こんにちは!ユウです。大手上場企業で中途採用を担当しています。

ここ10年近くで、5,000件程の応募書類の審査、1,500人程の面接、60社程の転職エージェントとのやり取り等の採用活動をしています。

このサイト「転職成功バイブル」では、転職成功に役立つ、採用サイドからのリアルな情報をお伝えしていきます!

あなたは今、

  • 「手に職があって高年収のシステムエンジニア・プログラマーに興味あるけど、未経験の今からなれるのかな?」
  • 「ProEngineerっていうプログラミングスクールを知ったけど、本当に無料で未経験からでもIT企業に転職が出来るのかな?」

と悩んでいませんか?

この記事では、私が採用担当として「ProEngineer」と接する中で、メリット・デメリット・使用すべき方・採用率など分かってきたのでご紹介していきます。

一通り読んで頂ければ、あなたが「ProEngineer」を使って転職活動すべきか判断でき、転職成功に一歩近づきます。現役面接官だから分かる裏事情も踏まえて、公式ページよりも分かりやすくお伝えしていきます。それでは、どうぞ!

「ProEngineer」公式サイト:http://proengineer.internous.co.jp

IT転職について

まず、IT転職に興味があるあなたに良いニュースです。実はIT業界は人手不足が深刻で採用を積極的に行っている業界でもあります。下記の経済産業省のIT人材予測の図を見て下さい。

IT人材不足予測:経済産業省

引用:経済産業省 IT人材予測

ご覧のように現状でも人手不足で、こらからもIT業界は年々伸び続ける予測が出ています。それに伴い求人も増えており、未経験からの採用も積極的に行っています。

もちろん採用サイドからすると、未経験でも多少知識がある人を採用したい気持ちはあります。プログラミングスクール&転職エージェントであるProEngineer経由の方は、未経験でも即戦力に近いスキルを身につけてから応募してくれるため、採用率が近年急上昇しています。

採用側としてもここだけの話、「未経験歓迎」と求人要項に記載していても、少しでも経験があったり、勉強しようと意欲がある方を採用したい気持ちがあります。

人事からプロエンジニア経由の応募書類が送られてくると、「意欲のある人なんだな」と好印象からはじまります。

実はIT業界には未経験からの転職が多い

私の会社でもポテンシャル採用枠があり、未経験の方も入ってきています。みなさん3ヶ月~半年程度で仕事に慣れて、1年も経てば立派なエンジニアになっていますよ。

IT業界は高年収!?

IT業界は今後も成長が期待できるため、安定した業種です。また更に、他業種よりも年収が高いメリットがあります。下のリクルートの2018年度業界別平均年収の図を見て下さい。

リクルート 業界別平均年収

引用:リクルート 業界別平均年収

IT業界の平均年収だけが450万円を超えるなど、他業種と比べて非常に高いのが分かると思います。さらにIT系は堅苦しい企業は皆無なので楽しい業界です。学歴も採用基準には関係ない等、メリットが沢山のIT業界です。

それではさっそくProEngineerの特徴を見ていきましょう。

ProEngineerの特徴


プロエンジニア(ProEngineer)
  1. IT系の「未経験歓迎」求人に特化した専門転職エージェント
  2. プログラミングスクール「プログラマカレッジ」に無料で通えてスキルアップ出来る
  3. キャリアアドバイザーが元エンジニアなのでマッチングが上手

「ProEngineer」はIT系の求人に特化した転職エージェントです。

近年、IT系に特化した転職エージェントは増え続けていますが、「ProEngineer」は無料のプログラミングスクールの受講(プログラマカレッジ)から、就業までをサポートをしてくれるのが最大の特徴です。

最近当社の関連会社では、ProEngineer経由での採用が右肩上がりで増えてきています。現場で通用するレベルまで育成してから紹介してくれるので、採用率も高めです。

「ProEngineer」はIT系未経験者歓迎の求人を多く取り扱っているため、20代で未経験・第二新卒・1,2年のシステム開発経験者で、エンジニア、プログラマー転職を考えている方は、第一候補の転職エージェントと言えます。

逆に3年以上しっかりとした開発経験がある方は、プログラミングスクールのない純粋なIT専門転職エージェントのレバテックキャリアを使った方が良いです。

特にIT業界にこだわりのない社会人歴の浅い方は、プログラミングスクールが無くてフォローの手厚いDYM就職を使うのをおすすめします。

DYM就職(ミーツエージェント)の評判・口コミは?現役面接官のリアルな情報!

2017.10.21

レバテックキャリアの評判は?現役面接官がリアルな情報教えます!

2017.05.01

完全無料でプログラミングスクール「プログラマカレッジ」に通える

プロエンジニアは「プログラマカレッジ」という未経験者でも安心して通えるIT・プログラミングスクールを開催しています。

最大420時間無料で受講可能

実は凄いことなんですが、上図にあるように、通常プログラミングスクールは30万円の授業料が発生したり、受講時間も100時間以内が多いです。

しかし、「ProEngineer」は無料で420時間も受けることが出来るんです。

最大420時間も授業が無料で受けられるので、未経験の方でも即戦力までスキルアップしてプログラミングが出来るようになります。もちろん420時間分が必修なわけではなく、御自身で選択できます。

「なんで無料なの?怪しいです・・・」

転職エージェントとして企業紹介もしているので、スクール後に気に入った企業があって入社すると「ProEngineer」の紹介料・協賛金となります。それによってプログラミングスクールの費用を賄っています。

もちろん気に入った企業が無かったら受ける必要はなく、プログラミングスクールだけ受講するのや、他の転職エージェントと併用するのも問題ないです。

もちろんメリットばかりでなく、「ProEngineerのデメリット」の項目にも書いてありますが、ProEngineerは受講条件が厳しいです。

プログラミングスクールに通うので「関東在住の20代」がProEngineerに登録可能な条件です。逆に条件をクリアしていれば、最高のサポートをしてくれる転職エージェントになります。

しかし、最近ProEngineerは人気が出てきていて、プログラマカレッジを受けるのに2ヶ月近く待った等も当サイトのクチコミに寄せられています。興味がある方は早めに申し込むほうが良いと思います。

「ProEngineer」公式サイト:http://proengineer.internous.co.jp

第二新卒・経験の浅い方も受講可能

「少しプログラミング経験あるんですが、受けることは出来ますか?」

第二新卒など多少経験がある方も受講可能です。

前の会社ではプログラミングばかりで、データベース系の経験が足りなかったと思えば、データベース系の講座のみを受講して、データベースを使用してるWEB企業の紹介も受けることが出来ます。

面接で「前職での経験が無かったので、ProEngineerでデータベース実践研修しました。」と答えてもらったことがありますが、意欲的と良い評価を付けています。

プログラマカレッジの内容


プログラマカレッジは「プログラマカレッジ(Javaプログラミング研修)」と「エンジニアカレッジ(Linuxサーバー構築研修)」の2つのコースがあります。

コース種類 内容(期間) 職種 就職先
プログラマカレッジ Webアプリ開発(60日間) プログラマー、SE LINE等
エンジニアカレッジ サーバー構築(40日間) インフラエンジニア NTTデータ等

プログラマカレッジの方が、いわゆるプログラマーになれるコースで、Webサイトを開発します。

エンジニアカレッジの方は、インフラエンジニアといってプログラムが動くサーバーを構築する方法を学習するコースになります。

どちらのコースも最初の1ヵ月目はコンピュータの基礎から始め、最終的には1人でECサイト開発やサーバー構築ができるレベルになります。

講師も丁寧に0から教えてくれますし、多少知っている方は途中から参加することも出来ます。

少し厳しい話ですが、内容は実践重視の本格的な内容になっているため、入校した人の2割が脱落しています。

しかし、それを乗り越えると企業側も評価してくれるので優良企業への就職の道が開かれます。意欲があれば大丈夫です!

ちなみに途中で通うのをやめても、料金がかかることは一切ないです。ちょっとプログラムを勉強して肌にあえばそのまま転職、合わなければ辞めるといった気軽な使い方をされるのも問題ないので安心して下さい。

「ProEngineer」公式サイト:http://proengineer.internous.co.jp

プログラマカレッジの3つの学習パターン

プログラマカレッジの学習は受講者の都合に合わせて「3パターンの学習方法」から選ぶことができます。

  • 個別研修コース:40時間
  • 平日5日間コース:420時間
  • 週3夜間コース:200時間

一番人気があるのが、夜間コースです。就職していて、平日での時間の都合がつかない方が多いので夜間コースが人気なようです。

少し経験のある方はスポットで研修をうける「個別研修コース」を受けているようです。

もし、ある程度時間に都合がつくなら絶対に「平日420時間コース」がおすすめです。この期間で一気に一人前のエンジニアレベルに成長出来ます。無料でプロにこれだけの時間教わる事ができるのは絶対にお得です。

ちなみに普通のプログラミングスクールでは100万円以上はします。

スクールは東京の池尻と御茶ノ水の2ヵ所になるので、遠方に住んでいる方はSkypeでの受講もできます。(※受講は出来ますが、東京・神奈川・千葉・埼玉が勤務地の求人しかないので注意が必要です)

ただ、未経験でプログラムを学ぶのは詰まりやすいので通うことをおすすめします。

授業(プログラマカレッジ)についていけるか心配

授業後には必ず講師に質問できる時間をもうけつつ、生徒同士でが気軽に質問・協力し合えるサポート体制をつくっています。

講師は元エンジニアの方達で、優しい方が多いですよ。意欲がある80%以上の方は、スムーズに最後までプログラミングスクールで力をつけて転職成功されているので安心して下さい。

人気企業で有給インターンを体験出来る

希望者は通学だけではなく、有名企業の「クルーズ」で有給インターンを体験することも可能です。時給1,000円~2,000円もらいながら就業体験が出来ます。

クルーズとProEngineerは提携しているので、大学生を過ぎてからもインターンしてくれるのは良いチャンスですね。お小遣い稼ぎにもなりますし、エンジニアの働き方がどんなものかを確認するためにも受けてみても良いと思います。

クルーズは六本木ヒルズにある、有名なソーシャルゲームの上場企業です。「ショップリスト」というファッションサイトや「エレメンタルストーリー」というゲームを作っている会社で、インターンして気に入ってそのまま転職される方も多いようです。

採用側が人物像を把握できているので、インターンからの正社員転職の合格率は非常高いです。クルーズに興味がある方はProEngineerを使ってみるのも良いと思います。

ここだけの話、クルーズは入社1年目から本番作業などバリバリ任されるので、非常に実力が伸びやすい会社です。クルーズに入社できれば、次に転職したくなっても引く手あまたになります。

「ProEngineer」公式サイト:http://proengineer.internous.co.jp

プログラマカレッジ受講条件

ここまで良いことだらけのProEngineerだと思われたかもしれないのですが、残念ながら受講条件に制限もあります。

  • 20代の方(職歴、学歴不問)
  • 東京近郊にお住まいの方

プログラマカレッジを受けることができるのは、20代の方という年齢制限があります。これは若いほうが伸びしろがあるといったところで、企業側もポテンシャル採用するので20代の年齢制限があるのは仕方がないです。

またプロエンジニアの取り扱う求人が「東京・神奈川・千葉・埼玉」なので、一都三県に就職できる方がプロエンジニアを使用できる条件です。

30代未経験からエンジニアになりたい場合は、プログラミングスクールを受講するのが良いです。

未経験の状態で、本、Youtubeなどの動画サービスだけで何とかしようとすると挫折するので注意が必要です。

プログラマカレッジ受講体験

プログラマカレッジ受講無料体験

ここまで読んで「少しでも興味を持った」、「講座の雰囲気を知りたい」、「自分にできるか不安」という方はプログラマカレッジの無料体験を気軽に受講してみると良いと思います。普段の授業風景も見学することもできますよ。

「プログラマカレッジ」公式サイト:http://proengineer.internous.co.jp

ProEngineerの正社員就業率


プロエンジニア圧倒的な就職率

「プロエンジニア」を利用した未経験者プログラマの正社員就業率は『96%』を誇ります。

これって実はすごい数字なんですよ。他の大手転職エージェントで未経験から正社員転職すると30%程度になります。

その理由は「プログラマカレッジ」のカリキュラムが、実践を見据えた内容になっているからです。

他エージェントと違い、スキルを学んでから転職活動するので、有名企業の面接・試験などでもしっかりと答えることが出来ます。それにより他の転職エージェントよりも高い就職率・採用率を誇っています。

「ProEngineer」公式サイト:http://proengineer.internous.co.jp

ProEngineerの評判(By 現役面接官)

面接官によるプロエンジニアのレビュー

現役採用担当として10年以上様々な転職エージェントとやりとりし、採用通知実績に基づいた禁断の採用企業側からの実績値レビューです。平均値が3となります。

  • 採用率:3.5(未経験からの採用率なので非常に高いです)
  • 営業力:5(他より熱心に企業に売り込みに来ています)
  • 推薦文:3(普通です。企業提出前に見せてもらいましょう)
  • 求人数:4(未経験者専門の求人が多いです)
  • マッチング力:5(コースを通じて適性把握してくれるので高マッチング力)
  • サポート体制:4(丁寧な担当が多いです)

採用率はIT業界トップエージェントのレバテックまではいかないですが、未経験・スキル不足の若手を成長させて企業に紹介してくれる事が浸透してきたので、最近採用数が急上昇しているエージェントです。

エンジニアには興味があるけど、現在異業種で未経験の方や第二新卒の方や、大手を受けるには自分には実力・自信が足り無いからスキルを付けたいなぁと思っている方が使うのに最適です。

繰り返しになりますが、プロエンジニアの特徴は単なる転職エージェントではありません。スキル不足と感じている箇所を実務で補い、そのまま転職サポートもしてくれる今までにない画期的なサービスを提供しています。

国がやっている「職業訓練校+ハローワーク」をより良くした感じです。

少し話がそれますが、絶対にハローワークで職業を斡旋してもらっては行けません。

基本的にブラック企業しかないからです。国からの助成金狙いのブラック企業ばかりなので注意が必要です。

私の勤務先は経験者のみ採用になっているのですが、関連会社は未経験採用もしていまして最近ProEngineerから受かる方が多いです。手厚いフォローでエンジニアとしてある程度のスキルになってから紹介してくれるので、採用する側としても入社してからの教育コストが少ないので、書類・面接を通しやすいんですよね。

ProEngineer経由で営業・美容師・料理人など全く畑違いの方でも通した経験がありますので、エンジニアに興味があって、新しいことにチャレンジしたいと思われる方におすすすめなエージェントです。

ProEngineerの評判・体験談(By 利用ユーザー)

こちらは当サイトで集めた実際にプロエンジニアを利用した方の評判・クチコミ・体験談レポートになります。

利用者情報

【転職理由】

前職の給料が安かったので将来に不安を感じたからです。20代のうちに手に職をつけたいと思いました。

前職 転職後 年収 併用エージェント
医療業 IT系システムエンジニア 220万円→380万円 ギークリー,パソナキャリア
転職歴 利用期間 紹介求人数 応募数 採用数 転職成功
1回 3ヵ月 4社 3社 1社 成功した
ProEngineerの評判・体験談【メリット・デメリット】

【メリット】プログラミングスクール受講から就職サポートまですべて無料で受けられるところ。

【デメリット】スクールが東京のみで通いで学びたかったので通学時間がかかった。プログラマカレッジコースが人気で満員で、開始まで2ヶ月くらい待たされた。

無料相談(面談)と担当者について

場所 所要時間 担当者性別 印象 サポート力 連絡の早さ 業界知識
東京都 1時間程度 男性 頼もしい/td>

5/5点 5/5点 5/5点
ProEngineerの評判・体験談

最初に転職相談とプログラマカレッジの無料体験をしました。そこで講師の方も優しかったので通学を決意しました。

エンジニアに特化した転職支援サイトなので、業界の知識もありました。未経験の転職支援にも慣れているという感じです。連絡も早かったです。

プロエンジニア利用者の評判・体験談レポート詳細記事は以下になります。

ProEngineer(プロエンジニア)の評判・クチコミ【転職者体験談:27歳女性】

2017.10.31

ProEngineerのクチコミ

プロエンジニアのクチコミ
  • 「フリーターからエンジニア正社員になることができた」
  • 「プログラミングスクールで勉強したことが就職後役に立った」
  • 「無料で受講できるのに内容が充実していた」
  • 「スクールでは学生に戻ったような感じで充実していて仲間もできた」
  • 「勉強についていけるか不安だったが、先生に質問できる時間があったので無事に修了できた」
  • 「プログラマカレッジが満員ですぐに受講できなかった」

当サイトに寄せられたクチコミでは、プログラミングスクールへの満足度が高いのが特徴です。

講座へのクチコミだけではなく、転職に関しては「未経験なのに優良企業に就職できた」「年収が倍近くに上がった」などのクチコミもあります。

ProEngineerがおすすめな人

プロエンジニアがおすすめな人
  • 20代の方
  • IT・wab企業未経験者
  • フリーター、第2新卒、正社員を目指す方、ブランクがある方
  • 現在異業種に勤めていて、IT・wab企業に転職を目指す方
  • 現在IT・wab企業に勤めていて、より良い環境を目指す方
  • プログラミングスクールへの通学を検討されている方
  • 大手企業からベンチャー企業の求人まで見たい方
  • 東京近郊にお住まいの方

プロエンジニアは「IT・wab企業未経験者向け」の転職エージェントです。学歴や経歴は一切問わないので、「フリーター・第2新卒・正社員を目指す方・ブランクがある方」に特におすすめです。

プロエンジニアの取り扱い求人は「東京・神奈川・千葉・埼玉」の一都三県なので、東京近郊にお住まいの方が条件になります。プロエンジニアのプログラミングスクールは、東京の池尻と御茶ノ水の2ヵ所です。

ProEngineer(プロエンジニア)利用年代

プロエンジニア利用年代

20代の方が利用しています。男性の利用者が多いですが、女性の利用も増えてきています。

ProEngineer(プロエンジニア)と併用すべきエージェント

基本的にあなたが20代未経験でIT業界に転職を希望であれば、プロエンジニア一択で問題ありません。

あなたが1、2年ほど経験がある、もしくはエンジニアに近しい仕事をしていた場合は、IT業界トップの採用率を誇る転職エージェント「レバテック」に登録しておくのもおすすめできます。

プロエンジニアの持っていない未経験者専門の求人以外を補うことが出来ます。

もしIT企業以外への転職を迷っている方は、様々な業種の案件が集まる大手エージェントも登録しておくといいでしょう。大手総合転職エージェントでは、リクルートエージェントが一番有名ですが、採用側からするとリクルートエージェントは担当の当たり外れが激しすぎると感じています。

大手総合エージェントのDODAは転職成功実績が多いので併用がおすすめです。

有名どころだとリクルートエージェントなどがありますが、超大手は社会人歴の少ない方に冷たいので注意が必要です。大手総合エージェントではDODAが一番親身になってくれます。

対象 エージェント名 公式URL
IT(業界トップ) レバテック https://career.levtech.jp
大手総合 DODA(デューダ) https://doda.jp

ProEngineer(プロエンジニア)紹介企業

  • CROOZ
  • ラクス
  • teamLabo
  • 株式会社ケイブ
  • NTTDATA
  • Career Brain

優良上場企業の求人が多いのが特徴です。もちろん希望があれば、ベンチャー企業などこれから成長が期待できるような会社も紹介して頂けますよ。

ProEngineerのメリット

ProEngineer(プロエンジニア)のメリット
  • IT系に特化した転職エージェント
  • 講座から就職支援まで完全無料でサポート
  • 大手優良企業の求人多数
  • 書類や面接対策をしてくれる
  • 未経験者歓迎
  • フリーター、第2新卒、正社員を目指す方、ブランクがある方歓迎
  • 経歴や学歴は一切問わない
  • 途中で受講をやめても料金が一切発生しない

プロエンジニアは「未経験でIT・web業界に転職を希望している方」、「プログラミングスクールに通学を検討している方」に特におすすめです。経歴や学歴は一切問わず、途中で受講をやめても料金が一切発生しない点も安心して通学できます。

ProEngineerのデメリット

ProEngineer(プロエンジニア)のデメリット
  • 20代限定で登録可能
  • 関東在住で登録可能
  • IT系の求人のみ

プロエンジニアは「IT・Web」に特化した転職エージェントのため、IT系以外の求人は殆ど無いです。

他の業界の求人も確認したいようでしたら、DODAなどの様々な業種の案件が集まる大手エージェントを併用して登録しておくのが良いと思います。

他にも30歳未満などの年齢制限があることや、「東京・神奈川・千葉・埼玉」以外の求人がない点もデメリットと言えるでしょう。

ProEngineerの登録方法

プロエンジニアは数個の項目を入力するだけで簡単に登録できます。エージェントによってはアンケートが長く30分以上かかる事もあるので良いほうだと思います。

「履歴書・職務経歴書」無しでも登録できるのは良いですね。担当エージェントと話して、自分の強みを整理した後で職務経歴書を書いていくので良いと思います。

登録手順

プロエンジニアの登録は「名前・年齢・電話番号メールアドレス・住所・研修開始時期」を入力するだけで、とても簡単です。

登録手順

「ProEngineer」公式サイト:http://proengineer.internous.co.jp

ProEngineer(プロエンジニア)登録後の流れ

ProEngineer(プロエンジニア)登録後の流れ

登録が完了したら電話かメールで連絡が来るので、面談の日程調整をします。基本的には二週間以内に調整をして一旦軽く相談してみる方が多いです。それ以上空いてしまうと熱意が冷めて、結局行動を起こせなくなってしまいまうので注意が必要です。

面談では「受けたいコース」「希望する仕事内容」「希望年収」などを気軽に話します。なんでも悩みを相談してみることをおすすめします。自分の想像していた優良企業数個と、自分の想像外の優良企業・興味のわく仕事内容などを紹介してくれることが多いですよ。

プログラマカレッジ(無料プログラミングスクール研修)に申し込みを希望される方は、カウンセリングを受けた後に申し込んで翌月から受講が可能です。最近人気が出てきており、1ヶ月待ちなどザラにあるようなので、興味がある方は早めに申し込んだほうが良いと思います。

各研修が終わり次第、求人紹介をしてもらい内定&就業という流れになります。

またプロエンジニアは、「応募書類添削」や「模擬面接」もしているので、気軽に利用してみると良いと思います。

ProEngineer(プロエンジニア)登録キャンペーン中

プロエンジニア登録キャンペーン中

今なら「プロエンジニアに登録・来社」で1,000円分のクオカードがもらえるキャンペーン中です。この機会に体験に行ってみましょう。

「ProEngineer」公式サイト:http://proengineer.internous.co.jp

ProEngineerのアクセス

東京本社 100-0013 東京都千代田区霞が関3-6-15 霞ヶ関MHタワーズ7F
池尻 研修センター 〒154-0005 東京都世田谷区三宿一丁目8番19号 MBA ビル1F、3F
御茶ノ水 研修センター 〒113-0034 東京都文京区湯島3-2-12 御茶ノ水天神ビル2F

ProEngineerまとめ

ProEngineerは「ハローワーク+職業訓練校」のグレードアップ版です。

プログラミングスクール「プログラマカレッジ」によって実践的なスキルを身につけることが出来るので、高い採用率になっているのが理解頂けたのではないでしょうか?

システムエンジニア・プログラマーと聞くと、敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、実際にはそうではありません。

実は未経験・異業種からの転職者や、文系大学から入社して初めてプログラミングしたという方が多い業界でもあります。熱意・頑張り次第で、すぐ追いつける分野でもあり、最大限の効果が出るようにサポートしてくれるのがProEngineerです。

いきなり数十万円するプログラミングスクールに入るより、ProEngineerで「プログラミングをやってみて、楽しければIT業界に転職する」というやり方もノーリスクなので良いと思います。

「ProEngineer」公式サイト:http://proengineer.internous.co.jp