上司・同僚からのセクハラ対処法!「転職」が1番いい理由とは?

20代で介護職から異業種(未経験)へ転職成功させるには?

「職場で性的な発言をされた」、「体を触ってきた」など、上司や同僚からのセクハラにお悩みのあなたへ。「異性・同性」「男女」を問わず、被害者が性に関して不快に思ったら立派な「セクハラ」になります。

2013年に「男女雇用機会均等法施行規則(セクハラ指針)」が改正され、「セクハラの予防や解決をしよう」といった風潮が広まってきました。

しかし「職場に居づらくなる」ことや「退職・減給・異動」を迫られるのを恐れて、「被害者が声をあげることができない」という実態が根強く残っているのが現状です。

そこで、今回はつらい「セクハラ」にお悩みのあなたへ「セクハラの対処法」をご紹介します。

セクハラを受けたら誰に相談すればいい?

セクハラを受けたら誰に相談すればいいか

まず自分が「セクハラを受けた」と感じたら、「誰かに相談すること」がとても重要です。

1人で抱え込んでしまうと、あなたは心に傷を負ったまま生活することになり、最悪の場合セクハラがエスカレートすることがあります。

1人で悩まずに、必ず第3者に相談しましょう。

では、セクハラ被害を誰に相談したらいいでしょうか?

会社の相談窓口・上司に相談する

セクハラ会社の相談窓口・他の上司に相談しよう

「同僚」からセクハラを受けている場合は「上司」に相談、「上司」からセクハラを受けている場合は「上司の上司」か「他の上司」に相談しましょう。

セクハラの加害者が「部署異動」や「減給」されたり、希望に応じて被害者自身が部署を異動するなど、なんらかの対処をしてくれる場合があります。

上司に相談することが難しい場合は、会社の「相談窓口」に相談しましょう。この相談窓口は「守秘義務」があるのでプライバシーも守られます。

しかし、企業側からすると「事を大きくしたくない」というのが本音です。

加害者側がセクハラの事実を否定をすると、企業側が「セクハラ被害」を信じなかったり隠蔽する可能性もあります。

公的機関に相談する

セクハラ公的機関に相談しよう

「会社の人にはバレたり相談したくない」という方は、各都道府県に設置されている「労働局雇用環境・均等部(室)」に相談しましょう(相談無料)。

匿名で相談することができて、専門の相談員が相談に応じて問題解決の手伝いをしてくれます。

他にも被害が大きければ、弁護士や警察に相談するという手段もあります。ボイスレコーダーや携帯電話で録音しておくと証拠にもなります。

しかし、「仕事をしながら公的機関に相談に行く」というのは、「時間や労力を要する」というのが実態です。

セクハラには「転職」が1番いい理由とは?

セクハラに転職が1番いい理由とは

セクハラを受けた被害者が我慢してしまうと、セクハラがエスカレートする可能性があります。

しかし、被害を相談すると「噂が回って職場に居づらい」、「上司から退職や休職を迫られる」、「希望していない部署に異動された」などのリスクを負う場合があります。

それをすべてリセットできるのが「転職」です。

職場が変わると、気持ちもリセットできるのであなたの気持ちもきっと楽になるはずです。

しかし「セクハラを受けた」という転職理由を面接で言うのはNGです。採用側も触れにくい話題だけにあまりいい印象を受けません。

あくまでも「ぜひ御社で働きたい!」という気持ちを出していきましょう!

働きやすい職場環境を見つけるには転職エージェントがおすすめ

転職エージェントとは求職者の希望に基づいて「求人紹介」、「書類添削」、「面接対策」をしてくれる転職支援サイトです。

「転職のサポート」だけではなく、「支援した転職者の相談や面談」もしているので、職場環境についてのリアルな話を聞く事ができます。

これらはすべて無料で利用することができます。転職エージェントを利用して、働きやすい希望の職場に転職しましょう!

おすすめ転職エージェント DODA

DODA(デューダ)

現役面接官として最もおすすめできるのは「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみのDODAです。

このDODA、かなり魅力的なエージェントなんです。

業界最大級の求人数で、DODA経由の採用率は他エージェントと比べて高く、担当アドバイザーが丁寧といった三拍子そろった転職エージェントになります。

DODAは豊富な求人数と、担当アドバイザーが企業に足繁く通ったリアルな情報をもとに、あなたにマッチした職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良企業ばかりですし、残業時間などの目安なども教えてくれるので、あなたにピッタリの職場を選ぶことができます。

転職を考えている方は登録してみて下さい。転職活動は孤独な戦いと思われがちですが、DODAはあなたの心強い味方になってくれます。「転職成功できた!」と思える職場が見つかりますよ。

公式サイト:https://doda.jp