こんにちは!ユウです。大手上場企業で中途採用担当をしています。

突然ですが、あなたは今「飲食業から他の仕事に転職したい」「20代のうちに収入が安定した職業に就きたい」と悩んでいませんか?

飲食業は、お客さんに料理や笑顔を提供する素晴らしい職業ですが、ブラック企業並みの雇用条件である職場が多く、実際に働いてみて驚いた方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では「飲食業から異業種に転職したい」と思っている20代のあなたに、「おすすめ転職先」をご紹介したいと思います。

飲食業をおすすめしない理由12選

①飲食業は休みが少ない

飲食業は休みが少ない

飲食業は他の職種に比べて労働時間が長く、休みが少ないというデメリットがあります。

下記の図をご覧ください。

飲食業は休みが少ない

引用:bunoshi

これは、「産業別年間休日」をまとめたグラフです。年間休日が「120日」を超えている職種もある中、飲食業の年間休日は「95日」と圧倒的に少ないのがわかりますね。

さらに、「半休」を利用させて半日出勤させる飲食店も多く、実際に丸1日休めるのは「週に1回だけ」なんていうお店も珍しくありません。

飲食店は拘束時間が長く、休みが少ないというデメリットがあります。

②土日は休めないお店が多い

オフィスビル街などでは、まれに土日休みの飲食店もありますが、一般的には土日も営業しているお店が多いですよね。

独身の時はよくても、結婚して子どもが産まれると、土日休みの仕事に憧れを抱く人も少なくありません。そのため、年齢を重ねると職業の選択の幅が狭まるので、20代のうちに転職するがおすすめです。

③サービス残業が多い

サービス残業が多い

サービス残業は法律で認められていませんが、「外食チェーンのワタミ」が問題になったように、飲食業のサービス残業は日常的に行われている実態があります。

飲食業は人件費のコストを削減するために、サービス残業が暗黙の了解になっているのです。

④飲食業の年収は最低クラス

飲食業の年収は最低クラス

飲食業は、休みが少ないだけではありません。年収も安いというデメリットがあるのです。

下記の図をご覧ください。

飲食業の年収は最低クラス

引用:bunoshi

これは、「産業別賃金」をまとめたグラフです。「産業別年間休日」と同じく、飲食業の平均年収は「241万円」と最下位になっています。

飲食業は、独立して経営者側にならない限り、高収入がのぞめない職業なのです。

⑤飲食業は離職率が高い

年間休日が多い上に、年収が少ない飲食業。その上、人を相手にする仕事の為、苦労することも多いです。

そのため当然、離職率も高くなっています。

飲食業は離職率が高い

引用:bunoshi

これは厚生労働省の「平成28年上半期雇用動向調査結果の概況」による「職種別離職率」をまとめたグラフです。飲食業の離職率は「16.7%」と非常に高いのがおわかりいただけると思います。

労働条件が悪い上に、大変な仕事である飲食業は、非常に離職率が高いのです。

⑦常に最低限の人数でまわしている

常にギリギリの人数でまわしている

近年の飲食業の人材不足は深刻で、外国人労働者を積極的に雇うお店や、24時間営業をやめたファミリーレストランも出てきています。

アルバイトの時給を上げるなど待遇の改善が行われてはいますが、仕事を辞めてしまう人は後を絶ちません。そのため、ギリギリの人数で回しているため、従業員の負担は計り知れません。

20代のうちに飲食店から異業種への転職を成功させるには、転職エージェントを利用しよう

では最後に、飲食業から異業種に転職を成功させるためのアドバイスを紹介します。

未経験の分野への転職は、転職エージェントを利用して活動していくことをおすすめします。

転職エージェントとは、担当アドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれるサービスの事です。おすすめはDODAです。

おすすめ転職エージェント DODA

DODA(デューダ)

現役面接官として最もおすすめできるのは「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみのDODAです。

このDODA、かなり魅力的なエージェントなんです。

採用サイドなので分かるのですがDODA経由の採用率は他エージェントと比べて高く、業界最大級の求人数で、担当アドバイザーが丁寧といった三拍子そろった転職エージェントになります。

DODAは豊富な求人数と、担当アドバイザーが企業に足繁く通ったリアルな情報をもとに、あなたにマッチした職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良企業ばかりですし、残業時間などの目安なども教えてくれるので、あなたにピッタリの職場を選ぶことができます。

転職を考えている方はぜひ登録してみて下さい。転職活動は孤独な戦いと思われがちですが、DODAはあなたの心強い味方になってくれます。「転職成功した!」と思える職場が見つかりますよ。

DODA公式サイト:https://doda.jp

20代におすすめな転職エージェント ハタラクティブ

おすすめエージェントハタラクティブの

他にもハタラクティブもおすすめな転職エージェントです。

「ハタラクティブ」は、「第二新卒」「フリーター」「ブランクがある人」専門のエージェントです。

他にも有名なエージェントはいくつかありますが、正直、「スキルが浅い人」や「未経験の人」は排除する傾向があり、「あなたに紹介できる求人はありません」と紹介を断られる場合もあります。しかし、ハタラクティブは「未経験対応求人」を多数取り揃えているため、ブランクをお持ちの方にも求人を紹介してくれます。

ハタラクティブを利用した人の多くが「1.5週間~1ヵ月」の間に就職が決まっていて、就職率が高いのが特徴です。

さらに、企業ごとの「書類対策、面接対策」をしてくれるので、採用率は最大限に高まります。

そして様々な業界・業種の求人を取り扱っているので、「働きたい仕事がわからない」「適職がわからない」という方にも、キャリアカウンセラーがあなたに合った求人を紹介してくれます。

ハタラクティブ公式サイト:https://hataractive.jp/

20代限定!無料エンジニアスクール プロエンジニア

プロエンジニア(ProEngineer)

もしあなたが20代で「エンジニア」に興味があれば、無料ITスクールのプロエンジニアがおすすめです。

プロエンジニアはエンジニアになるための必要なカリキュラムを受講することができ、「インターンシップ」「求人紹介」「書類添削」「面接対策」までのサポートを、すべて無料で受けることができます。

また、エンジニアは他業種より年収が高く安定しており、求人も増加し続けているので、今後も需要は増え続けるでしょう。

プロエンジニアのスクールは東京なので、東京近郊に在住していることが条件になりますが、クチコミや評判もとても良いのでぜひおすすめです。

プログラム体験や見学会も行っているので、興味がある人はぜひ1度行ってみてくださいね。

プロエンジニア公式サイト:http://proengineer.internous.co.jp/