【転職エージェントVSハローワーク】転職成功できるのはどっち?

医療事務・一般事務の将来性

こんにちは!ユウです。大手上場企業で中途採用担当をしています。

突然ですがあなたは今、「転職を考えているけど、転職エージェントとハローワークどちらを利用したらいいかわからない」と悩んでいませんか?

転職エージェントもハローワークも、それぞれメリット・デメリットがあります。うまく利用することで転職に成功するか失敗するかが分かれるので、それぞれの長所と短所を理解したうえで転職活動をするのがおすすめです。

そこで、この記事では「転職エージェントかハローワークのどちらを利用するか迷っている」というあなたへ、現役採用官である私が「どちらが転職成功率が高いか」をご紹介します。それではどうぞ!

転職エージェントのメリットとデメリットは?

転職エージェントとは無料で転職活動全般をサポートしてくれるサービスのことです。

10年ほど前までは「大手総合転職エージェント」が主流でしたが、最近では「エンジニア」「webデザイナー」「看護師」「保育士」「アパレル」など、特定の職種に特化した「専門エージェント」が増えています。

転職エージェントのメリット

転職エージェントのメリット
  • 登録料・利用料が無料
  • 求職者の希望や条件にあった求人紹介をしてくれる
  • ネットで公開されていないような「優良企業」「大手企業」の求人多数
  • エージェントごとに「独占求人」を保有している
  • 企業ごとに「書類添削」「面接対策」をしてくれる
  • 「面接日」や「入社日」の調整をしてくれる
  • 「年収交渉」や「労働条件の交渉」をしてくれる
  • 「大手総合エージェント」は幅広い職種に対応している
  • 「専門エージェント」は業界に詳しいキャリアカウンセラーが在籍している
  • 定期的に会社訪問をしているため、会社の内部事情を把握している
  • 転職支援者の相談を受けているため、職場のリアルな情報を握っている
転職エージェントのメリットまとめ

転職エージェントは、面談か電話でキャリアカウンセリングをして、求職者の希望条件を確認します。

希望に合った求人を紹介してくれるため、採用率や転職成功率が高いのが特徴です。

また、会社訪問や転職支援者の相談も行っているので、「求人票」という紙きれの情報だけではなく、内部のリアルな情報を把握しているます。

応募する前に「職場の雰囲気」や「どんな人が面接を担当しているか」を聞く事ができるので、転職成功率を高めるために、うまく利用していきましょう。

転職エージェントのデメリット

転職エージェントのデメリット
  • 1人で転職活動をしたい人にはおすすめしない
  • 関東周辺や都市部に集中していて、地方にないエージェントも
  • 大手エージェントは、スキルが乏しいと「紹介できる求人がない」と言われることもある
  • 面談や電話でキャリアカウンセリングを受ける必要がある
転職エージェントのメリットまとめ

転職エージェントのデメリットは、書類を応募するのも、面接の日程の調節も、転職エージェントの担当の人を介す必要があるので「サポートを受けずに1人で転職活動をすすめたい」という人にはあまり向いていません。

また、関東周辺や地方都市にキャリア相談会場を設けている転職エージェントが多いので、家の近くに相談会場がないという場合もあります。ただし、地方に特化した転職エージェントや、ほどんどのエージェントは、電話で「キャリアカウンセリング」や「求人紹介」を受けることが可能ですよ。

ハローワークのメリットとデメリットは?

ハローワークは、各自治体に設置されていて行きやすいので、利用したことがある方も多いのではないでしょうか。

最近では若い人向け求人を扱う「わかものハローワーク」や、子持ちのママ向けの求人を扱う「マザーズハローワーク」などもあります。

ハローワークのメリット

ハローワークのメリット
  • 地元に根付いた求人が多い
  • ほとんどの自治体に設置されているので行きやすい
  • 幅広い業種・職種の求人を取り扱っている
  • 未経験OKの求人も多い
  • 相談窓口を設けている
  • 応募状況を教えてくれる(ハローワークから何人応募しているか・何人落ちているか)
  • 自分で求人を検索できる
ハローワークのメリットまとめ

ハローワークのメリットは、家の近くにあるので行きやすいところと、幅広い業種・求人を取り扱っていることです。

また、未経験OKやスキルが浅くても応募できる求人も多く、パソコンを使って自分で自由に求人を検索できるのもメリットです。

わからないことや確認したいことがあれば、相談員が電話で企業に確認してくれます。

ハローワークのデメリット

ハローワークのデメリット
  • ブラック求人が多い
  • 条件がいい求人が少ない
  • 時間帯によって相談窓口が混んでいる

正直な話、ハローワークに優良企業の求人は少ないと言えます。

企業からするとハローワークは無料で求人を掲載することができるため、「人材にお金をかけたくない」「辞められたら、またすぐに募集すればいい」といった、人材にコストをかけたくない企業が多いのです。

さらに、下記の図をご覧ください。

求人票との雇用条件が違う

引用:厚生労働省

これは、厚生労働省による「ハローワークの求人票に対する追跡調査」の結果を表したグラフです。

なんと、41%の人が「労働条件が求人票の内容に反していた」、18%の人が「企業側の説明不足」と感じており、「求人票で見た労働条件と違う」と不満に思う人は少なくないのです。

ハローワークは各自治体に設置されており、行きやすいのがメリットですが、転職成功させるためにはハローワークを利用することはおすすめできません。

さらに、応募する際には窓口に並ぶ必要があるのですが、混んでいて数時間待ったという人もいます。

【転職エージェントVSハローワーク】転職成功させるならどっち?

【転職エージェントVSハローワーク】転職成功させるならどっち?

転職成功する確率が高いのは「転職エージェント」

現役採用官がおすすめするのは圧倒的に「転職エージェント」です。

先ほどもお伝えしましたが、転職エージェントは「会社の内部事情」「職場の雰囲気」「どんな人が面接を担当しているか」などを把握しているため、企業と求職者のマッチング率や、採用率がハローワークよりも高いのが特徴です。

そして、下記の図をご覧下さい

転職者の経路別満足度

引用:転職ならジョブチェン

これは「転職者の経路別満足度」を表したグラフです。

転職エージェントを利用して転職した人は、「非常に良かったと思う」という人の割合が圧倒的に高く、ハローワークを介して転職した人の2倍以上の人が、転職を大いに満足しているのがわかります。

さらに、下の図をご覧下さい。

転職直後の年収

引用:転職ならジョブチェン

これは「転職直後の年収(首都圏)」を表しているグラフです。

転職エージェント利用者の85%以上が「年収600万円以上」の転職に成功しています。一方、ハローワークは「年収600万円以下」の人の割合が圧倒的に多いのです。

転職満足度や年収を考慮すると、圧倒的に「転職エージェント」を利用した方が、『転職成功率』が高いのです。

おすすめ転職エージェント DODA

DODA(デューダ)

現役面接官として最もおすすめできるのは「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみのDODAです。

このDODA、かなり魅力的なエージェントなんです。

採用サイドなので分かるのですがDODA経由の採用率は他エージェントと比べて高く、業界最大級の求人数で、担当アドバイザーが丁寧といった三拍子そろった転職エージェントになります。

DODAは豊富な求人数と、担当アドバイザーが企業に足繁く通ったリアルな情報をもとに、あなたにマッチした職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良企業ばかりですし、残業時間などの目安なども教えてくれるので、あなたにピッタリの職場を選ぶことができます。

転職を考えている方はぜひ登録してみて下さい。転職活動は孤独な戦いと思われがちですが、DODAはあなたの心強い味方になってくれます。「転職成功した!」と思える職場が見つかりますよ。

DODA公式サイト:https://doda.jp