TechBoost(テックブースト)の評判は?未経験からブロックチェーンエンジニアへ 開発部長のリアルな情報

プログラミングスクール TechBoost(テックブースト)の評判は?現役面接官がリアルな情報教えます!

こんにちは!ユウです。大手上場企業でシステム部の中途採用を担当しています。

あなたは今、

  • 「手に職があって高年収のシステムエンジニア・プログラマーに興味あるけど、未経験の今からなれるのかな?」
  • 「TechBoost(テックブースト)っていうプログラミングスクールがあると聞いたのだけど、ここを卒業したら優良IT企業に転職が出来るのかな?」

と悩んでいませんか?

この記事では、私が採用担当として「TechBoost(テックブースト)」と接する中で、メリット・デメリット・使用すべき方・採用率など分かってきたのでご紹介していきます。

一通り読んで頂ければ、あなたが「TechBoost(テックブースト)」を使って転職活動すべきか判断でき、転職成功に一歩近づきます。現役面接官だから分かる裏事情も踏まえて、公式ページよりも分かりやすくお伝えしていきます。それでは、どうぞ!

IT転職について

まず、IT転職に興味があるあなたに良いニュースです。実はIT業界は人手不足が深刻で採用を積極的に行っている業界でもあります。下記の経済産業省のIT人材予測の図を見て下さい。

IT人材不足予測:経済産業省

引用:経済産業省 IT人材予測

ご覧のように現状でも人手不足で、2030年には「79万人」もの人材が不足すると予測が出ています。それに対して年々求人も増えており、未経験からの採用も積極的に行っている業界です。

もちろん採用サイドからすると、未経験でも多少知識がある人を採用したい気持ちはあります。プログラミングスクールTechBoost卒業の方は、未経験でも即戦力に近いスキルを身につけてから応募してくれるため、採用率が近年急上昇しています。

面接官ユウ

採用側としてもここだけの話、「未経験歓迎」と求人要項に記載していても、少しでも経験があったり、勉強しようと意欲がある方を採用したい気持ちがあります。

応募書類に「TechBoost卒業」と記載があると、「基礎がしっかり身についているな」と好印象からはじまります。

スクールに行ったら、必ず履歴書には書いておきましょう。プラスに働きます。

TechBoost(テックブースト)の特徴

TechBoost(テックブースト)の特徴
TechBoost(テックブースト)の特徴
  1. 転職市場を見据えた講座内容
  2. ブロックチェーンなどの最新技術を学べる

①転職市場を見据えた講座内容

「TechBoost(テックブースト)」はエンジニア育成のためのプログラミングスクールです。

2017年に開講したばかりの新しいITスクールですが、実は運営している株式会社「Branding Engineer」は、エンジニア転職エージェント「Tech Stars」や、フリーランス紹介サービス「midworks」も運営しています。

TechBoostは、転職市場で重宝されているスキルは何かを逆算して考え、それをカリキュラムにした画期的なサービスになります。

テン子

「TechBoostはプログラミングスクールだけど、運営会社は転職エージェントもやっているんですね?」

面接官ユウ

「はい。転職市場を理解した会社が運営しているので、TechBoostは実践的なカリキュラムになっていて卒業後の評価が高いのです。」

もちろん卒業後にTech Starsの転職サービスを受けることも出来ます。卒業生には特に親身になってくれるようです。

②ブロックチェーンなどの最新技術を学べる

ブロックチェーン

TechBoostのもう1つの特徴は、3ヵ月で最新の技術と実践的なスキルが身につけられることです。

基礎から、ブロックチェーン、AI、IOTなど最新技術までしっかり身につけてくれるので、採用側も思わず採りたくなってしまうのです。

面接官ユウ

職業訓練校や普通のプログラミングスクールでは、VisualBasicなどの古い言語で「Hello World」という文字を出力するのから始まり、ファイル出力、簡単なWebサイト開発で終わります。

正直、採用官としては、基礎の基礎が少しわかった人が面接に来ても採りづらいです。

技術はどんどん進化していくので、最新の技術を持ったエンジニアが重宝されます。TechBoostは他のエンジニアスクールよりも最新の技術が学べるので、卒業後に活躍できる可能性が高く採用されやすい特徴があります。

それでは、TechBoostのコース内容について見ていきましょう!

TechBoostのコース内容

TechBoostのコース内容
TechBoostのコース内容
  1. サービス開発基礎
  2. サービス開発実践
  3. トレンド技術

上記の順で3ヶ月で一人前のエンジニアになれるコースになっています。

サービス開発基礎

サービス開発基礎
  • HTML
  • CSS
  • Ruby on Rails
  • データベース

Webサービス開発の基礎を実践的なカリキュラムに沿って、1ヶ月半程学んでいきます。HTML、CSSといったWebサイトの基本的な開発方法から、Ruby、Ruby on Rails、データベースを学びWebアプリケーション開発の基礎を作っていきます。

面接官ユウ

Ruby on Railsは食べログなどでも採用されいているコンピューター言語で、転職市場では高年収の求人が多い言語です。

C、C++言語など比べて扱いやすく、メンターがサポートしてくれるので心配ありません。

データベースは必ず学んでおいた方が良いです。大半のプログラミングスクールでは教えていないのですが、データベースが分からない方は採用されにくいです。転職市場を理解している、TechBoostのカリキュラムはさすがにしっかりしてるなと思います。

サービス開発実践

約1ヶ月メンターと一緒にオリジナルのWebアプリケーションを開発します。この実践開発により、実際に業務で必要となるプログラミングスキルを身につけることができます。ここで作ったWebアプリケーションで起業した方もいるそうです。

トレンド技術

トレンド技術
  • ブロックチェーン
  • AI(人工知能)
  • IoT

上記最新技術の中から、1つを選択コースとして学習することが出来ます。未経験からのプログラミングスクールで、このような最新技術が学べるコースの設置は業界初の取り組みになります。

テン子

どれを選べば今後にキャリアに役立ちますか?

面接官ユウ

現役面接官・エンジニアとしての率直な意見になりますが、ここは絶対にブロックチェーンを選択するのが良いです。

なぜなら、ブロックチェーンエンジニアはライバルが少なく引く手あまたで、超高年収だからです。ブロックチェーンを選ばないのであればTechBoostに通った意味がない位、もったいないです。他のIoT、AIは敷居も高く先駆者も多いのでここはブロックチェーンを選択するのがおすすめです。

以下の「Blockchain jobs and salaries — 2018 report」をご覧下さい。

ブロックチェーン技術者の年収

引用:Blockchain jobs and salaries — 2018 report

面接官ユウ

英語の資料なので見づらいかもしれませんが、こちらは全てブロックチェーンエンジニアの平均年収で、日本円にすると年収1,000万円クラスなのがお分かりになると思います。

こちらはアメリカの統計資料になります。日本のブロックチェーン技術はまだ遅れていて、エンジニアが全く足りてない状況です。平均年収などもアメリカの資料しか無いくらい、統計も何もとれていない現状です。

ブロックチェーンエンジニアの年収1,000万円…すごいですね。

面接官ユウ

「はい。ですが、TechBoostを卒業すると、最初から年収1,000万円のブロックチェーンエンジニアになれる」という訳ではありません。

おそらくブロックチェーンをやっている企業の年収400~600万円の見習いエンジニアから入ると思います。
しかし、まず入社できる可能性ができることが凄いことです。現役エンジニアはブロックチェーンを触ったことがないので転職できない状況ですが、TechBoostでブロックチェーンプログラミングしていた実績を伝えれば採用される可能性は非常に高まります。またTechBoostでも転職のサポートをしてくれます。

入社さえしてしまえば、エンジニアの世界は実力主義なので、その会社で頭角を表していけば2,3年後には1,000万円クラスの年収になっているでしょうし、より条件の良い会社に行くことも可能です。それほどブロックチェーンエンジニアは夢のある職業なのです。

ここで「そもそもブロックチェーンって何?」という方もいると思いますので、軽く説明をさせて下さい。ブロックチェーンとは「改ざんされないデータ交換の技術」とだけ一旦理解頂ければ大丈夫です。ここ数年で急に実用化されてきた面白い技術になります。

ブロックチェーンとは仮想通貨だけの技術と思われがちですが、実は違います。今後、保険業などあらゆる分野に適用されるのが想定されています。以下をご覧下さい。

ブロックチェーンエンジニアの求人

引用:Blockchain jobs and salaries — 2018 report

右肩あがりで伸びているのがお分かりになると思います。今後も爆発的に各分野で求人が増えてきます。現状、各社求人をだしてもブロックチェーン技術を理解しているエンジニアが非常に少ないので、全く人材が足りずに年収がどんどん高くなっている状況です。

面接官ユウ

日本では「仮想通貨」→「ブロックチェーン」→「コインチェック」→「なんか怪しい」と残念ながら変な印象がついてしまっていますが、あれはコインチェックのずさんな管理体制の問題で、「ブロックチェーン」技術そのものは、今後100年以上は使われる素晴らしい発見です。

TechBoost料金は?

TechBoost(テックブースト)の受講料は「月額99,800円(税別)」となっています。また、割引制度も充実していますので確認してみて下さい。

テン子

99,800円×3ヶ月分ですか・・興味はありますが高いですね。

面接官ユウ

この料金はプログラミングスクールでは一般的になります。高いところですと月40万円ほどかかったりもします。

テックブーストは「Ruby」+「データベースの実戦学習」+「ブロックチェーン」を学べるので、良心的な価格だと言えます。

エンジニアの平均年収が450万円、ブロックチェーンエンジニアの平均年収が1,000万円とすると、納得できる自己投資だと思います。

TechBoostの受講条件は?

TechBoost(テックブースト)の受講条件は特にありませんが、スクールが東京の渋谷のみで、その後就職支援を受けるのであれば、その地域が東京近郊に集中しているため一都三県にお住まいの方におすすめします。

TechBoostがおすすめな人

TechBoostの利用がおすすめな人
  • 10代~30代の方(年齢制限なし)
  • IT・wab企業未経験者
  • エンジニア未経験者
  • ブロックチェーンエンジニアになりたい方
  • 最新の技術を学ばれたい方
  • フリーター、第2新卒の方、ブランクがある方
  • エンジニアを目指す学生の方
  • 東京近郊にお住まいの方
 

TechBoost(テックブースト)は高い技術を身につけれるカリキュラムとなっているので、エンジニア未経験者だけではなく経験者にもおすすめです。

TechBoost(テックブースト)利用年代

主に10代~30代の方が利用しています。

TechBoost(テックブースト)と併用すべきスクール・サイト

「お金をかけずにエンジニアを目指したい!」という方は「プロエンジニア」がおすすめです。

最新技術は学べませんが、20代で関東在住であれば1~3ヵ月の間かけて「プログラミング講座」から「就職のサポート」まですべて無料で受けることができます。転職しなくても、途中で通学を止めても費用がかかることは一切ないです。

ProEngineerに関しては、以下の詳細記事を御確認下さい。

ProEngineer(プロエンジニア)の特徴・評判・口コミは?面接官のホンネ

2017.10.23

他にも、転職成功率98%の「WebCamp Pro(ウェブキャンププロ)」は、就職できなければ返金される「全額返金保証サービス」もあるので安心です。

「スクールには通わずエンジニアに転職したい!」という方は、未経験の求人も取り扱うIT専門の転職エージェントワークポートがおすすめです。ワークポートは「求人紹介」から「書類添削・面接対策」だけではなく入社まで完全無料でサポートしてくれます。

対象 サイト名 公式URL
ITスクール&エージェント プロエンジニア(ProEngineer) http://proengineer.internous.co.jp/
ITスクール WebCampPro http://web-camp.io/pro
IT転職エージェント(未経験) ワークポート https://www.workport.co.jp

TechBoost(テックブースト)の評判

TechBoost(テックブースト)のクチコミ
TechBoost(テックブースト)の評判
  • 「フリーターからエンジニア正社員になることができました。」(23歳・男性)
  • 「スクールで勉強したことが就職後役に立ちました。」(21歳・女性)
  • 「授業料は高かったが、コースで作った課題でそのまま起業できたので良かったです。」(31歳・男性)
  • 「授業についていけるか不安だったが、講師が丁寧でマンツーマンでサポートしてくれたので無事に修了することができました。」(28歳・男性)
  • 「スクールでは学生に戻ったような感じで充実していて仲間もできました。」(27歳・女性)
  • 「最新のブロックチェーンを学べた。見習いではあるがベンチャー企業でブロックチェーンエンジニアになれた。年収も高くて満足です。」(25歳・男性)

コース内容に満足している方の評判が多いです。

TechBoost(テックブースト)のメリット

TechBoost(テックブースト)のメリット
TechBoost(テックブースト)のメリット
  • エンジニア育成講座から就職支援までサポート
  • エンジニア育成に特化したプログラミングスクール
  • 最新の技術を学び、可能性を広げることができる
  • 未経験者歓迎

TechBoost(テックブースト)は「未経験でエンジニアに転職を希望している方」、「最新の技術を学びたい方」に特におすすめです。

現役エンジニア&経験豊富なアドバイザーがサポート

現役エンジニア&経験豊富なアドバイザーがサポート

TechBoost(テックブースト)の授業は、現役のエンジニアの講師により行われます。

エンジニアとしての豊富な実務経験や最新の技術を持ったエンジニアが在籍しており、高い技術を習得することができます。

さらに、オンラインでいつでもどこでも質問することが可能なので、カリキュラムを円滑にすすめられるのもポイントですね。

現役エンジニア&経験豊富なアドバイザーがサポート

就職活動は、経験豊富なキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

これもエンジニア転職支援サービス「Tech Stars」や、フリーランスとして活躍するエンジニアに案件を紹介する「midworks」を運営している「株式会社Branding Engineer」のプログラミングスクールのメリットと言えるでしょう。

おしゃれなオフィスを利用できる

おしゃれなオフィスを利用できる

TechBoost(テックブースト)は平日15時~22時(土日祝は13時~19時)まで、オフィスを利用して自習することもできます。

共に同じ志を持つ受講者とも交流ができるので、自宅で勉強するよりもはかどりますね。

TechBoost(テックブースト)のデメリット

TechBoost(テックブースト)のデメリット

「月額99,800円で3ヶ月受講すると30万円の費用がかかってしまう…」と受講料が高額に感じてしまう方もいらっしゃると思いますが、半年で60万かかるITスクールもあるので一般的な受講料だと思います。それに、エンジニアの平均年収は他職種に比べて高い水準にあるので、自己投資だと思えば高くないですよね。

もし、「お金をかけずにエンジニアになりたい」といった方は、20代限定ではありますが「プロエンジニア」や、全額返金保証サービスがある「WebCamp Pro(ウェブキャンププロ)」がおすすめです。

TechBoostの登録方法

TechBoostは簡単に登録することが出来ます。

登録手順

TechBoost(テックブースト)の登録は「名前・メールアドレス・電話番号」を入力するだけです。

TechBoost(テックブースト)の登録方法

TechBoost登録後の流れ

登録が完了したら電話かメールで連絡が来るので、面談(カウンセリング)の日程調整をします。

面接官ユウ
わからないことや受講や就職に関して不安なことがあれば、ぜひ相談してみてくださいね。

TechBoostの基本情報

運営会社 株式会社Branding Engineer
公式サイト https://tech-boost.jp/
設立 2013年
目指せる仕事 エンジニア
学習期間 3ヶ月
料金 月額99800(税別)
※入会金は必要なし
主な対象者 エンジニアを目指す方
利用年代 10代~30代
実績 満足度97%
学習場所 渋谷
※(オンラインは全国対応)
就職支援 あり
就職地域 東京・神奈川・千葉・埼玉

TechBoostのアクセス・教室利用&オンライン質問時間

渋谷校
東京都渋谷区円山町28-3
いちご渋谷道玄坂ビル
オンライン質問 10時~22時
直接質問
教室利用
【平日】15時~22時
【土日祝】13時~19時