こんにちは!ユウです。大手上場企業で中途採用担当をしています。

突然ですがあなたは、「20代の今転職するか、もう少しスキルを付けて30代で転職するか」で悩んでいませんか?

20代での転職活動も、30代以降での転職活動も、それぞれ一長一短ありますが、できることなら思い切って20代で転職活動する事をおすすめします。

そこで、この記事では20代で転職活動しようと考えている方へ、「女性の転職は20代まで」と言われる理由と、「30才までに転職するべき理由」をご紹介します。それではどうぞ!

女性は30代以降になると採用基準のハードルが高い

20代での転職がおすすめな理由は、メリットがあるだけではなく、30代での転職では採用されるハードルが高くなってしまうからです。 そこで、まずは30代になってからの転職がおすすめできない理由を紹介していきます。

30才までに積み重ねた経験を転職に活用できることがメリットだが…

30代までの積み重ねた経験を転職に活用できることがメリットだが…

30代になると、ある程度のスキルや知識が身についています。

そのため、「年収が高い求人に応募できたり、高い年収を提示してくるのでは?」と思いますよね。

-答えは「Yes」です。

即戦力が高くてマネジメント能力を持つ人材に対しては、企業は「年収が高めでもぜひ採用したい」と思うので、ヘッドハンティングやスカウトを受けるなど、年収が高くなる傾向になります。

「20代で転職するか、30代で転職するか迷っている…」という人は、今いる会社で経験を培って30代で転職するのも選択肢の1つです。

求人募集要項の年齢制限でひっかかることが増える

求人募集要項の年齢制限でひっかかることが増える

しかし、30才を過ぎてしまうと、応募できる求人が少なくなる可能性があります。中途採用の求人を見ていると、応募資格に「29才以下の人」と書かれているのを、見たことがある方も多いのではないでしょうか?

年齢制限を設けている企業の多くは「29才以下」と掲載しています。

これは逆を言うと「30代以上の採用枠はない」ということです。年齢で受けたい企業に受けられないのは、非常にもったいないことです。

30代以降の女性を採用するにはリスクがある

30代以降の女性を採用するにはリスクがある

男女雇用機会均等法により、性別によって「採用するか」「採用しないか」を判断するのは法律で禁止されています。そのため、採用する側も性別で合否を判断しないようにしています。

しかし、女性は「結婚」や「出産」を機に、仕事を退職する人も多くいらっしゃいます。

そのため、採用側からすると、結婚適齢期である30代の女性を採用すると、「結婚を機に辞めてしまうのでは」「すぐに子どもを作って育児休暇を取るのでは」と少なからず思ってしまうのが本音です。

30代の女性の方がスキルはありますが、結果的に20代女性の方が採用する率が高い傾向にあります。

20代での転職は、絶対的な求人数が多い事が最大のメリット

あなたが20代で転職しようかと悩んでいるなら、わざわざハードルが高くなる、30代になってから転職活動を始めることは愚かな行為であるとわかるでしょう。可能であれば20代のうちに転職活動を進めることがおすすめです。

そして、20代のうちに転職をすることがおすすめな理由は、30代での転職活動のデメリットが大きいというだけではなく、メリットの恩恵が非常に大きいことも理由になります。

20代の転職活動は、アピールポイントが少ないかもしれないが

20代の転職活動は、アピールポイントが少ないかもしれないが

企業が「20代の社員に求めること」はとてもシンプルなことです。具体的に述べると「素直さ」、「協調性」、「マナーがある人」などです。20代はいわば「優秀な人材にするための育成期間」なので、「仕事に真面目に取り組み、スポンジのように吸収できる人」を企業は求めているのです。

これは30代の採用に求められる「マネジメントスキル」よりも、ずっとシンプルな条件ですよね。

「20代」は、どの年代より「求人数」や「転職成功者」が多い

20代は、「採用率が高い」だけではなく、求人数も多く仕事の選択肢が多いため、「転職成功者」が多いのも特徴です。

下記の図を見てください。

転職成功者数

引用:DODA

これは、『「業種別」転職成功者の年齢割合』を表したグラフです。

どの業界も「25~29才」の転職成功者の割合は圧倒的に多く、30才を超えるとその割合はガクンと少なくなります。

「転職してよかった」と思える職場に転職するためには「20代」のうちにしておくことがおすすめなのです。

採用されやすく『転職成功率』が高い20代のうちに転職がおすすめ

採用されやすく『転職成功率』が高い20代のうちに転職がおすすめ

「転職することを考えている」方は20代のうちに転職活動をしていきましょう。

20代であれば、採用率や転職成功率が高いので、いまがチャンスです!

そして、20代のうちに転職することを目標にしてはいけません。

結婚も出産後も働けるような「長く勤められる職場に転職すること」を目標に転職活動を進めていきましょう。

20代での転職を成功させるには、転職エージェントを利用しよう

では最後に、20代での転職活動を成功させるためのアドバイスを紹介します。

20代は経験が浅いのでアピールポイントが少ない事が一番の問題になるので、そこをうまく解決しなければなりません。そのためには、転職エージェントを利用してサポートを受けることが、ベストな解決策になります。

転職エージェントとは、担当アドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれるサービスの事です。おすすめはDODAです。

おすすめ転職エージェント DODA

DODA(デューダ)

現役採用担当として最もおすすめできるのは「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみのDODAです。

このDODA、かなり魅力的なエージェントなんです。

採用サイドなので分かるのですが「DODA経由の採用率は他エージェントと比べて高く」、「業界最大級の求人数」、「担当アドバイザーが丁寧」といった三拍子そろった転職エージェントになります。

DODAは豊富な求人数と、担当アドバイザーが企業に足繁く通ったリアルな情報をもとに、あなたにマッチした職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良企業ばかりですし、残業時間などの目安なども教えてくれるので、あなたにピッタリの職場を選ぶことができます。

さらに、あなたに合った「求人紹介」だけではなく、企業ごとの「書類添削」「面接対策」「面接日や入社日の調整」まで転職活動の全般をサポートしてくれます。

転職活動は孤独な戦いと思われがちですが、DODAはあなたの心強い味方になってくれます。「転職成功した!」と思える職場が見つかりますよ。

DODA公式サイト:https://doda.jp

おすすめ転職エージェント ハタラクティブ

おすすめエージェントハタラクティブの

他にもハタラクティブもおすすめです。

「ハタラクティブ」は、「20代」専門のエージェントです。

他にも有名なエージェントはいくつかありますが、正直、「スキルが浅い人」や「未経験の人」は排除する傾向があり、「あなたに紹介できる求人はありません」と紹介を断られる場合もあります。

しかし、ハタラクティブは「未経験対応求人」を多数取り揃えているため、職歴や学歴に自信がない方にも求人を紹介してくれます。

そして様々な業界・業種の求人を取り扱っているので、「働きたい仕事がわからない」という方にも、キャリアカウンセラーがあなたに合った求人を紹介してくれますよ。

ハタラクティブ公式サイト:https://hataractive.jp/