ありえない!面接官が質問してビックリしたNG返答ランキング

パワハラは立派な転職理由!転職すべき○つの理由

このサイトでは「素人が独断で転職エージェントをランキング形式にする」「信頼性のない転職サイトからコピーしてまとめる」などは一切ありません。

大手上場企業の現役採用担当である私が、5,000人の応募書類を確認・面接し、数ある転職エージェントとやりとりをした中で、実績のある役立つ情報、効果的な転職テクニックを分かり易くまとめています。

今回は「面接で質問してびっくりしたNG返答ランキング」をご紹介します。

「私たち面接官が引いてしてしまう、かなりの頻度で返答されるNG返答ランキングです。この一言は不採用に傾かせる威力があります。あなたも面接で言っていないか、確認していきましょう。」

転職エージェントに紹介されたので

転職エージェントに紹介

堂々の第1位です。志望動機の返答としてかなり多い答えですが、この返答だと評価が低くなります。

理由としては、「自身の意思で転職先を決めていないから」です。

数多ある企業の中から求職者にあった企業を、ピックアップしてすすめるのが転職エージェントの仕事ですが、それをそのまま話すのはNGです。

エージェントからすすめられた後、自分でも企業分析をされてると思うので、そちらをメインに話していきましょう。

志望動機:転職テクニック

志望動機の返答としては、「自身で企業分析をした結果、なぜこの会社を選んだのか、その会社の中で自分のどのスキルが役に立てると思ったのか」を話すようにすると採用に近づいて行きます。

企画志望です。企画もやってみたいです

企画志望

第2位です。エンジニア採用のケースで「入社したらやりたいこと」を聞いた時、このような返答をされることがあります。

キャリアパスがブレブレで本人の中でも決めれてない状況ですね。それをやはり面接官の前で話してしまうのは、評価が下がります。

このような場合は、採用担当としては慎重になってしまいます。応募者のやりたい事と企業の欲しい人材で「ミスマッチ」が起こっているからです。

「この人は募集要項ちゃんと読んでこなかったのかな?」「転職エージェントは応募者の志向をヒアリングしてくれなかったのかな?」「入社後に異動願をださないかな?」と面接官からすると、採用するリスクを感じてしまいます。

もちろんエンジニアから企画などへのジョブチェンジはしても良いと思いますが、そういう場合は未経験でもOKな企画採用している企業を受ける事をおすすめします。

私はエンジニアの採用を担当しており、募集要項にもエンジニア採用と書いてあるので、「企画志望です」「将来的には企画をやりたいです」と返答されると驚いてしまいます。

「企画志望」と返答してきた場合は募集要項確認してない、「企画もやってみたい」と返答した場合は「将来的なキャリアパスがずれていて、エンジニアは腰掛け程度なのでは?」とマイナス評価されてしまうので注意が必要です。

専門チームがいるので

専門チーム

第3位です。こちらも非常に多い返答です。職務経歴には自分がやっていたかのように書いているので、詳しく質問して見ると、「専門チームがやっていたので自分は知りません」といった答えが返ってきます。

「この返答、非常にもったいないです。」少し変えるだけで、違って聞こえるので以下を確認してみましょう。

専門チーム:転職テクニック

例えばIT転職の場合でDBは専門チームがいたとしても、軽いDB設計をしていたのであれば、「DB設計していました」と答えても問題はないですし、「DB設計は専門チームがやっていたが、クエリチューニングは自分でやっていた。自分から遅いクエリなどは率先してみつけて、対応策を共有して一緒に改修していた。」などまで返答に付け加える事が出来ると非常に聞こえはよくなり、プラス評価に転換する事ができます。

別に・・・

別に

第4位です。「沢尻エリカかよ!」と突っ込みたくなるNG返答ですが、IT転職では稀にこの返答をする方はいます。斜に構えるネガティブなタイプに多いです。普段から気をつけておかないとつい返答してしまうので注意が必要ですね。

受け答え転職テクニック

こちらとしては面接では理由を聞いているので、「なぜJavaが好きなんですか?」「どういう時にエンジニアの楽しさを感じますか?」などの、多少考えないといけないような質問でも、「はい。そうですね・・」などの言葉で、考える時間を作って丁寧に答えるのが良いですね。

びっくりしたNG返答ランキングまとめ

いかがでしたか? 今回は面接官が質問してびっくりしたNG返答ランキングについてご紹介しました。

心当たりがあった方はドキッとしたのではないでしょうか?「転職エージェントに紹介されたので」「専門チームがやってくれた」は意外と多いので注意ですね。

これで面接での一発NG返答の悩みも解決出来ます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。