【限定キャンペーン】Amazon券5000円 登録者全員プレゼント中!

こんにちは!ユウです。大手上場企業で開発系部門の部長&中途採用を担当しています。

ここ10年近くで、5,000件程の応募書類の審査、1,500人程の面接、60社程の転職エージェントとのやり取り等の採用活動実績があります。

転職成功に役立つ、採用サイドからのリアルな情報をお伝えしていきます!

今回はエグゼクティブ専門の転職支援サイト「ビズリーチ」の紹介です。

あなたは「更なる高収入は欲しいけど、今の企業では頭打ちだし、外資は英語使うから面倒そうだし、何とか日系企業で1,000万円クラスの求人はないかな・・・」と悩んでいませんか?

ビズリーチはハイクラスな高収入の求人を中心に扱っている転職サービスで、当社でもビズリーチからの紹介で多くの部課長級の人材を採用してきました。高収入を狙う方にはもってこいの転職サービスになります。

「ビズリーチ」公式ページ:https://www.bizreach.jp

ビズリーチの概要

実はこの「ビズリーチ」純粋な転職エージェントとは少し異なるんです。ビズリーチは簡単に言うと、以下のサービスの良い所どりです。

ビズリーチの特徴

  • 「転職エージェント」
  • 「転職サイト」
  • 「ヘッドハンティング」

これら3つの良いところが混ざった全く新しい転職サービスなんです。企業側としては新世代の転職サービスが出てきたな・・と感心しています。

初めてこの転職エージェントさんとやり取りした時は2年ほど前だったのですが、「CMガンガンやっている会社ね・・・CMでは優秀な人が多いって言っているけど本当かな?」と思ったのですが、本当に優秀な人ばかり紹介されて、CMのように驚いたのをつい最近のように覚えています。

ただ、「優秀な人であれば登録できる」のではなくて、「登録すべき人が登録すると有効活用できる」サービスという事が、「ビズリーチ」とやり取りしていくにつれてメリット・デメリット含めて採用サイドとして色々と分かってきました。

こちらの記事を一通り読んで頂ければ、あなたが「ビズリーチ」を使って転職活動すべきか判断でき、転職成功に一歩近づきます。

ビズリーチの特徴

ビズリーチの特徴

「ビズリーチ」は高収入なハイクラス求人のみを取り扱っています。マネージャー・課長以上からCTO・CEOまでの管理職クラスの人材の転職で絶大な力を発揮する転職サービスです。大幅な年収アップも見込めるため、経歴やスキルに自信がある方は登録必須な転職支援サイトです。

1,000万円以上の求人もとても多いです。外資系企業、海外勤務の求人も多いですが、日系企業で英語必要なくて1,000万円クラスの求人もとても多いのが特徴です。日系企業の場合は勢いのあるベンチャー企業の部長・本部長などからのスカウト、求人があります。

ビズリーチの使用の裏条件

高年収求人ばかりで良いように見えますが、ビズリーチの使用には1つ裏条件があります。

ビズリーチのおすすめ使用条件

最初にデメリットをお伝えするのは恐縮なんですが、年収750万円未満の方は登録しないほうが良いです。求人・スカウトが殆ど来ないです。

これはビズリーチ側が、サイトに明記していない事に問題があると思っています。「せっかく登録したのに全然求人が来なかった」とか色々とYahoo知恵袋とかでも叩かれているようですね。

なぜ高年収でないとビズリーチを使う意味が無いのか

現年収が低いと求人が紹介されない理由として、当社もビズリーチを使っていますが「現年収がXXX万円以上の人にのみスカウトをかける」という設定をしている採用企業が多いからです。

「おいおい、現年収500万でも1000万円とかいけるのがビズリーチなんじゃないの?」と思った方もいるかもしれませんが、すみません。実はそうではないのです。

ビズリーチは「高年収の方=現在の会社でも実力を認められている方」という考えに基づいたサービスで、「高年収=実力のある方」なので一次面接、二次面接などを省きいきなり役員面接をしてくれる求人が多いので、採用率が非常に高い転職サービスとなっています。ビズリーチを使うにあたって現時点で高年収であることが非常に重要なのです。「サイトに書いておいて欲しいですよね・・・」

ビズリーチを使うと何が得なの?

しかし、高年収の方は登録していないともったいなすぎるサービスです! なぜなら、他のエージェント経由だと2,3つ面接が必要でもビスリーチ経由ならいきなり最終面接のケースがよくあるからです。使ったエージェントによって麺説回数に差が出るのは非常に勿体無いので、条件に合う方はビズリーチの使用がおすすめです。

当社でもビズリーチ経由では書類審査・一次面接をスキップするので、通過率の低い書類審査・一次面接を飛ばせるのは非常に大きいメリットだと思います。

「ビズリーチ」公式ページ:https://www.bizreach.jp

750万円未満の方へおすすめ転職エージェント

現状の会社の賃金体系で、そこまで年収をもらえない優秀な方がいるのも十分に存じております。そういう方は以下の年収交渉が上手で採用率が高い転職エージェントをご利用してみて下さい。無理してビズリーチに登録する必要は無いと思います。

正直、業界特化転職エージェントの方が採用率は高いです。特にIT系であればレバテックはマッチング力があり、丁寧なサポートなので特におすすめできます。以下にあげたエージェントであれば500万円 → 700万円などは十分に狙えます。

業界(対象) 転職エージェント名 公式サイト
IT レバテック https://career.levtech.jp
IT ギークリー https://www.geekly.co.jp/
コンサルタント アクシスコンサルティング https://www.axc.ne.jp/
コンサルタント JACリクルートメント http://www.jac-recruitment.jp
製造業 メイテックネクスト https://www.m-next.jp
大手総合 パソナキャリア http://www.pasonacareer.jp
大手総合 DODA https://doda.jp

ビズリーチの求人数と採用企業数

ハイクラス求人に特化した転職支援サイト

ビズリーチはハイクラス求人に特化した会員制転職支援サイトです。国内の求人のみならず、海外勤務の求人も取り扱っています。

求人数は『76,000件』、採用企業数は『7,100社』を誇り、ビズリーチには1,800人のヘッドハンターが登録しています。

ビズリーチの利用者の半数以上が40代以上で、平均年収は900万円以上です。ハイクラスな求人のみを取り扱っているため、ある程度のスキルや実績がある人が利用しているのが特徴があります。

1,000万円クラスの求人も多数取り扱っているため、年収アップを目指している方(特に現収入750万円以上の方)におすすめな転職支援サイトです。

【転職成功例】

ビズリーチ年収アップ

ビズリーチには有料・無料の2つの利用プランがある

ビズリーチ2つの利用プラン

日本にある転職支援サイトの殆どは無料で利用することができますが、ビズリーチの場合は「無料会員」と「有料会員」の2つのコースがあるのが特徴的です。ビズリーチの特徴やメリットを理解した上でどちらのコースにするか選んでいきましょう。

  • 無料会員:「スタンダードプラン」
  • 有料会員:「プレミアムプラン」
ビズリーチ2つの利用プラン

ビズリーチには無料会員の「スタンダードプラン」と有料会員の「プレミアムプラン」の2つのプランがあります。

ビズリーチは無料プランで使い倒すのがおすすめ

正直なところ、有料会員になる必要はありません! ビズリーチに登録すると90日間はプレミアムプラン扱いとなり全てのサービスは使えますし、転職活動には十分な時間です。

90日すぎると機能が制限されるだけで、勝手に課金などもされないので安心して下さい。

無料会員(スタンダード)と有料会員(プレミアム)の違いは、簡単に言うと「応募」や「紹介してもらえる求人」の量や質が違うとビズリーチは謳っていますが、基本的には皆さんプレミアム体験期間中の90日間に、求人を探して応募しているようです。

ビズリーチの2つの有料コース

  • 750万円未満:タレント会員【月額2,980円】★入る必要なし!
  • 750万円以上:ハイクラス会員【月額4,980円】★90日すぎでも使いたかったら

有料のプレミアムプランには、「年収750万円未満はタレント会員【月額2,980円(税抜)】」、「年収750万円以上の人はハイクラス会員【月額4,980円(税抜)】」と2つの料金プランがあります。

ここでもおわかりになったように、露骨に年収750万円を境に課金額も違うんです! ちょっとやりすぎですよね。750万未満の方への求人は少ないので入る必要はないです。

ただ750万円以上の求人はどこよりも非公開求人を持っているのは確かです。当社もビズリーチにしか出していない部長募集の求人があります。高年収の方は登録しておいて損は無いと思います。

750万円以上のハイクラス会員も90日すぎでも機能制限されずに使いたかったら課金すると良いと思いますが、基本的には無料で使い倒すのがビズリーチの正しい使い方な気がします。

年収750万円未満の会員年収750万円以上の会員

「ビズリーチ」公式ページ:https://www.bizreach.jp

ビズリーチがおすすめな人

ビズリーチがおすすめな人
  • 30代~50代の方
  • 更なる高収入・年収アップの希望する方
  • 経歴や学歴に自信がある方
  • 英語が話せる方
  • 金融、コンサル、IT、商社・メーカー勤務の方
  • 営業・管理職・マーケティング・経営企画・事業責任者の経験がある方

ビズリーチはハイクラス求人を扱っているため、職歴やスキルに自信がある方におすすめです。

英語がが必須の求人や海外勤務の求人もあるため、語学が堪能な方も高収入を期待できます。

皆様100万円から300万円程の年収アップをされているようですね!当社もだいたい現年収800万円くらいで優秀な方に、900万円~で部長職としてスカウトをかけてもらっています。

ビズリーチ利用年代

ビズリーチ利用年代

主に30代~50代の方が利用しています。男性の利用者が多いですが女性の利用も増えています。

ビズリーチと併用すべきエージェント

業界が決まっているなら、ページ上部でおすすめした転職エージェントとの併用は良いと思います。ヘッドハントのビズリーチと違い、専属担当も付きますしフォローも手厚いですよ!

業界が決まっていないなら、様々な業種の案件が集まる大手エージェントも登録しておくといいでしょう。大手総合転職エージェントでは、リクルートエージェント、パソナキャリア、DODAが有名ですが、採用側からするとリクルートエージェントは担当の当たり外れが激しすぎると感じています。大手に登録するのであれば、安定して丁寧な担当が多いパソナキャリアDODAをおすすめします

対象 エージェント名 公式URL
大手総合 パソナキャリア http://www.pasonacareer.jp
大手総合 DODA https://doda.jp

ビズリーチ求人例

ビズリーチ紹介例
  • CTO【年収1,500万~3,000万円】(東京)
  • システムコンサルタント【年収800万~1,000万円】(東京)
  • 営業部長【年収2,000万~5,000万円】(アメリカ)
  • システムエンジニア【年収800万~1,200万円】(神奈川)
  • 公認会計士【年収800万~1,500万円】(東京)

年収800万円からの求人が圧倒的に多く、1,000万円以上の求人も非常に多いです。

日本の求人のみならず、「アメリカ・カナダ・香港・シンガポール・ヨーロッパ・タイ」などの海外駐在の求人も多数保有しています。

現役面接官によるビズリーチのレビュー

面接官によるビズリーチのレビュー

現役採用担当として10年以上様々な転職エージェントとやりとりし、採用通知実績に基づいた禁断の採用企業側からの実績値レビューです。平均値が3となります。

  • 採用率:5(ハイクラスでは断トツです。いきなり最終面接等があるからです)
  • 営業力:3(ヘッドハンターから個別に確認が来ています)
  • 推薦文:3
  • 求人数:4(ハイクラスに特化しています)
  • マッチング力:5(非常に高いです)
  • サポート体制:3

ビズリーチの評判・クチコミ

ビズリーチのクチコミ

「100万円単位で年収が上がった」、「他社の転職支援サイトより圧倒的に求人の質が良い」、「選ぶのに困ってしまうくらいハイクラスの求人を紹介してもらった」、「前職では評価されなかったが幹部になることができた」などの評判・クチコミが多いです。

ビズリーチのメリット

ビズリーチのメリット
  • ハイクラス求人に特化した転職支援サイト
  • 800万円以上の求人が多く高収入が期待できる
  • 大手企業・優良企業の求人が他社よりも多い
  • ベンチャー企業の求人が多い
  • 幹部クラスの求人が多い
  • ヘッドハンティングあり

当社でもビズリーチ経由では書類審査・一次面接をスキップするので、通過率の低い書類審査・一次面接をスキップできるのは非常にメリットとして大きいと思います。

ビズリーチのデメリット

ビズリーチのデメリット
  • 750万円未満の求人が極端に少ない
  • 初回登録に時間がかかる

初回登録に時間かかりすぎる

一番のデメリットは「ビズリーチ登録にかかる時間が長い事です。。設問13個あってとにかく時間がかかります。30分はかかります。

ただ、頑張って登録すると高年収求人の嵐

ビズリーチはWebの登録上で職務経歴書に近いものをアンケートによって作ってしまうので、これだけ時間がかかるのも納得ではあります。まぁ通常の転職エージェントは5分もあれば登録できるので、それに比べてしまうと・・・ってところはありますが、通常のエージェントとくらべて紹介される多数の求人の質・年収もケタ違いなので、まぁ我慢ですかね。

また現在の年収が750万円以下の方は求人を紹介してもらえない場合があるので注意が必要です。殆どの求人が800万円以上のものなので仕方ないところもありますね。

ビズリーチの登録方法

ビズリーチを登録するには、13個の項目を入力します。

登録手順

「ビズリーチ」公式ページ:https://www.bizreach.jp

ビズリーチの会員登録は、まず「メールアドレス・パスワード・現在の年収」を入力します。

ビズリーチ登録手順

次に「性別・現住所・生年月日」などの基本的な項目と

ビズリーチ登録手順

「語学やレベル・最終学歴・氏名・電話番号・転職経験の有無・転職希望時期」

登録手順

「直近の在籍企業・業種・職種・仕事内容について」を入力します。

登録手順

これで登録完了です。さらに追加で詳細項目(14項目)を入力すると、より求職者の希望に合った求人を紹介してもらえます。

ビズリーチ登録手順

ビズリーチ登録後の流れ

ビズリーチ登録後の流れ

ビズリーチによる内容確認が完了したらサービスを利用できるようになります。

ビズリーチは「求職者が企業と直接やりとり」するのと「ヘッドハンターのサポートを受ける」2つのパターンがあります。

企業と直接やり取りする場合は、「企業からのスカウトメールに返信」したり「自分で求人を検索をして応募」をして進めていきます。

ヘッドハンターのサポートを受ける場合は、ヘッドハンターを自分で選び、スカウトメールを貰ったりヘッドハンターが掲載している求人を検索して進めます。

毎日のように高年収で条件の良いスカウトメールが来るので、ビズリーチのサイトを見るのが楽しみになること間違いなしです。

ビズリーチのアクセス

ビズリーチのアクセス
東京本社 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー 12F
大阪オフィス 〒5?30-0003 大阪府大阪市北区堂島2-4-27 新藤田ビル2F
名古屋オフィス 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3丁目5-33 名古屋有楽ビル704号室
福岡オフィス 〒810-0002 福岡県福岡市中央区西中洲12番33号 福岡大同生命ビル12F
シンガポールオフィス 24 Raffles Place #21-03A Clifford Centre Singapore 048621

「ビズリーチ」公式ページ:https://www.bizreach.jp