「転職を考えているが仕事が忙しすぎて転職活動ができない…」

「在籍中か退職後に転職活動をするか悩んでいる…」というあなたへ。

思い切って退職してから転職活動することも可能ですが、仕事が忙しくても残業が多くても、転職を成功させた方はたくさんいらっしゃいます。

今回は、「在籍中に転職活動をするか」「退職後にするか」迷っているあなたに、「在籍中に転職活動をするべき理由」をご紹介します。

在籍中に転職活動をするメリットとは?

在籍中に転職活動をするメリットとは?

正直なところ、退職後に転職活動を始めた方があなたへの負担が少なく済みます。

転職活動は「応募書類の準備」や「企業研究」など時間や労力を必要とするからです。

しかし、結果的に在籍中に転職活動をした方がメリットが多くなります。

間隔が空かない方が安定した収入を得られる

すぐに新しい職場に就くと安定した収入を得られる

「仕事を辞める」と決めたとき、1番の不安要素は「収入」ですよね。

家庭がある方も単身の方も、家賃などの生活費を考えなければなりません。仕事をしていない期間が長ければ長くなるほど家計を圧迫してしまいます。

退職後に転職活動を始めた方が、活動自体に余裕はできるかもしれませんが、すぐに仕事に就けるとも限りません。そのため、前職との間隔を空かない方が、安定的な収入を得ることができるため安心です。

焦って妥協して仕事を見つけても、ブラック企業に転職しては意味がありません。そのため、在職中に計画的に転職活動を進めていくことが重要です。

そして前職との間隔が空いてしまうと、収入面だけではなく採用にも影響してしまうのです。

前職からの間隔が空いてしまうと採用に影響が

前職からの間隔が空いてしまうと採用に影響が

職歴に長期的な穴が空くと採用に響いてしまいます。

それは採用側が「前職を退職してから今まで何をしていたのだろう」「身体的・精神的によくないところがあるのでは」といった印象を抱いてしまうからです。

また、在職中に転職活動をするのはとても大変なことです。

それは採用側も理解しているので、在職中に転職活動をした方が「忙しい中でも転職活動を進められる人」という好印象を与えることができます。

仕事が忙しくて転職活動が困難な場合の対処法

仕事が忙しくて転職活動が難しい場合の対処法

上記で「在職時に転職活動をするメリット」をご紹介しましたが、「仕事が忙しくて余裕がない…」というあなたに「対処法」をご紹介します。

有給を使う

有給を使う

面接に行くときには「有給」を使うのがおすすめです。

1日ずつ使っていくと有給を消化してしまう可能性もあるので、「半日だけ」休むのも1つの方法です。

有給を使うときに理由を申告しなければならない場合は、「通院する」、子供がいる場合は「看護する」などの理由が無難です。

転職活動していることが上司や同僚に知れてしまうと、引き止められる可能性があるので、バレないように進めていくのがおすすめです。

転職エージェントを使う

転職エージェントを使う

転職エージェントとは求職者の希望に基づいて「求人紹介」、「応募書類添削」、「面接対策」など、転職全般をサポートしてくれる転職支援サイトです。

転職エージェントはこの他に「応募書類の送付」、「面接日の調整」、「退職のアドバイス」もしてくれます。

登録から利用まですべて無料でサービスを受けるので、忙しい転職活動の強い味方です。

おすすめ転職エージェント DODA

DODA(デューダ)

現役面接官として最もおすすめできるのは「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみのDODAです。

DODAは平日の夜と土曜日に面談することが可能なので、忙しい方でも利用しやすい転職エージェントです。

このDODA、かなり魅力的なエージェントなんです。

業界最大級の求人数で、DODA経由の採用率は他エージェントと比べて高く、担当アドバイザーが丁寧といった三拍子そろった転職エージェントになります。

DODAは豊富な求人数と、担当アドバイザーが企業に足繁く通ったリアルな情報をもとに、あなたにマッチした職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良企業ばかりですし、残業時間などの目安なども教えてくれるので、あなたにピッタリの職場を選ぶことができます。

転職を考えている方は登録してみて下さい。転職活動は孤独な戦いと思われがちですが、DODAはあなたの心強い味方になってくれます。「転職成功できた!」と思える職場が見つかりますよ。

公式サイト:https://doda.jp