こんにちは!ユウです。大手上場企業で中途採用担当をしています。

あなたは、「20代の今転職するか、もう少しスキルを付けて30代で転職するか」悩んでいませんか?

20代での転職活動も、30代での転職活動も、それぞれ一長一短ありますが、できることなら思い切って20代で転職活動する事をおすすめします。

そこで、この記事では20代で転職活動しようと考えている方へ、20代の場合と30代で転職活動した場合のメリット・デメリットを紹介していきます。それではどうぞ!

30代での転職活動はハードルが高い

20代での転職がおすすめな理由は、メリットがあるだけではなく、30代での転職では採用されるハードルが高くなってしまうからです。

そこで、まずは30代になってからの転職がおすすめできない理由を紹介していきます。

30代までの積み重ねた経験を転職に活用できることがメリットだが…

30代までの積み重ねた経験を転職に活用できることがメリットだが…

30代になると、ある程度のスキルや知識が身についています。

そのため、「年収が高い求人に応募できたり、高い年収を提示してくるのでは?」と思いますよね。

-答えは「Yes」です。

即戦力が高くてマネジメント能力を持つ人材に対しては、企業は「年収が高めでもぜひ採用したい」と思うので、ヘッドハンティングやスカウトを受けるなど、年収が高くなる傾向になります。

「20代で転職するか、30代で転職するか迷っている…」という人は、今いる会社で経験を培って30代で転職するのも選択肢の1つです。

経験的に要求される仕事内容のハードルが高くなる

しかし、企業は30代の社員に「即戦力」と「リーダーシップ」を求めています。

ある程度の年齢になると、「業務をこなす」だけではなく「後輩を育てる力」や「周囲をまとめるリーダーシップ」などの能力や経験が要求されます。

しかし、面接でこのような「マネジメントスキル」がなかったり、「リーダーシップの素質がない」と判断されると採用されないのです。

求人募集要項の年齢制限でひっかかることが増える

中途採用の求人を見ていると、応募資格に「29才以下の人」と書かれているのを、見たことがある方も多いのではないでしょうか?

年齢制限を設けている企業の多くは「29才以下」と掲載しています。

これは逆を言うと「30代以上の採用枠はない」ということです。

年齢で受けたい企業に受けられないのは、非常にもったいないことです。

20代での転職は、絶対的な求人数が多い事が最大のメリット

あなたが20代で転職しようかと悩んでいるなら、わざわざハードルが高くなる、30代になってから転職活動を始めることは愚かな行為であるとわかるでしょう。可能であれば20代のうちに転職活動を進めることがおすすめです。

そして、20代のうちに転職をすることがおすすめな理由は、30代での転職活動のデメリットが大きいというだけではなく、メリットの恩恵が非常に大きいことも理由になります。

20代の転職活動は、経験が浅いのでアピールポイントが少ないかもしれないが

企業が「20代の社員に求めること」はとてもシンプルなことです。具体的に述べると「素直さ」、「協調性」、「マナーがある人」などです。

20代はいわば「優秀な人材にするための育成期間」です。

そのため、「仕事に真面目に取り組み、スポンジのように吸収できる人」を企業は求めているのです。

これは30代の採用に求められる「マネジメントスキル」よりも、ずっとシンプルな条件ですよね。

ポテンシャル採用も有り、どの年代より「求人数」や「転職成功者」が多い

「ポテンシャル採用」とは、「即戦力ではないが、育成すれば活躍が期待できる人材を採用する事」です。

30代以上の採用には、多くの企業が「即戦力」を期待しているため、このポテンシャル採用は「20代の採用枠」と考えていいです。

また、上場企業のほとんどが「ポテンシャル採用」を導入しています。「新卒では入れなかった上場企業から内定をもらった」という事例もたくさんあるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

そして20代の転職者は、他の年代に比べて「転職成功者」が圧倒的に多いのが特徴です。

下記の図を見てください。

転職成功者数

引用:DODA

20代で転職した方が「転職に満足している」という結果ですね。

転職はリスク回避を最優先するべきなので、20代のうちの転職活動をすることがおすすめ

30代は結婚して子供が生まれるなど、家庭を持つ方も多いのではないのでしょうか?

そうなると転職の1番の不安要素は「収入」ですよね。

20代で転職に失敗しても求人や採用枠が多いので立て直すことができますが、30代で失敗してしまうと年収が下がったり、なかなか採用してもらえないなどのリスクを伴います。

そこで、リスクを回避させるためには、20代のうちに転職することが最善な方法であることは間違いありません。

20代での転職を成功させるには、転職エージェントを利用しよう

では最後に、20代での転職活動を成功させるためのアドバイスを紹介します。

20代は経験が浅いのでアピールポイントが少ない事が一番の問題になるので、そこをうまく解決しなければなりません。そのためには、転職エージェントを利用してサポートを受けることが、ベストな解決策になります。

転職エージェントとは、担当アドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれるサービスの事です。おすすめはDODAです。

企業選びや企業との連絡など、手間のかかる面倒な部分に関して全て代わりに行ってくれます。これによって自分の時間をかけることなく転職活動をすすめることができます。

さらに、書類対策、面接対策もしてくれ、企業ごとの好みも掴んでいるので、どんな志望動機・自己PRをすれば良いか助言くれるので、採用率は最大限に高まります。

このように、転職エージェントを利用することによって、転職活動のコストを削減でき、20代で経験が少なかったとしても書類対策のアドバイスによって、内定率を向上できます。20代でスキルが無く経歴的にそこまで積んでいなくても、最短で成功を掴むことができるので、相談してみることをおすすめします。

おすすめ転職エージェント DODA

DODA(デューダ)

現役面接官として最もおすすめできるのは「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみのDODAです。

このDODA、かなり魅力的なエージェントなんです。

採用サイドなので分かるのですがDODA経由の採用率は他エージェントと比べて高く、業界最大級の求人数で、担当アドバイザーが丁寧といった三拍子そろった転職エージェントになります。

DODAは豊富な求人数と、担当アドバイザーが企業に足繁く通ったリアルな情報をもとに、あなたにマッチした職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良企業ばかりですし、残業時間などの目安なども教えてくれるので、あなたにピッタリの職場を選ぶことができます。

転職を考えている方は登録してみて下さい。転職活動は孤独な戦いと思われがちですが、DODAはあなたの心強い味方になってくれます。「転職成功した!」と思える職場が見つかりますよ。

DODA公式サイト:https://doda.jp