CATEGORY 初めての転職

【第二新卒の転職】成功率・成功例・失敗例を現役面接官が紹介!初めての転職

【第二新卒の転職】成功率・成功例・失敗例を現役面接官が紹介!

「第二新卒でも転職成功するかな?失敗怖いからもう少し勤めようか悩むな・・」 「第二新卒転職の成功率はどれくらい?今の会社は人間関係悪いしサービス残業もあるから転職興味あるけど・・」 あなたは第二新卒の転職について、こんな疑問はありませんか? こんにちは!東証一部上場企業で面接官をしているユウです。 実は第二新卒の転職はあなたが思っている以上に需要が高く、成功例が多いです。 「石の上にも三年。三年以上は勤めないと転職出来ない」なんて昔の迷信を信じて悩んでいませんか? 「それは絶対に違います!」上場企業の現役面接官が断言します。 この記事を最後まで読めば、以下の疑問がハッキリ解決! 現役面接官ならではの転職テクニックも踏まえて、わかりやすくお伝えします。それではどうぞ! 第二新卒の転職成功率 まず結論から伝えると、第二新卒の転職成功率は他の年代の転職成功率に比べて圧倒的に高いです。 まず以下が上場企業の一般的な転職での各ステップの通過率・成功率です。(※東証一部企業における5,000人の採用実績より100人あたりでの平均通過率・通過人数) ステップ 通過率 100人での通過人数 1.書類選考 25% 25人 2.一次面接 25% 6人 3.SPI・適性検査 95% 6人 4.最終面接 95% 6人 「うわぁ…低い!100人受けて6人しか受からないのか。」と思われたかもしれません。 しかし、同じ条件で第二新卒の場合の転職成功率は以下になります。 第二新卒の転職成功率 ステップ 通過率 100人での通過人数 1.書類選考 70% 70人 2.一次面接 40% 28人 3.SPI・適性検査 95% 28人 4.最終面接 95% 28人 「おぉ、第二新卒なら結構採用される!」とホッとされたと思います。 そうなんです。第二新卒の転職成功率は約30%で非常に高いです。 今までの私の過去5,000人の採用実績では、第二新卒が100人受ければ28人通過で成功率約30%。一般転職では100人受けても6人採用なので、一般転職より第二新卒転職の方が5倍は受かりやすいです。 私の会社は東証一部上場企業なので、中小・ベンチャー企業では転職成功率は更にあがり40~50%程度の方が転職成功します。 しかもこれは一社しか受けない場合の転職成功率。複数社受ければ更に確率はあがります。 第二新卒の方はたいてい2,3社受けてすぐに内定をもらって転職するパターンが多いです。 「第二新卒で経験が無いから・・・」なんて躊躇する必要はありません。むしろ第二新卒扱いされる25歳以下の時が勝負です。 フリーターの転職成功率 以下の「独立行政法人労働政策研究所のグラフ」をご覧ください。 フリーター歴が6カ月以内であれば64.9%。フリーター歴3年以上でも48.9%の方が正社員に転職成功。…
一次面接の通過率初めての転職

現役面接官がポテンシャル採用で内定もらう方法を教えます

現役面接官がポテンシャル採用で内定をもらう方法を大公開。実は上場企業の大部分がポテンシャル採用枠を全体採用枠の30%~50%の割合で空けています。「どのような企業がポテンシャル採用が多いのか」「企業はポテンシャル採用時に何を見ているか」面接官の目線から内定をとる方法をご紹介していきます。
初めての転職

成功への正攻法!内定率が格段に上がる転職手順6ステップ

初めての転職で何から始めていいのかわからない。内定がとり易い正しい転職活動の手順なんてあるの?転職後に生き生きと楽しく働いている、転職成功した方の共通した転職手順には実は共通点があるんです!現役採用担当が転職成功にグンと近づく転職手順・大事なポイントをご紹介します。