こんにちは!ユウです。大手上場企業で中途採用担当をしています。

突然ですがあなたは今、「出産を機に仕事を辞めたけど、また働きたい」「仕事復帰したいけれど何から手をつけたらいいかわからない」と悩んではいませんか?

残念ながら、現在の日本は保育所が不足しているため、「働きたい」と思っているのに、子どもを保育園に預けることができず、働くことができないママさんがたくさんいらっしゃいます。

そこで、この記事では「専業主婦だけどまた働きたい」「子育てと仕事を両立できる仕事に転職したい」と思っているあなたに、「転職の手順と転職成功法」をご紹介します。

出産後の退職を後悔して「また働きたい」と思っている専業主婦のママは多い

出産後、退職したことに対する後悔度

引用:リクルートホールディングズ

これは、「出産後、退職したことに対する後悔度」のアンケート結果をまとめたグラフです。

グラフを見てみると「退職を全く後悔していない人」は、わずか「24.5%」しかいません。

逆に「大いに後悔している・やや後悔している・あまり後悔していない」と、退職を後悔している人は「75.5%」もいるのです。

さらに、下記の図をご覧ください。

専業主婦を対象に「将来的に働きたいか」を表したグラフ

引用:カラダノート ママ部

専業主婦を対象に「将来的に働きたいか」を表したグラフです。

「働きたい」と考えている人は「70.5%」、「理想の職場があれば、働いてみたい」と考えている人は「26.5%」もいることがわかりますね。これを合算すると「働きたい」と考えている専業主婦は、なんと「97%」もいらっしゃるのです。

アンケート結果からわかるように、出産後に仕事を辞めてしまったことを後悔しているママや、「また仕事をしたい」と仕事復帰を願っているママはとても多いのです。

「出産後、専業主婦になったけどまた働きたい」を叶える転職成功法!

①保育所・預け先を探そう

「出産後、専業主婦になったけどまた働きたい」を叶える転職成功法!

まずは、仕事を探す前に「子どもの預け先」を見つける必要があります。

家族に預けることができればいいのですが、現代の日本では、祖父母と一緒に住んでいない家庭はとても少ないです。

しかし、頼みの綱である「認可保育園」は「すでに働いている人」や「育児休暇を取得している人」が優先される制度になっているので、ママが専業主婦では入ることが難しいのが実情です。

そこでおすすめなのが、「認可外保育園」です。

認可外保育園は、認可保育園より料金は高いですが、認可保育園に入れるための点数(ポイント)を稼ぐことができます。さらに自治体によっては、助成金が出る「認証(認定)保育園」もあります。

認可外保育園は、ママが専業主婦でも子どもを預けることができるので、「認可保育園に受かるまでの預け先」として利用するのがおすすめです。

②育児と仕事を両立できる仕事を探そう

育児と仕事を両立できる仕事を探そう

子どもの預け先が見つかったら、いよいよ転職活動です。

仕事選びのポイントは「育児と仕事が両立できる職場」であるかです。

具体的な項目を挙げてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 定時退社時刻が17時台
  • 残業がない
  • 家や保育園から近い職場
  • 育児休暇取得実績がある
  • 少人数の職場は避ける

認可保育園の基本保育時間は8時~18時までです。この時間を超えると追加料金を取られるため、定時退社時刻が17時台の仕事を選びましょう。また、家や保育園から近いと通勤や通園が楽です。

あとは、子どもは保育園に入ると、大人が想像している以上に頻繁に熱を出します。37.5℃を超えるとお迎えの連絡が着たり、保育園に預けることができなくなります。時には1ヵ月の半分以上をお休みしたというケースも。

その場合、ママ(パパ)がお迎えや仕事を休まなければなければならないので、「子育てに理解のある職場」に転職することが理想です。

そのためには、ぜひ求人票で「育児休暇取得実績」を確認してみてください。もし「有」になっていれば、仕事と育児を両立している先輩がいるので、子育てに理解のある職場である可能性が高いです。

また、少人数で回している職場は、1人が休むと他の人への負担が大きいので、できるだけ避けた方が賢明です。

「出産後、専業主婦になったけどまた働きたい」を叶えてくれる職場探しは、転職エージェントを利用しよう

では最後に、出産後も働ける職場を探すためのアドバイスを紹介します。

出産後も働き続けるためには「実際に育児休暇を取得している人がいる職場」や「育児に理解がある職場」でなければなりません。しかし面接では質問しづらいですよね。

そこをうまくカバーしてくれるのが「転職エージェント」です。

転職エージェントとは、担当アドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれるサービスの事です。おすすめはDODAです。

おすすめ転職エージェント DODA

DODA(デューダ)

現役面接官として最もおすすめできるのは「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみのDODAです。

このDODA、かなり魅力的なエージェントなんです。

採用サイドなので分かるのですがDODA経由の採用率は他エージェントと比べて高く、業界最大級の求人数で、担当アドバイザーが丁寧といった三拍子そろった転職エージェントになります。

DODAは「求人紹介」「書類添削」「面接対策」「面接や入社日の調整」まで、転職活動から就業まですべてを無料でサポートしてくれます。

DODAは豊富な求人数と、担当アドバイザーが企業に足繁く通ったリアルな情報をもとに、あなたにマッチした職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良企業ばかりですし、残業時間などの目安なども教えてくれるので、あなたにピッタリの職場を選ぶことができます。

また、DODAは「実際に育児休暇取得実績があるか」「仕事と子育てを両立している人はいるか」も教えてくれるので、「出産後も働きたい」と思っているあなたに最適な職場を紹介してくれますよ。

転職を考えている方は登録してみて下さい。転職活動は孤独な戦いと思われがちですが、DODAはあなたの心強い味方になってくれます。「転職成功した!」と思える職場が見つかりますよ。

DODA公式サイト:https://doda.jp

おすすめ派遣会社 リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィング

たくさんのママさんたちが活躍している「派遣社員」「契約社員」もおすすめです。「勤務地」「勤務時間」を選べる上に残業がないので、子育て中のママさんにぴったりです。

そして、現役面接官として最もおすすめできるのは、人材派遣会社大手のリクルートスタッフィングです。

『派遣業界トップクラス』の求人数なので、派遣先や勤務地を選びやすいのが特徴で、派遣実績がある派遣会社なので、初めて利用する方でも安心して利用できます。

また、福利厚生が充実しているのもメリットですね。

  • 健康保険・厚生年金・雇用保険
  • 健康診断
  • 有給休暇
  • 育児休暇・産前休暇
  • 労災保険
  • 介護休業制度
  • 無料研修制度

派遣社員への転職を考えている方はぜひ登録してみて下さい。リクルートスタッフィングはあなたの心強い味方になってくれます。「転職成功した!」と思える職場が見つかりますよ。

リクルートスタッフィング公式サイト:https://www.r-staffing.co.jp/