知っている人だけ得をする。転職で希望年収はどこまで上げてOKなの?

給料が安い!年収アップさせるための転職成功法とは?

このサイトは「素人が独断で転職エージェントをランキング形式にする」「信頼性のない転職サイトからコピーしてまとめる」などは一切ありません。

現役採用担当である私が、5,000人の応募書類を確認・面接し、数ある転職エージェントさんとやりとりをした中で、本当に役立つ情報・裏事情などを分かりやすくまとめています。

今回は「履歴書に書く希望年収のこと」についてお話していきます。

希望年収ってどれくらいの金額を書くのが正解か分からないですよね? 実は「希望年収」は書類審査の合否に影響があるとても重要な項目なんです。

今回は、不合格にされない好感度の高い希望年収の狙い所とその指針をバシッと教えます。

希望年収を上げていい場合

希望年収

もしあなたが20代前半で、現年収350万円程度であれば400万円の希望年収を提示するのは全く問題ありません。むしろ「適正評価をしてください」としっかりアピールするのはプラス評価です。

ただ、あなたが20代前半で現年収500万円で、600万円の希望年収を提示されたら採用は厳しいです。(当社の場合)

採用担当は基本的に、業界平均給与・その会社の給与体系を参考に、「そこから大幅に超えた給料を提示してないか」、「現状もらいすぎてないか」を見ています。

若手の良い方が応募してきても、希望年収600万円だったりすると、「あぁ、能力高そうだからぜひ当社に来てもらいたいけど、コストが高いからやめておこう…」という会話が日常的に採用担当同士の間で行われています。年収は大きな判断材料の1つです。

ですので、「自分が現状もらいすぎていないか」、「年収の上げ方に妥当性はあるか」を企業に伝える必要があり、そのためにも転職希望企業の年収の相場を確認することをおすすめします。

希望年収チェック
転職希望の企業の年齢別平均年収をこちらで調べましょう。現年収がそれより低ければその基準まではアップして問題ありません!

希望年収を下げるといい場合

「現状もらいすぎていると思っている方」、「年収が下がっても困らない600万円以上の方」、「どうしてもその企業に入りたい方」に朗報です!

希望年収下げてみせる転職テクニック
希望年収を少しでも下げて書くと、「年収下げてまで希望してくれるなんて、そんなに志望度が高いのか。ならまずは面接で会ってみよう!」と書類審査の合格率を格段に上げることが出来ます。

志望度が高い会社は-50万円の希望年収を提示するのがベストです。逆に-100万円だと「自分に自信が無いのかな?」と勘ぐられたりもするので注意しておきましょう。

無難な希望年収の提示方法

希望年収

結論からお伝えしますと、現状の年収でそこそこ満足されている方は、転職時には「現状維持以上」がベストです!

年代別の平均年収がわからない会社では有効なテクニックになります。

採用サイドも会社の給与テーブルとそこまで離れてないが、年収の高い方が「現状維持以上」と書いてきた場合は、それを下回らないようには気をつけていますので安心して下さい。

年収現状維持以上
「御社規定」に従いますよりは、「現状維持以上」の方が給与水準は変わりにくいのでおすすめです!

希望年収のアドバイスが上手なエージェント

IT・システム業界内での転職を目指す方に自信を持っておすすめできるのがレバテックです。ここ2,3年の応募書類ではレバテックさん経由の応募が非常に多く、採用率も高いです。

年収交渉・希望年収設定のアドバイスも絶妙でいつも良いところをついてくるなと感心しています。

給与に多少でもこだわりが有る方や、IT、Web、ゲームなどシステム業界への転職希望の方は採用率も他者エージェントに比べて圧倒的に高いので登録しておくと良いと思います。

レバテックの詳細を見る