転職時期で採用率が5倍違う!?最適な時期を大公開!

転職に最適な時期

突然ですが「転職に最適な時期はいつだと思いますか?」

採用に携わったことがある方は、この裏事情を絶対に知っています。知らない採用担当はモグリだと言い切れます。

採用されやすい時期を知っているのと知らないのでは、5倍以上採用率が異なります。

これには会社の部署間での政治的な問題が深く関わっています。ベストタイミングを知り、枠が少ない会社に何枚も応募するのはやめて、枠がある時に動くのがチャンスです!

転職の世界も、「求人数(需要) ⇔ 転職者(供給)」 のバランスで成り立っているので、求人数(需要)が多い時に転職活動をして、採用率をグングン上げていきましょう。

転職活動者が多い時期

一般的に転職時期は「4月開始~と10月開始~」に活動する人が増えてきます。
「ズバリ理由はボーナスです!」6月と12月にボーナスもらってから辞める人が多いからです。

そのため「この時期に活動を開始するとライバルが多い」と思いがちですが、実は転職希望者の波は年間を通してあまり変わりません。

採用率が高い時期、低い時期

上期が下期の数倍以上、採用率が高く受かりやすいです!

  • 上期(4~9月) :採用率高い
  • 下期(10~12月):採用率低い

当社の場合だと2015年「上期8名、下期2名」。2016年「上期9名、下期1名」という実績です。

応募者は上期、下期ともに変わらずに300名程でした。面接まで来て頂いたのは60名程度でしたが、上期の方が下期よりも5倍以上受かりやすい傾向があります。

「転職成功バイブル」を見ていただいているあなたには、ベストなタイミングで転職活動をしてもらいたいと思っています。

転職に上期が有利な理由

公開できるギリギリの裏情報になりますが、ここだけの話、各部署の採用枠は通期で人事部門と調整して決めています。

私の部門だと通期で「6名採用」とか「10名採用」等、4月に人事と1年で採用できる人数を決定します。これは政治的な裏事情です。

上期が有利な転職裏事情
採用計画上、人事部と決めた人数を下回ると来季から採用人数を減らされることがあるので、上期で大多数を採用し、下期で残りを採る傾向があります。

具体例としては上記の【裏事情】にあるように、採用計画人数を下回らないように上期で大多数採っていることが多く、下期で残り1人の採用枠に応募者多数の厳しい状況になっていることが多々あります。

「この人、上期に応募してくれたら絶対に合格だったけどなぁ。残り1人の枠だからもう少し他の候補者を待ってみようか!」なんて話は下期には日常的に繰り返されています。

なので、受けるなら上期です!上期中に面接までいけるように今行動を起こす必要があります。

11-3月の冬のボーナスをもらってから辞める方も多いのですが、辞めるなら6月のボーナスをもらってからが良いと思います。

ベストなIT系転職の開始時期は?

IT系転職の開始時期

「ズバリ、2月~9月です!」

下期に転職活動開始する場合のテクニック
2月に転職活動を開始するのも良いのですが、その場合は応募書類は4月に出すようにするのがおすすめです。

秋や冬に転職を希望する方は、「転職エージェント相談・企業分析・応募書類作成」をメインにして企業側が採用人数を決定した4月から一気に受けに行くのが、ベストな方法です!

春、夏に転職したい方は、すぐにでも行動に移すことが大事です! 秋・冬は採用枠を絞っている企業が多いです。

採用率が高い時期に転職活動をしたいのであれば、上半期に面接に行けるようにするのがベストです!

時期的に最高の転職モデルケース

転職時期
  • 2~9月:転職活動
  • 6月 :ボーナスGET
  • 6~9月:内定GET
  • 8~9月:夏休み取得&有給消化
  • 10月 :心機一転、下期初日から初出社

上記のプランはいかがでしょうか?「ボーナスをもらって・夏休みを取った後の下期入社」なんて、かなりワクワクしませんか?

採用率の高い上期に内定して下期に入社すると、休暇中に今まで疲れた体を休ませてあげられます。

このプランの良いところは、下期の初日入社は同期がいる可能性もあるので、新しい会社でストレスが少なくスムーズに入りやすいメリットもあります。

この記事を読んでいるのが、春・夏ならば即行動をおすすめします。秋・冬ならば数ヶ月後を見据えて準備をしていくのが、採用率を高めるための近道となります。

もし転職をするか迷っていたら、まずはエージェントに登録して、現状の悩みの相談や自分の市場価値を判断してもらうのがおすすめです。丁寧に相談に乗ってくれ、「希望するキャリアパス・業種の企業」を紹介してくれます。

悩んでいる方は、まずエージェントに登録をして損することはありません。またエージェントには守秘義務があるので、勤務先に活動していることは絶対にバレないので安心して下さい。

では、以下にIT系現役採用担当の視点で「信頼できるおすすめの転職エージェント」を紹介しておきますので是非登録・相談してみて下さい。

個人的にはマッチング率も、企業側の採用率も高いIT専門の転職エージェントであるレバテックを使うのが採用への近道だとは思います。

大手総合エージェントは採用率も低く、サポートも手厚くないので止めておいたほうが良いです。

現役採用担当が「採用率の高いIT転職エージェント」をまとめてみた

2017.03.29

なぜ?転職にはあえて大手エージェントをすすめない4つの理由

2017.07.21