こんにちは!ユウです。大手上場企業で中途採用担当をしています。

突然ですがあなたは今、「長いこと仕事をしていないけど30才までに就職したい」、「就職したいけど休職期間が長くて自信がない」、「どんな仕事が自分に合うかわからない」と悩んでいませんか?

あなたがまだ20代で、「就職したい」「正社員になりたい」という気持ちを持っているならば、今がチャンスです!

この記事では「20代のうちに正社員になろうかな」と考えている方へ、「今すぐに動くべき理由」と「就職を成功させる秘訣」をご紹介します。それではどうぞ!

30代からの就職活動はハードルが高い

30代からの就職活動はハードルが高い

20代での就職がおすすめなのは、メリットがあるのもそうですが、30代での就職活動は採用されるハードルが高くなってしまうのが大きな理由になります。そこで、まずは「30代になってからの就職活動がおすすめできない理由」について紹介していきます。

「仕事しないで家に居ること」は理想的な生活だが…

「ゲーム」や「趣味」など、好きなことに時間を費やしたり、「1日中食べては寝る」という生活を送っている人もいるのではないでしょうか?

仕事をせずに「社会人経験がなくてずっと家にこもっている」、「会社を辞めて無職になってからずっと家に居る」というのは、誰もが憧れる生活です。

毎日プライベートな時間を有意義に使うことができるので、ストレスや疲れも感じません。

その生活はいつまでも続かない

しかし、このままずっと無職の状態で、あなたは生活し続けることができるでしょうか?

例えば「親がお金持ちで、親がいなくなってからも遺産で一生暮らしていける」という人は安泰ですね。

しかし多くの人は、このままの生活を送っていればいつか貯金が底をつくのではないでしょうか?

  • 親が元気なうちは働かなくて大丈夫
  • 貯金が残り少なくなってきたら働けばいい

と思っていませんか?

このままの生活を送っていると、将来にデメリットが押し寄せてきますよ。

30才を超えてから就職はハードルが高くなる

「別に20代で就職する必要はないんじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、年齢制限のある求人を見たことがありますか?

年齢制限を設けている多くの求人は、「29才以下」となっているはずです。ではなぜでしょうか?

それは、一般的に20代は「仕事や社会のルールを学ぶ年代」、30代以降は「部下を指導したりマネジメントをする年代」であるからです。

20代だと仕事を失敗しても、「まだ若いから仕方ない」と大目に見てもらえますが、30代で失敗続きだと厳しい目を向けられてしまいます。

つまり20代で基本的なスキルを身につけておかないと、30代以降の就職が困難になるだけではなく、就職してからも苦労する場面が他の人に比べて多くなってしまうのです。

20代での就職であれば、絶対的な求人数が多い事が大きなメリット

20代での就職であれば、絶対的な求人数が多い事が非常に大きいメリット

あなたが「20代のうちに就職」しようか悩んでいるのなら、わざわざハードルが高くなる、30代になってから就職活動を始めることは愚かな行為であるとわかるでしょう。可能であれば20代のうちに就職することがおすすめです。

そして、「20代のうちに就職をすることがおすすめな理由」は、「30代での就職活動のデメリットが大きい」というだけではなく、「メリットの恩恵が非常に大きい」ことも理由になります。

「ニート期間」「休職期間」があると就職が大変かもしれないが

長年、採用官をしていると、履歴書に数年の空白期間がある人を見かけます。

正当な理由が確認できないと、正直、いくら優れた人材でも採用を渋ったり見送ったりするのが実情です。

それは「仕事をしていない期間」が長くなれば長くなるほど、採用官はいい印象を抱きません。

なので、できるだけ早いうちに就職することが重要なのです。

働いていない期間が長くても「採用したい」という企業はある

ここで1つ現役採用官からアドバイスです。

「20代のうちに就職したい!」という気持ちを持って活動すれば、99%の確率で就職できます。

現在、日本は少子化が進んでおり、業界によっては「人材不足で年収が上昇」し続けていたり、「社会保障を充実させよう!」といった動きが、ここ数年活発になっています。

また、近年アベノミクスの効果によって、有効求人倍率も上昇中です。

有効求人倍率上昇中

なので「ブランク」があるあなたは、就職しやすい「今」が狙い目なのです!

20代という就職しやすい時に動くことがおすすめ

上記で述べたように、「30代以降に就職するリスク」は非常に高いことがおわかり頂けたと思います。

たしかに「仕事をしない」ことはストレスも疲れもたまらないですが、仕事を始めると「楽しいこと」や「嬉しい出会い」が待っているはずです。

そして、この記事を読んでいるあなたは「就職したい」という気持ちがあるはずです。その気持ちを忘れずに早めに行動に行動することが、就職への第一歩となります。

では最後に、20代での就職活動を成功させるためのアドバイスを紹介します。

20代での就職を成功させるには、エージェントを利用しよう

「20代で休職期間が長い」というのはデメリットになるので、そこをうまく解決する必要があります。そのためにはエージェントを利用するのが就職を成功させるための一歩です。

「エージェント」とは、担当アドバイザーが無料で就職活動をサポートしてくれるサービスの事です。

おすすめ転職エージェント DODA

DODA(デューダ)

現役面接官として最もおすすめできるのは「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみのDODAです。

このDODA、かなり魅力的なエージェントなんです。

採用サイドなので分かるのですがDODA経由の採用率は他エージェントと比べて高く、業界最大級の求人数で、担当アドバイザーが丁寧といった三拍子そろった転職エージェントになります。

DODAは豊富な求人数と、担当アドバイザーが企業に足繁く通ったリアルな情報をもとに、あなたにマッチした職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良企業ばかりですし、残業時間などの目安なども教えてくれるので、あなたにピッタリの職場を選ぶことができます。

転職を考えている方は登録してみて下さい。転職活動は孤独な戦いと思われがちですが、DODAはあなたの心強い味方になってくれます。「転職成功した!」と思える職場が見つかりますよ。

DODA公式サイト:https://doda.jp

おすすめ転職エージェント ハタラクティブ

おすすめエージェントハタラクティブの

他にもハタラクティブもおすすめです。

「ハタラクティブ」は、「フリーター」や「ブランクがある人」専門のエージェントです。

他にも有名なエージェントはいくつかありますが、正直、「スキルが浅い人」や「未経験の人」は排除する傾向があり、「あなたに紹介できる求人はありません」と紹介を断られる場合もあります。

しかし、ハタラクティブは「未経験対応求人」を多数取り揃えているため、ブランクをお持ちの方にも求人を紹介してくれます。

ハタラクティブを利用した人の多くが「1.5週間~1ヵ月」の間に就職が決まっていて、就職率が高いのが特徴です。

「企業選び」や「企業との連絡」など、手間のかかる面倒な部分に関して全て代行してくれるので、自分の時間をかけることなく就職活動をすすめることができます。

さらに、企業ごとの「書類対策、面接対策」をしてくれるので、採用率は最大限に高まります。

スキルや学歴に自信がなくても、最短で成功を掴むことができるので、相談してみることをおすすめします。

そして様々な業界・業種の求人を取り扱っているので、「働きたい仕事がわからない」という方にも、キャリアカウンセラーがあなたに合った求人を紹介してくれます。

ハタラクティブ公式サイト:https://hataractive.jp/