(ミーツエージェント)の特徴
DYM就職の特徴
  • フリーター・第二新卒専門の就職・転職エージェント
  • 書類選考・一次選考なし
  • 2,000社以上の大手企業求人
  • キャリアアドバイザーの丁寧なサポート
  • 内定直結型イベント定期開催

「DYM就職」は業種を問わず「第二新卒・既卒・フリーター・社会人経験がない方」の就職サポートに特化した転職エージェント。就職経験がまったく無い方でも安心して登録できるエージェントです。

最大の特徴は、DYM就職経由の方は、書類選考がスキップされる事。

書類審査をスキップできる

ただし、全ての求人が書類選考スキップされるわけではありません。以下の「DYM就職に実際に行ってみた」体験談の記事で、キャリアアドバイザーに質問したところ、全てではなくて7割程度が書類スキップで、書類選考がある企業もあるとのことなのでご注意下さい。

【2018年】DYM就職を使ってみたリアル体験談! 登録する価値あるの?

2018.09.24

DYM就職の転職サポートに関しては「求人紹介」だけではなく、「面接対策」「服装指導」など無料でサポートをしてくれます。

ちなみに「DYM就職」と「ミーツエージェント」は同じ会社です。2017年度に「DYM就職」という転職エージェント名に変更しています。

面接官ユウ

DYM就職が保有している2,000社以上の大手企業求人の『100%が正社員の求人』です。

第二新卒の方の事情をよく理解しているキャリアアドバイザーが、面談で求職者を丁寧にカウンセリングし、「求職者の希望やスキル」と「企業が求めている人材」をマッチングさせてくれます。そのため採用率や転職成功率が高いのが特徴です。

圧倒的な『就職支援実績』

DYM就職(ミーツエージェント)の圧倒的な就職支援実績

「フリーター・社会人経験がない方・仕事を1年以内に退職した方」はなかなか採用されにくいのが実情ですが、DYM就職を利用した方の『96.2%が正社員』になっています。

テン子

「就職率・採用率が高いって言っても、知らない会社ばかりじゃないの?」

面接官ユウ

ここだけの話、大手優良企業こそ中高年が多くなってしまっていて、若手が少ない現状があります。それを補うため、ポテンシャル採用枠という20代で経歴が浅い方用の枠を設けている企業が多いからです。

「ポテンシャル採用枠は何人まで」と企業によって決まっているので、注意が必要です。優良求人は早いものがちです。

私が面接していても、いち早く応募してくれた熱意も評価していますし、企業としても人が欲しくて採用をかけているので、大体応募順の1人目、2人目ですぐに決まっています。

ポテンシャル枠に応募できる
優良求人を掴む転職テクニック

転職エージェントに早めに登録しておいて「新着の良い求人が来たらすぐ連絡して」と依頼をかけるのは良い方法です。登録だけはしておかないと、こういったチャンスも逃してしまいます。

「DYM就職」公式URL
https://dym.co.jp

幅広い業種・職種の求人

DYM就職(ミーツエージェント)紹介企業一覧
DYM就職の求人
  • ジョルダン
  • サイバーエージェント
  • セブン&アイ・ホールディングス
  • SBSホールディングス

2,000社以上の大手企業や優良企業の求人を多数保有しています。

また、DYM就職は幅広い「業種・職種」に対応。以下の紹介企業の業界分布図をご覧下さい。

DYM就職(ミーツエージェント)は幅広い業種・職種に対応

「やりたい仕事がわからない」、「スキルがなくて自信がない」という方でも、「専任のキャリアアドバイザー」がしっかりとヒアリングをして、これらのさまざまな業種・企業の中から求職者の希望に合う求人を紹介してくれる強みがあります。

では、次になぜDYM就職の内定率が高いか3大特徴を見ていきましょう。

【特徴①】書類選考・一次選考なし!

DYM就職(ミーツエージェント)は書類選考なし

DYM就職経由の転職では、書類選考や一次選考をスキップして、二次面接以降をセッティングしてくれる特徴があります。

面接官ユウ

「これって実は凄いことなんですよ!」私も毎日のように書類審査をしていますが、書類審査の通過率は20%程度です。それを飛ばしてイキナリ面接にいけるので、DYM就職経由だと採用率が非常に高いんですね。

大抵の方は書類審査で落ち続けて、転職・就職活動が嫌になってやめてしまうので、ここがスキップできるのは凄いメリットです。

なぜ、書類審査を飛ばせるのかは理由が。DYM就職では、キャリアアドバイザーがしっかり応募者のヒアリングをしてミスマッチを防ぎます。今までの採用実績によって書類審査がスキップになっています。

書類審査が無いので、最短では1週間で入社できるスピーディな対応も可能なエージェントです。

「DYM就職」公式URL
https://dym.co.jp

【特徴②】フリーター・第二新卒の就職に強い

フリーター・第二新卒の就職に強い

大手転職エージェントと異なり、フリーター・第二新卒向けの求人に特化して企業と契約しています。

「未経験者歓迎の求人」「研修制度が充実している求人」「新規立ち上げプロジェクトの求人」など特化した求人が多いため、正社員歴が無い方でも就職・転職が出来ます。

とくに内定直結型イベントの定期開催は正社員転職には心強いです。

テン子

以前すぐ辞めたようなブラック企業を紹介されたりするんじゃ・・・

面接官ユウ

いえ、DYM就職に来られる方は、以前ブラック企業を経験してツライ思いをしている方も多く、キャリアアドバイザーも理解しているので、

サービス残業など無い優良企業の紹介しかしていません。

エージェント側で、紹介する企業のチェックもしっかり行っているので安心してください。

心配であれば、キャリアアドバイザーに「定時退社できるホワイト企業を紹介して」とリクエストしておきましょう。喜んでピックアップしてくれますよ。

【特徴③】エージェントとの二人三脚

エージェントとの二人三脚

丁寧なキャリアアドバイザーが二人三脚で丁寧に対応してくれます。大手は1人のキャリアアドバイザーが10人以上の転職希望者を受け持つのはザラですが、DYM就職では数人のみに限定して丁寧な対応を心がけています。

キャリアアドバイザーによる「面接練習」、「服装指導」が受けられるのも、高い就職率を維持している理由の1つです。

面接官ユウ

社会人歴の浅い方は「常識があるか」といった箇所を見てますので、面接練習・服装指導は効果的です。

ここまでの情報は公式サイトでも確認できるため、あなたは「その情報が本当なのかどうか」が知りたいですよね。

そこで、実際にDYM就職を利用した人がどう感じたのか、利用者の評判・口コミを次章で紹介していきます。

DYM就職の利用ががオススメな方は?

DYM就職の利用がオススメな方
  • 10代、20代、30代の方
  • フリーター・社会人経験がない方・第二新卒など前職を短期間で退職した方
  • 東京・大阪・福岡・札幌・名古屋近辺にお住まいの方
  • 正社員を目指す方
  • 学歴や経歴に不安がある方

DYM就職は「第二新卒・フリーター・社会人経験がない方」向けの転職エージェントなので、正社員を目指す10代~30代の方にオススメです。

面談場所は「東京・大阪・福岡・札幌・名古屋」にあります。

DYM就職利用年代は?

主に10代~30代までの方が利用しています。男性も女性も利用者数は同じくらいです。

DYM基本情報

DYM就職の特徴
  • 第二新卒・既卒専門転職エージェント
  • 職歴の浅い方におすすめ
  • 未経験から正社員へ高い内定率
  • フリーター・ニートなど社会人歴が少ない方でも登録可能
DYM就職の評判 ⊕
内定率 4
求人数 3
マッチング 4
サポート 4
エリア 4
    
DYM就職詳細情報 ⊕
公式URL https://dym.co.jp
運営会社 株式会社DYM
設立年数 2003年
業界 既卒・第二新卒専門転職エージェント
利用条件 既卒・第二新卒・社会人経験少ない方
利用年代 20代 30代
利用性別 非公開
エリア 東京・大阪・名古屋・福岡・札幌
求人数 公開求人数:ー
非公開求人数:ー
書類対策
面接対策
セミナー
その他 転職実績:5,000人
就職率:96%

現役面接官のコメント

「書類選考なし」で転職活動できるので、DYM就職からの内定率は高い傾向があります。

フリーターの方など、社会人経験が少ない方向けのポテンシャル枠として、2,000社以上の大手企業求人を持っている、社会人歴の少ない方には心強いエージェントです。

DYM就職の体験談

利用者情報

【転職理由】

大学卒業後に入った会社では、長時間のサービス残業を強いられていました。先輩たちもすぐ離職する職場で、私も半年で辞めてしまいしばらくフリーター。このままでは駄目だと思いウェブで検索したら、DYM就職が出てきたので相談しに行きました。

前職事務
転職後事務
年収300万円→380万円
併用エージェントDODA
転職歴1回
利用期間1ヵ月
紹介求人数3社
応募数2社
採用数2社
転職成否成功した
DYM就職利用ユーザーの評判

【メリット】すぐに辞めてしまった事情なども理解頂き、ポジティブな言い回しを面接で言えるようにアドバイスしてくれた。また私にマッチする社風で、残業がない企業を紹介頂けました。

【デメリット】大手のDODAにも登録していましたが、大手と比べると求人数は少なかったです。ただ結局受かったのはDYM就職の未経験歓迎求人なので、厳選した求人だったとは思います。

無料相談(面談)と担当者について

場所東京都
所要時間1.5時間
担当者性別女性
印象優しい
サポート力5/5点
連絡の早さ5/5点
業界知識4/5点
DYM就職キャリアアドバイザーの感想

優しい女性のキャリアアドバイザーで、私のやりたいことを色々とヒアリングしてくれました。

色々な業界を説明しつつも、おっとりとした私の性格に合っていそうな会社を幾つか選んで頂き、書類審査はスキップして面接から進めるように手配してくれたのは本当に助かりました。

「DYM就職」公式URL
https://dym.co.jp

DYM就職のメリット

DYM就職(ミーツエージェント)のメリット
DYM就職のメリット
  • 書類選考・一次選考なし
  • 2,000社以上の大手企業求人
  • キャリアアドバイザーの丁寧なサポート
  • 正社員のみの求人を保有
  • 面接対策をしてくれる
  • 就職率96%
  • 幅広い業種の求人を保有

書類選考スキップなど他社にはない強力なメリットがあるので、「就職経験が無い人・ブランクがある人」に最適です。

DYM就職のデメリット

DYM就職(ミーツエージェント)のデメリット
DYM就職のデメリット
  • 未経験歓迎の求人が多いので業種が限定される
  • 大手エージェントよりは求人が少ない

登録方法

DYM就職は1分程度で簡単に登録することが可能です。エージェントによっては30分以上かかる所もあるので、楽だと思います。

「履歴書・職務経歴書」無しでも登録できるのは良いですね。まずは担当エージェントと話して、自分の強みを整理した後で職務経歴書を書いていくのも良いと思います。

Web登録手順

DYM就職の登録は「名前・メールアドレス・電話番号・生年月日・最終学歴・現況・面談場所」を入力するだけです。

DYM就職(ミーツエージェント)の登録手順
「DYM就職」公式URL
https://dym.co.jp

登録後の流れ

DYM就職(ミーツエージェント)登録後の流れ

登録が完了したら電話かメールで連絡が来るので、面談の日程調整をします。基本的には二週間以内に調整をして一旦軽く相談してみる方が多いです。それ以上空いてしまうと熱意が冷めて、結局行動を起こせなくなってしまいまうので注意が必要です。

転職を悩んでいたとしても相談してみるだけで、今の悩みが整理できて毎日の生活に目標が出来たり、ハツラツとしますよ。

面談では「希望する仕事内容」「希望職種」「社風」などを気軽に話します。なんでも悩みを相談してみることをオススメします。一般的な人気優良企業と、想像外の優良企業・興味のわく仕事を紹介してくれます。

興味のない分野の求人を提示された人もいるので、そのようなケースではきっちり断りをいれると良いです。

またDYM就職は、「面接対策」もしてくれるので、こちらも気軽に利用するのがベターですね。

面接官ユウ

優良求人を掴むテクニックとして、転職エージェントに早めに登録しておいて「新着の良い求人が来たらすぐ連絡して」と依頼をかけるのは良い方法です。登録だけはしておかないと、こういったチャンスも逃してしまいます。

「DYM就職」公式URL
https://dym.co.jp

DYM就職の面談場所(アクセス)・営業時間

営業日 毎日(月曜~日曜)
営業時間 10時~20時

面談は毎日開催されています。私服で行って大丈夫なので気軽に行けます。

DYM就職の面談で提示される求人は、ネットでは非公開なので興味の出てきた方は1度カウンセリングに行ってみると良いと思います。

東京本社 東京都品川区西五反田2-28-5
第2オークラビル3F(TUTAYAの入っているビルです)
面談場所は近くの違うビルで実施される事もあるので注意が必要です
札幌 北海道札幌市北区北7条西4丁目1?2
KDX札幌ビル1階
名古屋 愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番1号
JPタワー名古屋12階
大阪 大阪府大阪市北区大深町4-20
グランフロント大阪タワーA 16F
福岡 福岡県福岡市中央区天神2-14-13
天神三井ビル6階
「DYM就職」公式URL
https://dym.co.jp