サービス残業多くて辞めたい方へ ブラック企業に拘束されるなら即転職!

サービス残業・ブラック企業

こんにちは!ユウです。大手上場企業で開発系部門の部長&中途採用を担当しています。

あなたは、「現在サービス残業が多く、無償で長時間拘束されていませんか?」「今は何とかなるけどこれがずっと続くと不安だし会社を辞めようかな・・・」と悩んでいませんか?

会社に残るのも、会社を辞めるのも、それぞれ一長一短ありますが、できることなら思い切って辞める事をおすすめします。

そこで、この記事ではサービス残業が問題で会社を辞めようと考えている方へ、会社に残った場合と辞めた場合のアドバイスを紹介していきます。それではどうぞ!

サービス残業について年の近い先輩・同期など話が通じる人に相談してみよう

まずは会社の実態を確認してみましょう。

直属の上司に「サービス残業はやめて欲しい」と直談判したところで無駄でしょう。

なぜなら、彼ら上司は長年その会社で「サービス残業に慣れ長年働いてきた側」だからです。そんな彼らからするともう考えが麻痺しているので、「何を分からないいことを言っているのだ」「俺が長年サービス残業してきたのに、何故お前の代で無くさなければいけないのか」と不合理な逆ギレ説教をされるリスクを考えておいたほうが良いでしょう。

年の近い先輩、同僚であればあなたと同じく不満感はもっているので相談に乗ってくれますので、相談をしてみるのは現状できる手段の1つです。

サービス残業での長時間拘束が自分の部署だけなのか

そして、相談する内容は「サービス残業が自分の部署だけでおきていること」なのか、「他の部署も同じであるか」についでです。

ただ、残念ながらサービス残業はトップの判断で会社ぐるみでやっていることが多く、営業部はサービス残業があるなら、システム部もサービス残業ある場合が殆どです。

つまり、「会社として腐っている」「会社としてブラック」である事が多いです。

下記の図を見てください。

サービス残業

引用:日本労働組合総連合会「サービス残業に関する調査」

日本でサービス残業させている企業では、「平均16時間程度」従業員にサービスさせている調査結果が出ています。

そしてサービスさせている企業は、「様々な部署において慢性的に例外なくサービス残業」させていた結果が出ています。人の時間を何時間も無償で拘束するのって許せないですよね。

もし自分の部署だけなら異動願を出す

可能性は少ないですが、もし自分の部署だけの問題だったら、これも一つの手段として有効です。

ですが、異動願いが出せるのは一年に一回ですし、異動願いを出したからと言っても必ず異動できるとは限りません。異動理由も見透かされ易いので、目をつけられる可能性は高まります。

異動できなかった時のリスクはかなり大きい

基本的には一年に一回のチャンス。異動できなかった時は噂も立ってしまって会社に居づらくなってしまいます。

会社に居づらくなって、辞めてからの転職活動などは高リスクになります。

現状の職場を改善する

タイムカードを用意させる

現状タイムカードのない会社で、会社に要求して用意してもらったとします。ただ、元々サービス残業を従業員にさせていた会社であれば、タイムカードを押した後で、戻って仕事しろと言われる可能性の方が高いです。実際に私が20代の頃勤めていた会社もそうでした・・・今思うと何故ずっと頑張ってしまったのだろうと後悔することがあります。

労働組合を作る、労働基準監督署に通報する

現状の職場に問題あるので、組合を作って残業代を要求したり、労働基準監督署に通報することも出来ます。これが一番まっとうな方法ですね。

ただ、組合を作ったり、労働基準監督署に通報したりするのはとても労力を使います。もし成功しても後から呼び出しなどを食らって、結局社内に居づらくなるケースが多いです。

ブラック企業を改善する労力があるなら、転職のほうがよっぽど簡単

下記の図を見てください。

残業代でない会社の割合

引用:弁護士法人アディーレ法律事務所調査

そうなんです。およそ40%の会社で残業代は支払われないのですが、45%の会社で残業代は支払われています。

ちゃんとした会社も日本には非常に多いのです。今のブラック企業にこだわる必要なんてまったくないのです!

サービス残業のない会社に転職しよう

日本には十分ちゃんとした企業があると分かって頂けたと思います。

あなたの大切な時間を使って、現状のブラック企業を改善していくのはもったいないですね。その時間を次の会社選びにあてるのが、一番意味のある時間の使い方ですね。

サービス残業のない会社を見つけるには、転職エージェントの活用がおすすめ

しかし、サービス残業ない会社に転職するといっても、それってなかなか難しそうですよね。たくさんの企業の中から、サービス残業がなく自分にあった活躍できる職場を見つけなければいけません。もしまたブラック企業に転職してしまえば、また転職を繰り返す羽目になってしまいます。

そこで、転職失敗しないためにも、転職エージェントをかつようすることをおすすめします。転職エージェントとは、担当アドバイザーが無料で転職活動をサポートしてくれるサービスです。おすすめはDODAです。

おすすめ転職エージェント DODA

DODA(デューダ)

現役面接官として最もおすすめできるのは「転職ならDODA」というフレーズのCMでもおなじみのDODAです。

このDODA、かなり魅力的なエージェントなんです。

業界最大級の求人数で、DODA経由の採用率は他エージェントと比べて高く、担当アドバイザーが丁寧といった三拍子そろった転職エージェントになります。

DODAは豊富な求人数と、担当アドバイザーが企業に足繁く通ったリアルな情報をもとに、あなたにマッチした職場を紹介してくれます。もちろんブラック企業の心配はなく、優良企業ばかりですし、残業時間などの目安なども教えてくれるので、あなたにピッタリの職場を選ぶことができます。

転職を考えている方は登録してみて下さい。転職活動は孤独な戦いと思われがちですが、DODAはあなたの心強い味方になってくれます。「転職成功できた!」と思える職場が見つかりますよ。

DODA公式サイト:https://doda.jp