なぜ採用されない? 転職エージェント見直しのおすすめ

医療事務・一般事務の将来性

こんにちは、ユウです。上場企業で採用担当をしています。突然ですがあなたは今、

  • なぜ、なかなか採用されないのか?
  • 書類を何通も送っているのに、面接で的確に答えられたのに・・

とお悩みでは無いでしょうか?

「もしかしてスキル不足が原因?」・・・いえいえ、実はそれよりもっと根本的な原因があります。今回はその理由・解決策を現役の採用担当がお伝えします。それではどうぞ!

転職で不採用になる最大の理由とは?

不採用の理由

早速先程の答えになります。今まで数千人の書類審査・面接をしてきて、残念ながら採用に至らなかった方で一番多いのが、

「企業側が求める人材と応募者のスキル・経歴のミスマッチです」

採用側からすると、書類審査や面接で、「この人の経歴ならあの会社に合うのになんで当社なんだろうなぁ」「うちの会社でも違う部が向いているのに・・」と思うことが多々あります。

後者のうちの会社の違う部を薦める場合は、他部署の部長に申し送りをしますが、面接が一回増えるだけなので最初からそちらの部を受けた方が時間も準備も少なくて済みます。

ミスマッチはどこで起きているか?

ミスマッチ

このミスマッチがどこで起きているかが問題です!

ズバリ! 転職エージェントが「あなたの経歴・スキルセットに合っていない会社」を紹介している可能性が非常に高いです。

あなた自身の問題であることは少ないので、そこまで落ち込む必要はありません。

転職エージェント見直しのおすすめ

転職エージェントの見直し

また質問になってしまって申し訳ないのですが、「今使っているエージェントは専門性をもたない大手の総合転職エージェントではないでしょうか?」

私が採用をしている会社でも、総合転職エージェントからの応募書類は、当社が採用したい人材とずれている事が多く採用率も高くありません。

転職者との面接で「御社の開発言語はRubyだと思うので、私の経験が活かせると思います!」と全く違う環境・言語を言われたりして、大手エージェントはきちんと募集要項を読んで当社を紹介してるのか、疑問に思う事が多々あります。

現状1つのみ、もしくは大手エージェントのみで転職活動されている方は「大手転職エージェント1社+専門型の転職エージェント1社」の少なくとも2つは登録しておいた方が良いです。

1つは大手のリクルートエージェントなどでも良いですが、求人は多くても大手は担当もピンキリなので、自身の希望する専門業界に詳しくない担当になった場合は目も当てられません。

1つは必ず専門性の高いエージェントに登録しておくことをおすすめします。

IT転職のエージェント

転職エージェント

IT転職はマストで「IT転職専門のエージェント」を絶対に使いましょう!

大手は担当により、全く専門用語を理解できないので、紹介企業のマッチングがいいかげんです。一方IT専門の転職エージェントは、コンピューター言語、環境、その方の得意な箇所(DB、フロント、サーバーサイド、テスト、設計、開発)などを理解し、企業側が要望している人材とマッチするところに紹介するのが非常に得意です。

「採用側の希望と転職希望者のスキルセット・経歴がマッチしている = 採用率が高い」という採用に入る前から非常に合格率の高い状況に持っていくことが出来ます!

特にマッチングが上手でおすすめなのは、レバテックギークリーの2社になります。

全体の求人数で比較すると専門エージェントは大手には負けますが、IT業界に限って比較するとIT専門転職エージェントの方が求人は多いです。

詳細記事もありますので良かったら御覧ください。

上場企業の現役採用担当が「採用率の高いIT転職エージェント」をまとめてみた

2017.03.29

応募書類チェックサービス

自分と合った企業を紹介してくれるようになれば、あとの難関は「応募書類」一つだけです!

「転職先生」では応募書類チェックサービスを実施中です。お気軽に御利用下さい。

【IT転職応募書類添削サービス】 現役面接官のアドバイスで採用率アップ!

2017.05.02